人気ブログランキング |

札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
b0191221_19275051.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
北海道医療新聞(6月7日発行)の
”コメディカル”のコーナーに当院歯科衛生士・工藤が取材を受けて取り上げて頂きました。
自前セミナー「おいしいを支える会」のこと
歯科衛生士の復職支援「サニーラボ歯科衛生士コース」の取り組みも紹介してくれています。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

この度、株式会社北海道医療新聞さまの「北海道医療新聞」に載っちゃいましたー!
やったー\(^o^)/


新聞掲載文をご紹介させて頂きます。

コメディカル~専門職に聞く~

「おいしいを支える会」を立ち上げた経緯と目的、取り組みは

歯科衛生士となって、最初は障がいを持った人の口腔ケアや歯科治療に携わり、
現在は訪問診療を通じてさまざまな人に携わっている。
摂食嚥下障害のリハビリを取り入れる施設が増えている中で、
これまでの経験から、単なる機能回復ではなく、その先の食べる喜びの重要性を痛感した。

また、地域包括ケアシステムの構築に向けた医療・歯科・介護間の連携も求められる中で、
歯科衛生士が歯科の実績を周知し、
看護師や介護職とのパイプ役を担って連携の道筋をつくる必要性があると考えた。
そのために、もっと学ぶ機会をつくりたいと、勉強会を立ち上げた。

会では、訪問診療を始めたいが手法が分からない歯科クリニック経営者などに情報を伝え、
連携の輪にスムーズに入るための知識の提供や多様な悩みの解決に注力。
併せて、訪問先で目にした情報を会話の糸口に、患者と共感できるスキルなども伝えている。

これまで8回の勉強会では「義歯」のほか、「在宅栄養」「介護・医療連携」「褥瘡」といったように、テーマを口腔に限定しなかったため、言語聴覚士やケアマネージャーなど幅広い業種が参加するようになった。
このことが、顔が見えるつながりを構築し、業種の垣根を超えた情報の提供や交換、
互いの業種に対する知識の深化や理解につながったと思っている。

9回目は、「薬の知識」をテーマに開催を検討しており、協力してくれる人を探している。

ー立ち上げ後の自身の変化や、今後の展望はー
交流を通して、訪問先での家族との関わりやキーパーソンの特定、
経済状態の把握など、介護の業務や制度の概念が分かれば仕事を進めやすくなると考え、
ケアマネの資格を取得した。

歯科衛生士では少ない、食べることに特化したケアプランを立てられる
「口腔ケアができるケアマネ」を最終目標にしている。

北32条歯科クリニックでは、こうした経験を生かしてマネジメントを担当。
歯科医師が診療、歯科衛生士が患者とのコミュニケーションという役割分担が明確になり、
かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所として機能することで診療報酬アップにつなげている。

また、結婚や出産、介護などで現場を離れ、
最新の知識とのブランクから復職に不安を抱える歯科衛生士をサポートするラボも行なっている。
これまで8人から連絡があって2人が採用になった。

6月1日には勉強会のつながりから初のアカデミアも開催した。
情報発信に、より多くの人に伝えることができるブログやSNSを積極的に活用している。
その思いを忘れず、今後も、参加者の輪を広げ続けていきたい。

ーーーーーーーーーー

いやーーーー。恥ずかしい。
自分で言っておきながら、なかなかのビッグマウス(笑)
まずは、大きな事を有言実行ーーっ!!!

自分にプレッシャーをかけ、後には引けない状態を作り出すw
成長を加速させる手段と考え目標は高く!!←高すぎ

株式会社北海道医療新聞社様
この度は、丁寧な取材本当に有難うございました。
緊張で、頭の中もとっちらかっておりましたが、
記事を拝読し大変恐縮しております。
当院では、院長も先生たちもスタッフもみんなが新聞掲載を大喜びしています。
また載せてもらえるように、今後も歯科衛生士をもっともっと頑張りまーーす。


★★合わせて読みたい関連記事★★



北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com




# by kita-32 | 2019-06-08 20:22 | ☆スタッフ紹介☆ | Trackback | Comments(0)
b0191221_21550481.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院では、復職に悩む潜在歯科衛生士さんのサポートをしております。
技能・知識・診療補助・材料や機材などの使い方。
復帰はしたけれど、診療室の中は忙しくて指導の時間に割いてもらえない。
ポンっと診療室に放り出され、途方に暮れている。そんな歯科衛生士さんをほっとけないでしょ!


こんにちは
北32条歯科クリニック→32条→3と2→サニー✨

歯科衛生士復職支援プロジェクト
題して「サニーラボ歯科衛生士コース」と呼んでおります。

なななんと!「サニーラボ歯科衛生士コース」がアカデミアになりました。

6月1日(土)15時から
初セミナー開催しました報告です!

