札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
b0191221_19513700.jpg
こんにちは
『おいしいを支える会』の工藤です

先日、5回目講座やってみた。の報告ブログを投稿しましたが
その続き。

前回の投稿はコチラ↓


たくさんの方にご出席頂き有難うございました。

参加して下さった歯科衛生士さんからお礼の連絡があったり
また案内してほしいとメールを下さったり、
リアクションや反響、ホント嬉しく有り難いです。

意外と多かったのは
「もっと勉強したいと思っているので、セミナーや勉強会の情報を教えてほしい」でした。

欲しがるなー(笑)



『おいしいを支える会』の情報や告知もまだまだアナログで

知り合いにチラシ配る(今回は30枚程度w)
歯科衛生士の同期、友だちにLINEする(ねずみこう式w)
口コミ(w)

それだけ。


今、漠然と考えているのは・・

『おいしいを支える会』として講座を企画運営することは今後も続けていきますが

一歩進んで
参加者と交流、情報発信をしながら『おいしいを支える会』を
メディアとして機能させることを企んでいます

( ̄ー ̄)ニヤリ


そしたら
若い歯科衛生士さんや、
もっとスキルアップしたい歯科衛生士さん
職場だけで完結してしまって視野を広げたいと思っている人
多職種と関わりを持ちたいと考えている人の
”やってみる””行ってみる”何か1つ、
刺激やキッカケになって
皆さんの背中を押せるものになればいいかなー


背中を押すと言うよりも、”どうなの?行くよ!”と強く揺さぶられるような
励ましやメッセージを発信できる力や影響力がある会にしなきゃですね(笑)


「おいしい」って一番身近な幸せです
”おいしい”に関わる企画や講座にいろいろな意味やポテンシャルを感じますし
掘っていけば掘っていくほど、この会が楽しめるような気がします


こんなことやったら面白いんじゃないかなー
これをやったらみんな楽しいだろうなーと思うことを企画していく!

そーすることが大事なんだと思っています

運営する私たち(工藤&田村)もブレずに引き続き頑張りまーす


支えて下さる皆さんに恩返しができるように
魅力的な会にしたいです
今後も「おいしいを支える会」をよろしくお願いします

『おいしいを支える会』
田村さつき/歯科衛生士
工藤由加里/歯科衛生士









# by kita-32 | 2018-03-05 09:02 | 「おいしいを支える会」 | Trackback | Comments(0)
b0191221_11264478.jpg
札幌市北区にある「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます
3月に入り北海道を襲った暴風雪、交通障害、車の立ち往生、やっとピークが超えましたが、
皆さんのお住まいの地域は大丈夫でしたか?
雪の重みもひどかった、今回の猛吹雪はこたえましたー春が本当に待ち遠しいですぅ
💦


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

3月3日はひな祭り
訪問診療に伺う事業所では、豪華な7段飾りに目を奪われます。
いいですねー。お雛様


我が家の実家でも毎年お雛様を飾ってくれています。

「毎年お母さんは(お雛様を)早めに片付けています」とおかんメールが届きましたが無視です。
婚期うんぬん、迷信だと思いますがもう嫌味にしか聞こえません(笑)

ーーーー🌸ーーーー🌸ーーーー🌸ーーーー🌸ーーーー🌸


さて、本日はカーリング女子日本代表LS北見の「そだねー」について


当院でも「そだねー」ってコレ北海道弁?
「そだねージャパン」ってどうなのっと話題になりました

意識してみたら
「そだね」「そぅだね」スタッフ全員が毎日使っていました。

例えば、職場スタッフ間、患者さんとの会話の中で
相手の意見に対して「いやいや、違うっしょ」と思って
相手の意見に反論したいときでも

いきなり頭ごなしに否定するのではなく
相手を説得しようとするのではなく

まずは、相手の話しをいったん受け止める

「わかりますー」
「なるほどー」
「そだねー」

など「イエス(YES)」の意味を含んだ言葉で受け止めますよね


人間関係、コミュニケーションにおいて私たちは無意識に
「そだねー、じゃあさー・・・・・・」と否定語に聞こえない言葉でつないでいます


「そだねー」は、相手の話しをいったん受け止めた後に
自分の意見を伝えることができる、めっちゃ便利な言葉です


「そだねー」は、北海道弁らしくイントネーションも柔らかく
相手は意見を受け止めてもらえて、優しい「配慮」を感じることもでき
冷静に話を聴くことができるんじゃないかな


