人気ブログランキング |

札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

<   2019年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0191221_19504306.jpg
札幌市北区の歯科診療所「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
「令和」を心待ちにする気持ちと「平成」が終わってしまう寂しさや名残惜しさの入り混じった気分です。


こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

ご存知、昭和生まれですw

当院は、毎日訪問診療をおこなっております。
在宅や施設などに伺うご高齢の患者さんには「大正」生まれの方も珍しくありません。

それぞれの年代、世代の方々と
新しい年号「令和」を迎える心構えなどをお話ししています。

私は昭和生まれですが
平成に自分の進路を決めて、歯科衛生士になりました。

平成は、私にとってたくさんの出会いや成長をさせてくれた青春でもあります(笑)
有難う!平成~!

ーーーーーーーーーーーーーー
b0191221_20050691.jpg
北32条歯科クリニックのゴールデンウィーク期間中の休診のお知らせ

・4月27日(土) 9:00から13:00 通常通り診療いたします。

・4月28日(日)~5月6日(月) 休診

尚、5月7日(火)は外来診療、訪問診療とも通常通り診療いたします。
患者さまにおかれましては、期間中何かとご不便ご迷惑お掛け致しますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

9連休です💦
過去最長のゴールデンウィーク、こんなに長く休んだことがありません。
社会復帰できるかめっちゃ不安ですww

休診期間中、どうか皆さまの歯や歯ぐきにトラブルやお痛みがありませんように・・
私、歯の神様にお祈りします!

★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com


by kita-32 | 2019-04-24 20:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0191221_22050671.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院の潜在歯科衛生士さんの復職支援プロジェクト
題して『サニーラボ歯科衛生士コース』✨
結婚、出産、子育て、転勤、介護などキャリアがぶつ切りになることは、女性の人生よくあること。
歯科衛生士さんの長期戦力化はクリニックの安定運営においてとても必要なこと!


こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。


当院は働くママ歯科衛生士が多く在籍しております。
子どもの年齢に伴い、4月からスタッフの出勤スケジュールが一部変更になっております。

担当する患者さまにはご不便、ご迷惑おかけすることもあるかもしれません。
大変申し訳ありませんが、ご理解ご協力の程お願い申し上げます。

ーーーーーーーーーーーー

さて、歯科衛生士は女性がスペシャリストとして活躍できる職種ですが
技能、知識を持ち合わせた医療人でありながら短命に終わっている現実がまだまだあります。

「歯科衛生士ってこんなものかぁ~」
「こんなはずじゃなかった」

と、魅力ややりがいを感じることなく一時中断している人も多いようです。


女性のライフステージにおいて、一旦退職したとしても
復帰したくなるような”魅力的”な職場環境の整備がイマイチなのかもしれません💦
サニーラボを通して職場環境や課題が少し見えてきた気がします・・。


ーーーー
さて、本日受講された歯科衛生士Jさん。

ブランクはありません。現役バリバリの歯科衛生士さんです。
なんと、有給をとって自己投資のためにと、当院の訪問診療の見学と介護保険知識を学びたいとのこと。


現役の歯科衛生士さんですから、技術以外の角度から
他の診療所のチームづくり、スタッフマネジメントなどゼネラリスト的視点で学びに来られました。
b0191221_23100796.jpg
自分の勤めるクリニックを良くしたい。(変えたい笑)

新人歯科衛生士や後輩歯科衛生士に、学ぶことの楽しさや豊かさをシェアできるようになりたい。

現在、月に1,2回程度依頼のある訪問診療を軌道にのせて、訪問診療チームをつくりたい。

と、話すJさん。

とても頼もしく、熱狂できるものにハマるという瞬間に立ち会わせて頂き
私たちの方がパワーを分けてもらった気がします。
受講、有難うございます。


当院の成長は、訪問診療部の成長とリンクしております。
その一つに多職種連携による成果ってのがあります。
歯科衛生士も患者さん(利用者さん)に関わる専門家の一人である!という責任。

責任が、経験の積み重ねで”自信”にもなっております。
歯科衛生士さんがやりがいと目的を持って働く”職場”づくり。


Jさんの受講の感想
地域に出て色んな職種と関わり、生涯をサポートする歯科衛生士の魅力や幅広い仕事だということを
後輩たちに伝えたい。とありました。

クリニックだけでなく、まちづくりに貢献できる地域の歯科衛生士さんになって欲しいですねー

今回の受講はきっかけではありますが
今までJさんがしっかり積み重ねてきたものがそこにあります。
頑張ってくださーい

地域の連携を学びましたが
歯科衛生士×歯科衛生士の連携もしていきましょ♪

困ったことがあったらいつでも相談して下さいねー
学びあい、情報交換ができる仲間ができて嬉しく思います^^

★★合わせて読みたい関連記事★★




北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com















by kita-32 | 2019-04-21 23:52 | 「サニーラボ」歯科衛生士コース | Trackback | Comments(0)
b0191221_18074543.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は歯科衛生士専門学校の学生さんの臨地臨床実習の受け入れをしています。
患者さんには当院の教育活動にご理解頂き有難うございます。
常に温かい励ましの言葉をかけて頂き大変感謝しております。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

