札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る

b0191221_10443211.jpg
札幌市北区北32条西3丁目にある「北32条歯科クリニックのブログ」にご訪問頂き有難うございます。
写真は歯科衛生士の青木さんです、患者さんの自慢の鉢植え写真を見せてもらっています。
患者さんの趣味や生活スタイル、小さなことを覚えること。
患者さんへの興味関心が”信頼関係”構築のポイント★
デキる歯科衛生士はここが違う


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

先日、FAX広告で《歯科衛生士採用セミナー》なる案内が送信されてきました。
安定した歯科医院経営に、歯科衛生士の確保は必須のようです。

歯科衛生士獲得法を教えて頂けるというこのセミナー
「ふむふむなるほど・・」と
私たち歯科衛生士で読んでみました。
東京や大阪での開催でしたけどね。


多くの院長先生は歯科衛生士求人に関する悩みや不安が多いようです。
歯科衛生士の求人方法をお金を払って受講するほどです。


セミナー受講生の感想の中に
「ベテラン歯科衛生士が見つかった」
「歯科衛生士が辞めないと言ってくれた」
とありました。

歯科衛生士さんは、女性がほとんどです。
毎年毎年、国家試験に合格して輩出されているハズなのに
一体どこに行ってしまったのでしょう。

職業柄、結婚や出産を機に現場を離れることが多いと思います。
子どもが大きくなって復帰(復職)する人は少ないのでしょうか?

歯科衛生士として復職したいけれど
ブランクが長ければ長いほど
*今の治療方法についていけない
*新しい材料や商材の知識がない
*若い歯科衛生士さんや、歯科助手さんと働くことに気後れする
*家事や育児との両立
*他スタッフに迷惑かかるかも


考えれば考えるほど悩みは尽きず、一歩が踏み出せない。
そう考えるのは当然ですよね

b0191221_11185611.jpg
写真は当院の歯科衛生士室さんです。我らの主任です。

室さん、青木さんは8年のブランクを経ての歯科衛生士復帰組みです。

歯科医院で働きたくても、小さな子どもがいることを理由に採用されなかったという経験があります。

今は、北32条歯科クリニックとご縁があり
外来診療、訪問診療でバリバリ働くワーキングマザーです。

そんな2人が、復帰を悩むブランク歯科衛生士さんに一言
「怖いけど、勇気(笑)」


採用側は、そんな勇気ある一歩をしっかり受け止めて
自分らしく働く視点を尊重しサポートして一緒に創り上げることがカギのようです。

勤務して、習いなおしをして、
歯科衛生士さんの同僚や同期などの繋がりができて輪がひろがり
自分の家事や育児の経験を患者さんとシェアする話題の一つにしたり
後輩を育成したり
訪問診療で伺うそれぞれのご家庭の事情や、所帯じみた話題に共感できたり

経験や年齢の積み重ねがあるからこそできることがある。とのこと

なるほど・・

北32条歯科クリニックもできそうだぞ
「歯科衛生士さんの復職から採用までセミナー(仮)」

ブランクがある
子育てがひと段落したら復帰したい
そんな皆さんの向こう側に
多くの患者さんの笑顔があります!
歯科衛生士さんの復職、復帰を現場は待っています
(笑)


★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/










# by kita-32 | 2018-01-29 12:18 | マネジメント | Trackback | Comments(0)
b0191221_19241305.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。


〇診療終了時間を午後6時終了に変更します

平成30年4月から診療時間を変更することになりました。
診療時間が短くなります。
通院中の患者さんには大変ご迷惑をお掛けするかもしれません。
ご不便になってしまう変更で本当に心苦しいです。
何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。


《診療終了時間変更の理由》
当院は、平成22年6月から開院し8年を迎えます。

歯科衛生士は7名おります。
地域の”予防歯科”を担う優秀なスタッフばかりです。

当院が優秀な歯科衛生士&優秀な女性歯科医師の安定定着ができているのは
「働く時間」の設計やライフスタイルに合わせた「働き方」をみんなで創り上げるところです。



結婚、出産、育児、家事と仕事の両立をさせているスタッフがほとんどです。
多忙なワーキングマザーです。

パート勤務や曜日担当制でも責任感や仕事の熟練度ではまったく劣ることはありません。

ただ
午後5時以降、子どものお迎えや夜ごはんの支度があります。
どうしても、夜間診療のスタッフ配置がむずかしくなっていて
現在は午前と夕方で人を替え交代勤務しておりますが
スタッフ全員で相談し、
「北32条歯科クリニックの働き方改革」と称して診療時間短縮変更することになりました。


歯科医師も
歯科衛生士も
常勤も
パートも
外来診療チームも
訪問診療チームも
「みんなが一斉に休む」スタイルにチャレンジすることになりました。


ご迷惑やご不便をお掛けする患者さんも出てくるかもしれませんが

私たちの「働き方革命」
自分の時間を取り戻し、ゆとりや身につけるべきスキルを上げて
必ずや患者さんにお返しします!