どんな場面、どんな相手でも
『受け止める』意識を持つことが大事ですよねー



「そだねー、じゃあさー○○・・・・・」という架け橋で
自分と相手をつなぐことができれば

”相手が間違っている”とか”自分が間違っている”でもなく
『お互いがそれぞれの意見を持っているだけ』だという事に気が付きます。


ポジティブな方言(?)
柔軟で色んなことに応用できるコミュニケーションスキル「そだねー」ってみんな使えばいいのに^^

「そだねー」って、なまらかわいいっしょ(笑)



「受け止める」が大事なので、おかんメールの返信でもするかなー。とほほ。

★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  http://clinic.sapporocity.info/







# by kita-32 | 2018-03-03 12:26 | マネジメント | Trackback | Comments(0)
b0191221_09341719.jpg
札幌市北区で歯科の訪問診療をしております「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
数年ぶりの猛吹雪の中、私たちは本日も明るく元気に訪問診療をしております🚙
昨日今日と湿った雪と足元の悪い中、外来患者さんには通院頂き有り難いです。
私なら外出を控えて間違いなくキャンセルしますが、患者さんはホント真面目ですね。頭が下がります。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。
写真は訪問診療移動中にパチリ📷

1日に数件訪問診療で伺います。
患者さんの家から、次に伺う患者さんの家までの移動中何をしているかと言うと

・患者さんの申し送り(体調、前回までの観察内容、処置やお薬の確認)
・治療時間の確認(前後の介護サービスの有無)
・自分たちのもぐもぐタイム(水分補給)
・気持ちを切り替えリフレッシュ


などがあります。

移動中ですが、休憩しながらの大事な作戦タイムです

緊張をほぐしたり、気持ちを切り替え、コミュニケーションタイムに使っています
訪問診療の仕事は、予想外の出来事があったりスムーズに進まないことも多く
なかなか時間通りに休憩をとるというのが難しい時もあります。

仕事と休憩のメリハリをきちんとつけることも仕事のうち


最近のブームは「歌」です♪
隙間時間でできる簡単なリフレッシュ

b0191221_09515940.jpg
三浦大知&絢香「ハートアップ」
めっちゃいい曲~

大知のパート→くどう
絢香のパート→むろ

練習の甲斐あって、かなり上手くハモれます

三浦大知と絢香のコラボに負けない
実力派の歯科衛生士同士のコラボが実現!!

後ろの座席で先生がうっとり(笑)きいています


音楽の力でリラックス

心身のストレス解消に音楽を聴くというのがあります
自分の好きな音楽を隙間時間に聴くだけで、気分が大きく変わりますよね♬
毎日の激務、ストレスが大きく軽減されていまーす





★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/







# by kita-32 | 2018-03-02 17:41 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
b0191221_21045050.jpg
こんにちは
「おいしいを支える会」の工藤です

第5回目講座を開催しました。
今回のテーマは「インプラント×高齢者×今後の課題」


インプラントの専門分野で活躍して20年
歯科衛生士の佐藤磨央先生にご講演をお願いしました^^

実は、マオちゃん先生とは最初に勤務していた歯科医院で一緒に働いていました。
相変わらず美しいっ✨
b0191221_21141889.jpg

インプラント治療に関わる人、インプラントのメインテナンスに関わる人
要介護状態にあるインプラント患者の口腔ケアに関わる人

それぞれの専門分野からご参加いただき
定員20名のところ、37名まで拡大して申込みを受け付けました。

キャンセル待ちをしてくれていたのに
ご案内できなかった皆さま、大変申し訳ありませんでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

インプラントとは「欠損補綴で食事・栄養をとるための機能を回復するための治療」

日本では保険対象外で高額なため
審美的な回復(美容形成みたいに)に思われがち←ホントは全然違う!

美しさや、天然歯のような外観の回復をさせることを求められていたが
それによって、清掃が難しく感染させてしまうリスクがあること

ましてや、要介護状態になったときに
介護職員さんや、介護者である家族からも(天然歯とインプラントの)見分けがつかないものになっているのは危険であること

長期予後や症例から見えてきた今後の課題や問題点を受講者みんなで共有できたのはとても有意義でした。



そもそもインプラント、オッセオインテグレーション(骨結合)発見の原点とは・・

「食べる機能の回復」←これが本質で
・長期的に機能する
・発音に障害が出ない
・見た目が良い
・残っている歯の保護
・自信の回復
機能回復が原点であること!!