「訪問歯科衛生士」の需要が急激に増加しております。

訪問歯科衛生士とは外来に通院可能な患者さんだけではなく、
患者さんの自宅や介護施設などに出向いて
歯科治療・口腔ケア・定期健診をする歯科衛生士です

正直なところ、私が歯科衛生士の専門学校で学んでいたときは
高齢化の影響や訪問歯科衛生士という分野やキャリアが求められるとは思ってもいませんでした。

でも
今、訪問歯科衛生士の仕事はとてもやりがいが得られると実感しています。

実習に来ている学生さんSさん、”訪問診療”は初めての経験です。
Sさんの自宅はおじいちゃん・おばあちゃんと同居しているそうです。

訪問歯科衛生士という仕事の魅力について知るきっかけになれば、
実習指導者としてこれに勝る喜びはありません
b0191221_18084381.jpg
超高齢化を迎えたいま、私たち歯科衛生士ができること、取り組めることは何か。
一人ひとりの患者さんに寄り添うことのできる訪問歯科衛生士は、
重要な役割を担うことになると確信しています✨

訪問診療が「楽しい!」と言ってくれたSさん^^有難う~
仕事は楽しくね!
私たち自身、楽しむことを忘れず笑い合えるチームで患者さんに元気な笑顔をお届けしようね~

★★合わせて読みたい関連記事★★



北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com








by kita-32 | 2019-04-10 23:13 | 臨床実習レポ | Trackback | Comments(0)
b0191221_22421401.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問いただき有難うございます。
4月1日、新しい年号「令和」が発表されました。
出典は万葉集で、いわゆる”飲み会”の歌なんだそうです。
お花見・お酒・みんなでイエーイ!なパリピたちのハッピーな感じがしていいですね。
新年度だし新元号が発表されたし節目の波に乗っかって、あちこちで新しい挑戦が始まりそうですね♬


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

この時期、卒業・入学・転勤などで移動される患者さんはお別れの挨拶を兼ねて、
歯や歯ぐきの定期健診、クリーニングなどのメインテナンスにいらっしゃる方が多くなります。


本当は、めっちゃ忙しい時なのにわざわざ来ていただいて
引っ越しの報告をして下さること、そんな関係が築けていることにとても有難く思います。


お引越ししても、近くの歯医者さんで定期的なメインテナンスを受けて頂けるよう
要注意箇所や、治療の履歴などをご説明しております。

札幌から離れてしまうのはさみしいけれど、
新しい生活環境やお仕事を応援しています。

私は記憶力がめっちゃ良いので、一度来院して下さった患者さんのことは忘れません。

またご縁があって札幌にいらしたときは
是非、「北32条歯科クリニック」でお待ちしております♬


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北32条歯科クリニックがやりたいと思っている診療のかたち


診療中もお昼休み中みたいに先生やスタッフみんなで笑いながらしゃべっている様と全く一緒で

そのおしゃべりに患者さんも入っていて、ちゃんとチームの一部になっている
っていうのが、当院の理想の診療のかたちです。


治療内容によって、患者さんに説明したり、場合によっては当然相談したりするけど
治療も、もちろんちゃんとしていますが


私たちは診療中も普段話しているような会話しかしていなくて
患者さんも先生もスタッフもみんなで笑っている雰囲気や高揚感が
患者さんと共有できる幸福な時間です


いつきても、いつも通り
居心地が良くて、ちゃんと治してくれる、ちゃんと説明してくれる。
約束の時間通りで待たされない。
当たり前ですが、一つ一つの意識や積み重ねが患者さんとの”信頼”の証です。

新年度です。
新しい出会いの時期、初めて治療にいらっしゃる患者さんも増えています。
一度離れた患者さんが、また戻ってこられたりしますが
「やっぱりここが一番いいね」と言っていただけるために
患者さんにとっても
私たち働くスタッフにとっても
魅力的な歯科医院であることが大事ですね♬



★★合わせて読みたい関連記事★★





北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com





by kita-32 | 2019-04-07 12:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0191221_11385909.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問いただき有難うございます。
2019年4月4日発行の『介護新聞』のオピニオンのコーナー
”おいしいを支える会”の活動と講座のご案内を取り上げて頂きました~
「お父さーんお母さーん、娘が新聞に載っちゃったよー」親孝行です(笑)



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士で、「おいしいを支える会」の工藤です。

~介護新聞の記事より~
『口から食べる喜びやスキルを患者さんや専門職で共有したい』

地域包括ケアシステムが進む中で、
「多職種との情報共有や横のつながりづくりのきっかけの場になれば」と
2017年1月から歯科衛生士の仲間・田村さつき(日本摂食リハビリテーション学会認定士)とともに
勉強会「おいしいを支える会」を開催。