なにとぞご理解賜りますますようお願い申し上げます。

北32条歯科クリニック一同


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在、月曜・水曜・木曜は午後8時まで診療しております。
平成30年3月31日までは、この体制です。

平成30年4月1日から
診療終了時間を午後6時に変更致します。
※土曜日の診療時間は変わりありません。

b0191221_19530438.jpg

# by kita-32 | 2018-01-27 20:39 | 北32条歯科クリニック | Trackback | Comments(0)
b0191221_12120365.jpg
札幌市北区北32条西3丁目「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院の歯科衛生士は7名在籍しております。
他スタッフに歯科衛生士専門学校に通う学生のアルバイト(2名)が歯科助手としてお仕事しています。
まだ無資格なので、見習い&勉強中ですが、将来の大事な歯科衛生士の卵たちです。
温かい仏の心で見守って下さいますようお願い申し上げます。



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

本日ご紹介するのは、この2人。
現在歯科衛生士専門学校に通う1年生の三島さん、3年生の幸田さんです。

若くて、明るくて、いつも元気。
私にないエネルギーとキラキラが満ち溢れています(笑)


さて、この2人
歯科衛生士としての技術や知識はまだまだですが
若者のアンテナ、トレンド、生き方など教わることも多いのです。

この2人の得意分野「SNS」です。

私は北32条歯科クリニックのオフィシャルとしてブログを担当していますが

「Facebook」「インスタグラム」「Twitter」などのSNSの役割や需要を
自分たちの感覚で教えてくれます。

この2人のSNS活用術がすっごく面白い!
親指のスクロール、斜め読みだけの情報収集
さすが若者感覚、スピード感や、アクティブ感!目からウロコです。


当院広報係サニー君にも伝えて、北32条歯科クリニックの情報発信のヒントにしたいと思います。
サニー君の情報はコチラ↓↓




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北32条歯科クリニックのスタッフ(歯科医師・歯科衛生士・歯科助手)+歯科技工士はいつも仲良しです

そのヒミツはコミュニケーションと愛です。LOVEです(笑)


手前味噌ですが、ここまで年代やキャリア、資格に関わらずコミュニケーションが取れるチームはないんじゃないかと思っています
<(`^´)>エッヘン


他の現場だと仕切りの人がいて、その人が業務や仕事の指示を構成する。

そうすると院長や歯科医師(ドクター)がいて、仕切りの人がいて、スタッフがいてみたいなヒエラルキーになることが多い

仕切りの人がいるってことは別に悪いことではないけれど
いることで院長や歯科医師とスタッフの距離が少しできるなら
北32条歯科クリニックの現場はそれがない。


すごくコミュニケーションが取りやすいし、
スタッフ全員が親身になって一緒に歯科医院を創っているので
必然的に同じ方向性を向いているチームになる。

そんくらいお互いのことを熟知しているからアイデアやカイゼンが尽きない
お互いさまの気持ちが温かいチームになっていると思います。

LOVE。
今後も、北32条歯科クリニックと愛する仲間たちをよろしくお願いします^^




★★合わせて読みたい関連記事★★






# by kita-32 | 2018-01-23 09:00 | マネジメント | Trackback | Comments(0)
b0191221_11164412.jpg
札幌市北区北32条にある歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
先日、北区介護予防センター新道南さまからのご依頼で”すこやか倶楽部”の健口教室に行って参りました。

すこやか倶楽部
札幌市では、高齢者の皆さんが住み慣れた地域で自立した生活を続けられるように、介護予防支援の拠点となる地域包括支援センターと
介護予防センターを設置しています。
「介護予防センター」では外出の機会が少ない高齢者、同じ地域にお住まいの方々と一緒に楽しいひとときを過ごし
閉じこもりや要介護状態になることを予防する「すこやか倶楽部」を実施しています。
★対象者 65歳以上の方
★内容 軽い体操やストレッチ、交流会、趣味活動、健康教室など
★実施場所 地区の快感や集会所など歩いて参加できる身近な場所
詳しくは、地域の回覧板や掲示板を見てみて下さいね♪




こんにちは
北32条歯科クリニックの介護予防担当歯科衛生士工藤です。

b0191221_11282739.jpg
今年も北32条歯科クリニックは地域の介護予防活動に取り組みます!