講師は、三宅宏之先生
宮城県石巻市から、まさかの、このためだけに来札w
b0191221_22121042.jpg
受講生の全員に銘菓「萩の月」のおやつ付き。「いただきまーす」♪

広報力が弱く、ブログや口コミだけでのご案内でしたが
約20名の受講生さんが来てくれました~

6/1(土)は札幌のほとんどが運動会w
ブランクのある歯科衛生士さんはママ衛生士さんであることが多いので
運動会とかぶってしまい、参加できない方もいらっしゃいました。
ごめんなさい💦

受講生さんは、初めて会う方も多かったのですが
さすが、歯科衛生士さん!
めっちゃコミュニケーション能力高くて、受講生どうし和気あいあいの雰囲気でした。

内容は、ブランクのないずーっと現役歯科衛生士の私でも「へぇー」とシェアしたくなる
歯周病の医学的な分類「Staging」と「Grading」

歯周病治療の”最新情報”や”トレンド”が満載!

さらには担当患者さんと心が通じ合え、
患者さんを追い込まない、自分の指導を押し付けない関係性と人間力!

~受講後もたくさんの感想のメールをいただきました~

★歯科衛生士歴17年が肯定される話ばかりでこれからも歯科衛生士を続けていこうと思いました。
三宅先生有難うございます。
一緒に参加した友人もブランク復帰に向けて古巣に掛け合ってみようかなと話していました!
今日はちらっとしかお話できなかったので、他の歯科衛生士さんとのお食事会したいななー
色んな人の働き方を聞いてみたいと思いました。
是非、開催してほしいです!

★歯科衛生士に復帰したばかりです。
勉強のために自己投資できるのが嬉しかったです。
どんどんセミナーや勉強会に参加したいと思えました。
三宅先生の話、もっと聞きたかったー
ありがとうございます^^

★勉強会に参加っていいですね!楽しかった!
自分のいいんだけの情報だとバリエーションが狭まるから
他院の話や貴重な症例が聞けて良かったですーーー!
三宅先生の考え方好きです♥
私もワンタフト大活用してまーす

★今日は三宅先生の貴重なお時間をありがとうございました!
改めて歯科衛生士の仕事って凄いんだなぁと思いました。
ほんと動機づけが重要なんですね。
行動変容できて、患者さんとの関係が途切れない歯科衛生士になります!
まだ復帰して1か月ですけどw
それにしても驚いたのは私は三宅先生と同い年でした(笑)

などなどほんの一部ですがご紹介します。
たくさんの「参加して良かった!」の声が嬉しくて、三宅先生と涙がでました(笑)
b0191221_23122529.jpg

初の「サニーラボ歯科衛生士コース」のセミナー開催でしたが、大盛況!大成功!です
有難うございましたm(__)m

★★合わせて読みたい関連記事★★




北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com


# by kita-32 | 2019-06-02 23:14 | 「サニーラボ」歯科衛生士コース | Trackback | Comments(0)
b0191221_11500199.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は歯科衛生士専門学校の学生さんの臨地・臨床実習を受け入れております。
診療補助、保健指導など実際の患者さんと向き合うことがとても貴重な経験です。
患者さんには、いつも温かいご協力ご理解に大変感謝しております。


こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

当院の2年目歯科衛生士幸田さんが、学生さんのことを
「今どきの若い子って・・・」と話すのを聞いて笑った。ツッコミどころ満載。
(どの口が言う!)


~いかに患者さんの目線に立つか~

学生さんは、2年生です。
専門学校に入学して、1年間みっちり医療の基礎的な勉強をしてきて
4月に2年生になり、いよいよ臨床実習です。

白衣を着て、リアルに歯科医院の現場に加わり
患者さん一人一人の口腔内に抱える疾患と向き合う。

「身だしなみは?」
「挨拶は?」
「聞こえたら返事してねー」
「そこに立ってたら邪魔になっちゃうわ」

実習生さんは、お客さんではありません。
”白衣”を着て、診療室にいる限りプロの視点や意識も育てなければなりません。


最初からできなくて当然です。
間違いや失敗があることも、私たちは想定内。

私たちも、出来ない悔しさと無力さのどん底を経験して歯科衛生士になったように・・。

まずは、自分が患者さんだったらどう思うか?
自分が患者さんだったらどうして欲しいか?どんな声をかけて欲しいか?

