札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

b0191221_19504558.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
外来診療、訪問診療どちらも基本予約制です。
約束した時間を守る!お待たせしない!を常に意識して
スタッフ一同細心の注意を払い、患者さんの時間の尊重を第一に考えております。
誰だってヒマじゃありません。北32条歯科クリニックは「待たせません!」宣言です。

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今日の写真は院長です。
スタッフが今日も定時に帰れるように、院長は技工室のお掃除をしてくれています。

院長は、スタッフ全員に対して責任があります。

かわいいスタッフたちの心身共に安全を確保し、ケアする責任があります。
みんなが職場の規程にのとってお仕事ができるように配慮も必要です。

その上、自分の仕事もこなさなければなりません。
怒ったり
感情的になったり
八つ当たりしたり
えこひいきしたりしてはいけません(笑)

チーム全員を見守り、最高の力を引き出すのが院長の仕事です。

ウチの院長は、なかなか最高な院長です

院長自身が、スタッフ全員のお手本となるように振る舞うのも役目の一つ
身を粉にして良く働き、診療室内あちこちキレイにお掃除してくれます^^

日頃は、訪問診療を担当しています。
患者さんやご家族の人生観に寄り添う医療を実践している元気な70代です

ーーーーーーー

先日、コンビニで目にした「60歳からの仕事」
フリーペーパーの求人情報誌です
b0191221_20043880.jpg
比較対象がないので、わかりづらいですが
通常の求人情報誌はB5サイズとか、A4サイズですが
こちらのフリーペーパーはまるで新聞!紙のサイズも文字も大きくて見やすい!!

60歳以上歓迎のお仕事は
「清掃スタッフ」「調理スタッフ」「レジ業務」など求人量の多さにビックリ👀
いわゆるシニア世代のための求人誌

履歴書の書き方の説明もシニア向け
素晴らしい配慮!

さすがに、歯科衛生士の求人はありませんでしたが
自分が60歳を超えたらどんな仕事があるのかなあ~とガチで見入ってしまった💦

少子高齢化が加速している我が国日本

定年退職したとしても、身体が動く限り働き続けることも健康維持の一つかもしれませんね

仕事を通して社会と繋がりたい!という欲求は当然です
生活の張りや、自分なりの知識や経験、技能を活かして希望の仕事が見つかるといいですね


☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/







by kita-32 | 2018-07-17 20:43 | ☆スタッフ紹介☆ | Trackback | Comments(0)
b0191221_21081924.jpg


こんにちは
札幌市北区にある「北32条歯科クリニック」内にあります
デンタルケアグッズ専門店の店長工藤です。
患者さんにより良いものを・・
歯科衛生士としてプロの目線で商品の品ぞろえを担当しております。

クロウト好みのデンタルケアグッズを取り揃えております。
歯科衛生士が本気ですすめる、優秀な歯ブラシ、歯間清掃、歯みがきペースト、マウスウォッシュ
お口の悩みに合わせてご提案させて頂きます。

一人ひとりの患者さんに合わせた提案を

本日ご紹介するのはコチラ
介護口腔ケアで使用できる「吸引ブラシ」です
・うがいが出来ない
・意思疎通が困難(指示が入りにくい)
・経管栄養で口から食事を摂っていない
・歯がある

うがいが出来ない方への口腔ケアは『誤嚥』が心配です
口腔ケアしているが、出血があったり、不潔な唾液が処理できず口腔ケアができない方へ
私たち歯科衛生士も使用している、株式会社オーラルケアの「吸引ブラシ」をご紹介します

b0191221_21222655.jpg
おすすめポイント①
うがいが出来ない、自分の唾液を処理するお口の機能が低下していて
不潔な唾液や歯垢(プラーク汚れ)を誤嚥してしまう恐れのある方に
安全に吸引しながら汚れを回収

おすすめポイント②
やさしく、しっかりと歯垢(プラーク汚れ)を除去できる
歯周病で歯肉からの出血がある方にも”痛くない口腔ケア”ができます

おすすめポイント③
吸引チューブが邪魔にならず、誰でも簡単に操作できます

在宅などで、寝たきりのご家族を介護している介護者さんへも
安全で適切な吸引と、誤嚥予防のためにご提案することもあります。

※吸引器を持っているご家庭

吸引ブラシ 1本470円(税込み)