介護予防と「お口」の関係が重要視され、参加される皆さんの意識も年々高くなっているのを実感します。

私たち人間にとって「口」は「食べる」という生命維持に深い関わりがあること。

それは栄養を取り入れ
身体に必要なものは体内に入れ、不要な物は排除する機能があります。

そして「噛む」という行為が与える脳への刺激や唾液(ツバ)促進も見逃せません。

さらに「しゃべる」
私たちにとって最も重要なコミュニケーションツールが「口」です。

いつもお話しさせて頂いておりますが
『口は生きる入口』

生きるために栄養を取り入れ、健康や喜びに関わる機能を持っています。


ひと昔前、「歯医者?歯科?たかが口、人の生き死にに関わらない」と軽んじられていたものです。
正直、私が学生時代の頃もそー思っていました。

口の機能である「食べる」「しゃべる」「歯」を守り、活かすことが誤嚥性肺炎予防に直結すると多くの人が認識し始めました。

超高齢社会の今、歯科の役割
北32条歯科クリニックは介護保険施設、在宅訪問治療で多くの高齢の患者さんのお口を診て
そして人生の最期まで寄り添って思うことがあります。

これからの歯科医院は
肺炎予防はもちろん、健康の維持、生活の維持のための口腔ケアの大切さの啓蒙&普及
来院できない高齢患者さんへの治療で「食べる口」をつくること
地域の多職種とのネットワークを作り
診療室だけじゃない、地域で活躍できる歯科医院になっていくのだと思います。

自宅でできる「口腔ケア」
要介護者のための「口腔ケア」
誰に相談していいか分からない介護者の皆さん、地域の歯科衛生士に声をかけて下さい^^


★★合わせて読みたい関連記事★★




☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/


# by kita-32 | 2018-01-22 09:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

b0191221_21133569.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
歯(むし歯や歯周病)の予防は本当に大事です。
高齢になると歯が抜けて入れ歯になるのは当然なんて思っていませんか?
「大人の8割は歯周病であるのに放置している」と聞いた事があります。
心筋梗塞や脳血管疾患の原因にもなる”歯周病菌”本当に怖い!!




こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今月のスタッフ目標は「歯科検診を受けよう」です。


私、歯医者(北32条歯科クリニック)に歯の検診に来ました。
自分の勤務の日ではなく、お休みの日に予約をして来ています。
保険証を出して患者さんとして来ています・・。


待合室で案内されるのを待っている時から、緊張していますw

歯医者が怖いのではなく、病気が怖いからですぅ

むし歯あったらどーしよー
歯科衛生士なのに歯周病だったらどーしよー

今日はいつもより念入りに歯みがきをしてきましたw

久しぶりの歯科検診でむし歯や歯周病のチェック、過去に治療した歯の状態を徹底的に確認してもらいました。

b0191221_21315254.jpg
いつもは、患者さんに定期的な歯の検診や歯石除去、クリーニングがむし歯や歯周病の予防になることをご提案していますが
自分の歯は後回しになることが多いです。

なので!
あえて!

今月の目標は「歯科検診を受けよう」なんです。

結果、むし歯はありませんでした。(良かった~)
歯石は付いていたのは知っていますw
歯周ポケットも問題なし ε-(´∀`*)ホッ


久々のプロフェッショナルケアは歯周ポケットの隅々まできれいにしてもらって
気持ちよかった↑↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯の予防医療は本当に重要で
最近は世の中の意識が高くなってきたので一年に1回以上、歯石を除去したりクリーニングを定期的に受けている方も多くなってきましたが

歯を失う患者さんの多くは「歯周病」が原因です。

「むし歯」で歯を抜歯する人もいますが

多数の歯が抜けてしまうのは「歯周病」であることが多いのが現実。


何度も言いますが、歯周病は本当に怖い病気です。
歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロス(糸ようじ)などで歯ぐきから血がでるのは
歯周病の予備軍なんです。

今回、私もむし歯はありませんでしたが、
「むし歯じゃないから、歯医者に行かなくても大丈夫」と思っている人や

「一度も、むし歯できたことがない」と自慢している人も歯周病のリスクは別物!

b0191221_21463597.jpg
今月は当院のスタッフも各自
自分の勤務が終わってから予約をして歯科検診と歯周病の検査、歯石除去してクリーニングをしています。

歯科衛生士なだけにハラハラ緊張します

「歯科の予防医療」患者さんや地域の皆さんに啓蒙しているけれど
自分たちが実践して伝えることが大事です。


さあ!ブログの読者の皆さん
すぐ歯医者に予約を入れましょう!


★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/






# by kita-32 | 2018-01-14 09:00 | マネジメント | Trackback | Comments(0)