毎回1時間程度、参加費500円で実施している。

これまで「義歯」「高齢者の在宅栄養」「介護・医療連携」などをテーマに7回開催し
初回から20人の参加があったという。

特に「高齢者のインプラント対応」ではケアマネ、介護職らを含め40人が参加。
介護、リハ職など他職種との横のつながりも増えているという。

1994年から歯科衛生士として働き、現在は札幌市北区の北32条歯科クリニックに勤務。

院内治療だけでなく訪問歯科診療の経験も豊富。
2017年にはケアマネも取得した。

次回の会は4月20日(土)午後3時から
同市中央区の歯科オムニデンティックスで第8回「褥瘡」を開催。

「『歯科領域』のテーマにこだわっているわけではないので、
課題や悩みを提案する場としても活用してほしい」と呼び掛ける。

申し込み・問い合わせはメールアドレス
kita32shika@gmail.com

フェイスブック
http://www.facebook.com/oishiisasaeru/

ーーーーーーーーーーーーーー

介護新聞の担当記者さんからクリニックに電話がありました。
本ブログを見て、「おいしいを支える会」のことを取材させて欲しいとのこと。。。

広報力弱者で、ブログとフェイスブックでちんまりご案内しているだけの
自前セミナー「おいしいを支える会」ですが

まさかの取材依頼です。たまげました。

誰にも知られていなかった自分が、発信することによって一度も会ったことのない人にも
知ってもらえる、気づいてもらえる、楽しいご縁をつくってくれたのはこのブログです。

ブログやSNS、やめずに続けることで
仕事の依頼があったり、思わぬところから問い合わせがあったり
スゴイことだということを実感しています。

まずは、続けること
地道ですが、発信し続けること
自分が携わっているコンテンツを充実させて楽しいご縁をつないでいくこと。
何事も”継続は力なり”です^^

株式会社北海道医療新聞社「介護新聞」様
このたびは、私たちの活動を見つけて下さり有難うございます。
とても丁寧に取材していただき、感謝申し上げます。
また載せて頂けるよう、歯科衛生士をもっと頑張りまーす。

★★合わせて読みたい関連記事★★


『おいしいを支える会』
田村さつき/歯科衛生士
工藤由加里/歯科衛生士
















by kita-32 | 2019-04-06 12:24 | 「おいしいを支える会」 | Trackback | Comments(0)
b0191221_21203687.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問いただき有難うございます。
当院ではブランクのある潜在歯科衛生士さんのための復職支援をおこなっております。
結婚、出産、育児、介護、転勤などで一時的に歯科から離れて、いざ復帰しようと思っても
過去の経験や知識は今でも通用するのか?不安に思うのは当然です。
当院は、そんな復職に不安を感じている歯科衛生士さんを技能や知識、仲間づくりで応援致します。
勇気を出して復帰してみませんか?その先に患者さんの笑顔が待っています。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

北32条歯科クリニックによる潜在歯科衛生士さんの復職支援プロジェクト✨
題して「サニーラボ歯科衛生士コース」が
何と、このたびアカデミアになって登場致します。

ブランクのある歯科衛生士さんのための
~歯周治療を基本に医院を支える歯科衛生士の役割~


日時
2019/06/01(土)15:00から17:00

会場
株式会社モリタ 北海道支店
札幌市北区北13条西4丁目2-1

定員
30名


内容
仕事の復帰を考えている歯科衛生士さんが不安に思う事はいろいろあると思いますが、
歯科治療の基本は良好な口腔衛生環境を保つことです。
つまり歯周治療が最も重要になります。
歯周治療に携わることは担当患者さんと長いお付き合いになり、
改善されていく過程がみえ、やりがいがある反面、多くの知識も必要になります。
また歯周病は生活習慣病なので、ブラッシング指導、食生活指導など患者さんの
生活に深くかかわることが多く、コミュニケーション能力も必要です。
今回は歯周治療の基本知識、経過観察の重要性などお話させていただきます。


講師
三宅宏之先生先生/宮城県石巻市「三宅歯科医院」院長

略歴
1996年 奥羽大学 歯学部 卒業
1999年 石巻市 三宅歯科医院開業
2011年 東北大学大学院 口腔病態外科学講座 口腔診断学分野修了 歯学博士
2012年 東日本大震災被災のため移転開業
第32回日本顎咬合学会学術大会 優秀賞受賞
東北大学大学院 口腔病態外科学講座 口腔診断学分野 非常勤講師,
日本歯周病学会 認定医,
日本臨床歯周病学会 認定医 理事,
日本顎咬合学会 認定医,
日本有床義歯学会Japan Plate Denture Association 指導医
宮城県歯科医師会・大規模災害対策本部身元確認班 副長


三宅先生は、「デンタルハイジーン」への執筆も多く
話もめちゃめちゃ面白い!

ブランクのある歯科衛生士さんはもちろん
歯周治療に不安がある新卒の歯科衛生士さん
積極的にペリオに向き合いたい歯科衛生士さん
不安も課題もみんなで解決しましょー
皆さんんの受講をお待ちしております!

受講申し込みは、北32条歯科クリニックの工藤まで

電話:011-756-0995
メール:kita32shika@gmail.com



★★合わせて読みたい関連記事★★




by kita-32 | 2019-04-05 22:09 | 「サニーラボ」歯科衛生士コース | Trackback | Comments(0)