ーーーーー
b0191221_21524847.jpg
先日、訪問診療で伺った在宅で要介護状態にある患者さん
奥さんの口腔ケアはとても熱心で
経管栄養で口からの食事は摂っていなく、喀痰吸引も奥さんがしています。

ご自身の歯が残っているので
歯周病の原因菌、むし歯の原因菌など不潔な唾液の誤嚥を何より危惧していらっしゃいます

少量の出血や不潔な唾液も飲み込ませたくないと
口腔ケア用ウェットティッシュで防波堤を作りながらの口腔ケアは見習いたいくらい上手ですが
「吸引ブラシ」をご紹介したところ大絶賛!
今では、リピーターユーザーさんになっています。

吸引ブラシで吸引しながら、もう片方の手には歯間ブラシも使用するなどの二刀流も披露

患者さんの状態、寝たきり・麻痺の有無・適切なポジショニング・身体機能・歯の有無によって
ベストな歯ブラシ異なります。
特に、要介護状態にある方への”口腔ケア”の悩みは是非ご相談下さい。

☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2018-07-12 22:07 | おすすめアイテム | Trackback | Comments(0)
b0191221_13363036.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログへご訪問頂き有難うございます
当院は、外来の診療を担当する歯科医師(ドクター)はみんな女性ドクターです。
患者さんのお口のお悩みに柔軟に優しい雰囲気で寄り添い、的確に診断して私たち歯科衛生士に指示して下さいます。
歯科医師と歯科衛生士では業務の内容は大きく違いますが、
職場の中では同じ女性として、休憩時間はガールズトーク(食べ物・ファッション・恋愛・芸能人など)で盛り上がっています(笑)むっちゃんっ!カメラ目線w



こんにちは
「スタッフ皆で創り上げる歯科医院」北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です


患者さんや、臨床実習にくる学生さんは、北32条歯科クリニックのことを
「(歯医者の)雰囲気がいい」と表現して下さいます
すっごく嬉しいです。有難うございますm(__)m


単純な仲良しチームと言うものではなく
お互いの業務に対して尊敬し、スタッフ全員いなきゃ困る大切なパートナーです。


チーム連携がスムーズにいくよう報告・連絡・相談がポイントです
医療だけではなく、社会人として基本です
略して”ホウレンソウ”とも呼ばれますね


毎日刻々と変わる患者さんの状況や、外来診療・訪問診療それぞれからの指示
パートスタイルのスタッフや、曜日担当の歯科医師、業務の引継ぎや申し送りなど
情報共有が全ての要になっています

治療台(ユニットサイド)での会話だけじゃなく、待合室や、受付で感じたことや
患者さんの変化や様子、さまざまな情報をわかりやすく、担当歯科医師や担当歯科衛生士に伝えることで
均質な気配り&心配りができ患者さんの安心感や信頼にもつながります

~一体感、信頼、安心~

一緒に仕事をする先生&スタッフの関係で「一体感、信頼、安心」が築けていなければ
患者さんに提供するなんて無理な話。



当院に通って下さる患者さんの歯科において絶対的なパートナーであること。

b0191221_23190254.jpg
治療やメインテナンスの技術力で信用して頂き
スタッフそれぞれのコミュニケーション力・人間力で信頼して頂く

患者さんは声をかけたときのスタッフの表情や雰囲気を良ーく見ています。
院内の雰囲気を誰よりも感じ取っているのは患者さんです。

私たちが楽しいと患者さんは楽しい

今週も患者さんの喜ぶ笑顔のために
あたたかくてやわらかい、太陽のような雰囲気で予約時間ピッタリにご案内致しまーす


☆☆合わせて読みたい関連記事★★




☆★北32条歯科クリニック★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2018-07-10 08:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0191221_20515075.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は毎日訪問歯科診療をしております。
施設や病院だけでなく、ご自宅へも伺います。
介護サービス(デイサービス・デイケア・訪問介護)など他サービスとかぶらないお日にちで
お約束をお取りします。本人だけでなく、介護者であるご家族の都合にも合わせて伺います。
ご希望の曜日、時間帯、お気軽にご相談下さい。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