技術や技能の上手い・下手は今の段階では評価はできません。


~泣いても、うつむいててもいいことないよ~

今の若い子たちは、結構いろんなことに悩んでいて
自信のなさや、想像力の乏しさ、コンプレックス・・・
SNSやリア充に振り回される時代の子たちです。

簡単にググって情報や知識を得ることはできても
経験から得られる”温度感”はありませんからね

患者さんからの温かい応援の言葉「頑張ってね」や
歯科衛生士の先輩からの「ありがとうー」や「良く気付いたねー」の一言がきっかけになり
”実習”が価値観を変える一つの”魔法”でありますように。

ちょっと背中を押すだけだけど、何かを掴んでもらえたらいい。

私だって、20年以上も歯科衛生士をしていますが
すごい強気だけど、すごい不安にもなるんだから(笑)

★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com



# by kita-32 | 2019-06-01 12:48 | 臨床実習レポ | Trackback | Comments(0)
b0191221_22540833.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
令和を迎え新しい目標が出来ました。
『目指せ!英語対応可能な歯科クリニック』
good toothの人も、bad toothの人も外国人の患者さんが安心して通えるように
英語の勉強を始めました。


こんにちは。
北32条歯科クリニックの、"kumon" student 工藤です。

40歳を過ぎて(今更ですが)英語が話せるようになりたくて、
近所の公文に通い始めることを決意しました(笑)
え、大人が公文?と思われるかもしれませんねー

「くもん、いくもん♪」


私の英語は、中学校1年生レベルで止まっています
いや、中学校1年生以下ですw

小さいころに公文に通っていた方も多いと思いますが、
私は生まれて初めての公文です。
塾のような環境を想像していましたが、超自習型!!

この自習型が、私には合ってると感じました。

無料体験の入会テストから始めていますが
とにかく基本から、最初からやり直したかったこと
マイナスからのスタートですが、大人でも快く受け入れてくれたこと
宿題が出るので、毎日ちょっとの時間でも勉強する習慣が出来そうと感じたこと
英会話教室に行くには、自分の英語レベルが不安すぎる

b0191221_23082425.jpg
コマーシャルで見たことのある「E-pencil」だー!
めっちゃ、便利なアイテムです。

英語耳を身につけるため、聞いて、マネして話す。
基本のbe動詞を思い出しながら、宿題をすすめています。

ちなみに、私が通う公文には大人の生徒はいないようです
ちびっこ達が、若干不思議そうにじーっと私のことを見ていますけど・・www

絵的には、面白いですよ(笑)

何かをはじめるのに遅すぎることはない、と申します。
学びたいと思った時が学びどき。

まだ始めたばかり、仕事を調整しながら、ちゃんと通えるかどうかわかりませんが
まずは、やってみようと思いまーす。

I want to be able to speak English



★★合わせて読みたい関連記事★★



北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com

# by kita-32 | 2019-05-31 07:53 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0191221_13524585.jpg
札幌市北区の予防歯科「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は歯科医師6名、歯科衛生士8名が毎日、訪問診療と外来診療のチームに分かれて
通院できる人も、通院が困難な人も予防歯科で防ぎ守る!歯科医療をお届けしております。
歯科衛生士の平井さんがご主人の転勤で東京にでお引越し→退職(涙)・・
「東京行っても頑張れー、いつでも帰っておいでー笑」

こんにちは
北32条歯科クリニックの最年長歯科衛生士工藤です。
先日誕生日を迎え、最年長記録を更新しましたww46歳です。いえい。

最年長ですが、歯科衛生士歴は長いので安心でしょ?←何がw


さて、「予防歯科」とはどんな歯科なのでしょうか?

むし歯や、歯周病は
歯科医院で定期的な管理が必要な慢性疾患です。

むし歯になったから、歯を「削る」「つめる」のは治療の過程であり
本来のゴールは「再発」させない「防ぎ守る」予防歯科医療へと変化してきました。

むし歯になってしまう
歯周病で歯肉が腫れたり、血がでてくるという発生や再発には
患者さんの生活や歯みがきの習慣、社会的な背景が大きな影響を持っています。

しかも、どんなに歯みがきを頑張っても
むし歯の原因菌や歯周病の原因菌を完全に口の中から追い出すことはできません💦

予防歯科は生涯続けなければならない歯科医療・・・

私たち歯科衛生士は
患者さんの年齢や口腔状態に応じて、患者さんを何から守り・防ぐのか明確にします!!!

むし歯になりやすい患者さんのリスク判定
歯周病になりやすい患者さんのリスク判定

リスクに応じた患者さんへの指導
・歯みがき指導・オーラルケア商品・生活指導

定期健診の際、口腔状態を管理
・写真やレントゲンなどの画像管理、検査結果の記録、前回との比較など
受診ごとの記録を残すことが大切ですね

担当歯科衛生士はセルフケアとプロフェッショナルケアの両輪で
患者さんの生涯にわたって”予防歯科”を提案できる技能と知識をアップデートしています。

患者さんが安心して通える環境づくり
何でも相談できるコミュニティケア
信頼できる地域のかかりつけ歯科医院を目指し
私たちと患者さんの協働作業が予防歯科のはじまりです。

「どうしてむし歯と歯周病は起こるのか?」自分の口の中の状態と原因菌に基づいた予防歯科の実践をしてみませんか?
クリーニングや、歯の検診を希望される方は是非お電話下さい^^


★★合わせて読みたい関連記事★★



北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com




# by kita-32 | 2019-05-27 07:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)