私は、ずーっと障害者診療、高齢者や訪問診療に関わっている歴が長いので
インプラントととはかけ離れた現場にいると思い込んでおりましたが
全然そんなことはなく、「機能回復」と言ったマオちゃん先生の言葉が刺さりました。

※歯科衛生士の私でもインプラント=審美的な要素が大きいと思っちゃてました💦

食べるための装置
入れ歯(義歯)やブリッジ装着と同じく、失った歯の機能回復なんですよねー

インプラントすごい!インプラント悪くないんだなーとすっかり魅了されてしまいました


長い間かけて患者さんとの関係を積み重ねてきたマオちゃん先生の言葉、説得力があります!

これからは、それぞれ専門分野の壁が溶けてフラットに開かれた時代がやってきます。
枠を飛び越えられる仲間づくりができますように^^

本当にすばらしい講座を有難うございました。

ーーーーーーーーーーーーーーー

今回、受講された方は
歯科衛生士(インプラント)
歯科衛生士(訪問診療)
歯科衛生士(一般診療室)
歯科医師
歯科技工士
言語聴覚士
の皆さんでした。

「おいしいを支える会」は職種やキャリアに関係なく
誰でも気軽にワンコインで参加できる仲間づくりです。

講座を受講して、参加者同士の意見交換や交流がメインです

普段、診療室で働く歯科衛生士は”勉強会”に参加したくても
機会がなかったり、気後れしたり、受講料が高額で参加できなかったり
院長やトップの理解がなかったり、情報そのものが入ってこない環境だったり・・


卒業したあとは、学ぶ機会に恵まれない人もいるかもしれません。
他の現場で働く仲間の刺激がないまま孤立してしまう人もいるかもしれません。

生きる原点「おいしく食べる」は身近な喜びです
口から食べる幸せを支えるという同じ目標を持った皆さんの参加をお待ちしておりまーす。
#500円
#オムニデンティックス
#土曜日の1時間
#大通り


次回の開催日時や内容が決まり次第ご案内させて頂きます

「おいしいを支える会」田村さつき 工藤由加里




★★合わせて読みたい関連記事★★






# by kita-32 | 2018-02-26 22:22 | 「おいしいを支える会」 | Trackback | Comments(0)
b0191221_21282401.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うござます
平成30年4月から診療時間を変更します。
現在:月・水・木の夜8時まで診療をしておりますが
4月からは月~金午後6時までとさせて頂きます。患者さんにはご迷惑ご不便お掛けしますが
何卒ご理解賜りますようよろしくお願い致します。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

毎日ピョンチャンオリンピックに夢中です✨
感動で毎日泣いています

個人的には女子スピードスケートの500メートル
小平選手と李選手の和やかな2人の様子や
敗者に対するリスペクトや感謝
トップアスリート同士称え合えるのはお互いの努力や積み上げてきたものを知っているからですよね
支え合う、応援する、出逢い、激アツ!感動しましたーー


カーリング日本女子チームの「おやつタイム」にも注目されています

道外に住む友達からも”赤いサイロ”の問い合わせが私にもあったくらい(笑)
札幌のお菓子ではないので、お土産でもらうやーつ。
北見のやーつ。
(笑)

さーて
北32条歯科クリニックも「お茶の時間にしましょうか」


お昼休み中だけでなく
診療の合間にちょこっと休憩「お茶の時間」が北32条歯科クリニックのルール


お気に入りのおいしいお菓子も楽しんで一服タイム


てんやわんやの忙しい状態ですが
心と体をリラックスさせる憩いのひとときは欠かせません。

忙しい時こそ、手を止めてリフレッシュ

お茶を飲みながら語らいを楽しんだり
きちんと気分転換することが患者さんに提供する歯科医療のクオリティを維持します


お茶で気持ちを整えて
お菓子は体を元気づける栄養素

日本カーリング女子も「もぐもぐタイム」で集中力アップ、作戦タイム、栄養補給です


長丁場で疲弊する体と頭のために北32条歯科クリニック女子のもぐもぐタイムにもご理解下さい

激務に流される診療の中で、少しだけ立ち止まり
落ち着いて流されない自分を取り戻す、大切な時間です

診療中は
患者さんの気持ちの動き
歯科医師(ドクター)の繊細な治療と緊張感
スタッフ同士の呼吸やリズム
意外とテンションを維持するのがくたびれる時があります

仕事からほんの束の間離れて、自分のために使うホッとする時間

ありがたくいただきましょ「さあ、お茶の時間だよー♪」



★★合わせて読みたい関連記事★★



# by kita-32 | 2018-02-22 09:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)