以前投稿したブログ「さようなら、ありがとうラパン🚙」

予告しておりましたが
私たち訪問診療部に新しい仲間が増えました。

私たちの訪問診療カー「スペーシア」です🚙
軽自動車とは思えない、装備
ちょっと感動しています
札幌市内をちょこちょこ乗り降りするので燃費もいいハイブリッドカーになりました✨

訪問診療部ドクター、スタッフの他に
訪問診療用ユニット「かれん」↓
b0191221_21005514.jpg
か弱い女子にはちと重たいのですが
このコたちをスムーズに乗り降りさせることができます。


訪問診療用お道具箱、通称「マキタ」↓
b0191221_21063864.jpg
このコもスマートに乗せられます
車内は4人乗ってもまだ荷室に大きな荷物がつめる空間が大事です。


北32条歯科クリニックでは、訪問診療には軽自動車と決めています
コンパクトで狭い道も楽に運転できて、荷物がたくさん入りそうな車がおすすめ。

例えば、冬
訪問診療に伺う在宅で介護のサポートを受けながら生活されている高齢者
玄関までの道のりの雪かきですらままなりません

札幌市では道路に面している一戸建ての住宅で、自力で除雪することが困難な世帯には
間口から玄関まで歩行に差し障りがない程度の「福祉除雪」がありますが

我々訪問診療部が、まず除雪して車を駐車できるように簡単な除雪をしたり
玄関先の除雪をしてから入室することもあります。

駐車場が確保できないお家にも伺います
軽自動車なら、駐停車も比較的楽ちんです

元気も明るさもたくさん詰め込んで伺いまーす
新しい私たちの仲間「スペーシア」もよろしくお願いしますm(__)m


☆☆合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2018-07-04 21:50 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
b0191221_23004418.jpg
こんにちは
「おいしいを支える会」の工藤です。

第6回目講座を開催しました。
今回のテーマは『介護側×医療側スムーズに情報交換ができる関係へ』

看護師で介護支援専門員の宮嶋美樹先生に講師をお願いしました。

すでに訪問診療にたずさわっている方には、より密な連携ができるように。
まだたずさわっていない方には、施設などから受診依頼がきた時スムーズな対応ができるように。

”情報共有”や”連携”について、看護師と介護支援専門員(ケアマネージャー)2つの資格を持つ宮嶋さんが
過去の事例や対応方法などわかりやくお話しして下さいました。


さすがケアマネージャーさん
利用者本位の選択を支える、権利を尊重した視点や
価値観をおしつけない、相手の考えを審判するようなこともなく
参加された皆さんの話しもよく聴いて下さり
ざっくばらんにディスカッションできました。

情報提供の緻密化や、多職種との信頼関係の醸成など
「チームで支えている」という意識を忘れてはいけないなーと改めて考えました。

今回は、歯科衛生士さんだけでなく地域包括のケアマネさんや訪問診療歯科医師
訪問診療コーディネーターさんなど多くの多職種の参加もあり交流できたのが良かったです

ご参加された皆さん、ありがとうございました

🍴 🍴 🍴

「おいしいを支える会」のフェイスブックページを作りました。

「おいしいを支える会」で検索してイイネして下さると嬉しいです
b0191221_23471575.jpg

今後の講座のご案内や
工藤&田村のおススメするセミナーや勉強会をどんどんシェアしていきまーす。

「おいしいを支える会」は職種やキャリアに関係なく
誰でも気軽にワンコイン(500円)で参加できる仲間づくりです。

講座を受講して、参加者同士の意見交換や交流がメインです

普段、診療室で働く歯科衛生士は”勉強会”に参加したくても
機会がなかったり、気後れしたり、受講料が高額で参加できなかったり
院長やトップの理解がなかったり、情報そのものが入ってこない環境だったり・・

卒業したあとは、学ぶ機会に恵まれない人もいるかもしれません。
他の現場で働く仲間の刺激がないまま孤立してしまう人もいるかもしれません。

生きる原点「おいしく食べる」は身近な喜びです
口から食べる幸せを支えるという同じ目標を持った皆さんとどんどん繋がっていきまーす

よろしくお願いします

『おいしいを支える会』
田村さつき/歯科衛生士
工藤由加里/歯科衛生士

☆☆合わせて読みたい関連記事★★




by kita-32 | 2018-07-01 00:03 | 「おいしいを支える会」 | Trackback | Comments(0)