札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る

<   2018年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


b0191221_14584485.jpg

こんにちは
『おいしいを支える会』の工藤です。

第6回目の講座のご案内です。

~介護側と医療側 スムーズに情報交換ができる関係へ~

日時:6月30日(土)
時間:15:00から16:00
場所:札幌市中央区南1条西3丁目 歯科オムニデンティックス3階会議室
定員:20名


今回の講師は看護師と介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を持つ宮嶋美樹先生です

診療報酬改定でも医療と介護の連携が大きなテーマになっています

『おいしいを支える会』
歯科と多職種の連携のを考えてみませんかー


どこと、どーやって連携するの?

すでに訪問などにたずさわっている方には、より密な連携ができるように。

まだたずさわっていない方には、施設などから受診依頼が来た時スムーズな対応ができるように。

実際の介護現場ではどのようなことが起こっているのか
医療と介護をつなぐ専門職ケアマネさんが〔情報共有〕〔連携〕について
楽しくお話しして下さいますよ


今回も、気軽に参加しやすいワンコインセミナー500円です。

お申込みはメールか電話でOK
電話→011-756-0995
北32条歯科クリニック 工藤まで

メール→kita-32@excite.co.jp
北32条歯科クリニック 工藤まで


『おいしいを支える会』
田村さつき/歯科衛生士
工藤由加里/歯科衛生士




★★合わせて読みたい関連記事★★





by kita-32 | 2018-04-29 15:23 | 「おいしいを支える会」 | Trackback | Comments(0)
b0191221_19314000.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
日常生活には「説明」を受ける場面がたくさんあります。役所の窓口、病院での受付、電化製品を購入するとき、旅行を申し込むときなど
多くの説明の機会を経験しているのではないでしょうか?
歯医者でも、さまざまな「説明」の場面があります。本日は、説明について考えてみましょう。


こんにちは
どちらかと言えば、「説明」が得意な歯科衛生士工藤です←自分で言いますw


ひと口に「説明」と言っても、その行為はとっても難しいものですね

なぜなら、説明した側ではなく
説明を受ける側(歯医者であれば患者さん)の理解度や満足度によって
その説明が良かったか、わかりづらかったか評価が変わるからです(´∀`*)

例えば・・・

歯医者の治療で
レントゲンの写真を見ながら、自分のお口の中を手鏡で見て、
むし歯の状態や原因、今後の治療の方針などを歯医者の先生から「説明」を受けたとしても
一度では理解できないこともあります

特に、治療の話しとなると、漠然とした不安や混乱もあります
ましてや「初めての経験」には不安がつきあまとうのは当然ですよね


担当する歯科衛生士は
そんな患者さんの不安や疑問点に気付き
先生の治療方針や、治療方法、期間、費用など改めて説明することもあります

歯の治療って、説明を受ける患者さんにとっては非常に重要な内容の場合が多いものです

「説明」はする側のためにあるのではなく、「説明」を受ける側のためにあります!
このことは常々スタッフ間で気を付けているところです。

患者さんの「不安や疑問を一つづつ解消する」という行為ですね


北32条歯科クリニックでは
患者さんが「自分で納得して、決める」ことを支える、担当歯科医師・歯科衛生士がいます
大丈夫ですよ。疑問や質問にお答えしながら、勝手に治療をすすめることはありません^^


複数ある治療方法の選択肢から、自分にとって最もいい方法を選ぶこと

あくまでも選ぶのは患者さんですが
最もふさわしい”決定”ができるようにサポートするのが我々の役割<(`^´)>


なので、担当する歯科衛生士は情報を的確に理解し、伝えられなければなりません。

b0191221_20052237.jpg
それは、訪問診療でも同じです。
医療知識、介護や福祉の制度
多職種と関わることも多いチームアプローチの中視点がズレてはいけませんよね

患者さんだけではなく、ご家族、施設などの職員さん、ケアマネージャーさん
他の医療機関などへの「説明」場面が多々あります


「丁寧に説明してくれる」
「説明がわかりやすい」
などの印象を患者さんやご家族にもってもらえれば、歯科治療に対する信頼感を作り出すことにもつながります。
ケアチーム形成にも影響がでてきちゃいます💦

北32条歯科クリニックは
歯科医師、歯科衛生士が説明の意義、目的、責任を持ち患者さんやご家族の理解度の確認をしながら
情報を正しく伝えます!



★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2018-04-28 20:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0191221_11145614.jpg
b0191221_20331632.jpg
札幌にも春が来ました~♪
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニックのブログ」にご訪問頂き有難うございます
クリニック前の花壇にお花が咲きはじめました。
当院は地下鉄南北線「北34条駅」の3番出口、4番出口を出て目の前です。
※3番出口にはエレベーターがあるので階段の上り下りが大変な時は便利です♪


こんにちは
北32条歯科クリニックの春の訪れが嬉しい歯科衛生士の工藤です

ブログ係りとして、不定期に投稿しておりますが
ブログの特性上、SNSと違って一方的な発信になりやすく
読んで下さった方とのやり取りやコミュニケーション機能が無いのが、ちと寂しいところ・・

ところが!

先日の記事↓にコメントを頂戴しました(´∀`*)やったー


西区の歯科衛生士さんからのコメントをご紹介
>タフトクラブの工藤さんの記事をみてブログを見に来ました!西区の6年目の歯科衛生士です。今年初めて新卒で後輩ができて、はじめての後輩に戸惑っていましたが、この記事をみて最後までやらせてみるってとても大切なことだなーと思いました。
また見に来ます(^^)!



コメント本当に嬉しいです^^
西区の歯科衛生士さん、こちらこそ有難うございます

そして、本気で新人さんに向き合っている姿勢が伝わってきます!
新人教育の難しさや戸惑い・・強く共感しますw

何でも教えてもらえると思ったら大間違いですよねっ!(笑)

教えてもらって覚えるか、失敗から学ぶか

失敗した方が本人のためになる場合もありますよね。自分がそうだったように・・

自分で直接、見聞きしないと感動は半減する。と聞いたことがあります

歯科衛生士の仕事も、何度もしくじり、ときには痛い目に遭わないとわからない事柄があるように
失敗も成功も最後までやらせてみるようにしています。

こっちはハラハラ・ヒヤヒヤですけど(笑)
また、いつでもメッセージ下さい。応援しています^^
b0191221_21511111.jpg
b0191221_21515514.jpg
🌸ーーーーーーーーーーーーーー🌸

歯科衛生士は3年間専門学校に通って、国家試験を合格したら有資格者ですが
比較的合格率も高く、学校を卒業できれば間口は広い職業だと思います。

ひと昔前と違って、”歯科助手”と”歯科衛生士”の業務範囲や役割がはっきりしているし
歯科衛生士という職業の知名度も上がってきました

歯科医院のスタイルも多様化され就職先も(選ばなければ)困らない

インターネットやSNS、動画サイトもあり何でもスマホだけで調べて情報収集することもできるけど

だからこそ、歯科衛生士という職業の出口が広くなればいいなーと思います。

女性なので、ライフスタイルで退職やブランクが出てくるのは当然ですが

復帰後も、受け皿がしっかりしていて

自分の専門分野(歯周病・審美・矯正・訪問診療・口腔外科・インプラントなど)に特化できたり

これからの地域包括ケア時代突入による、多職種連携の中で
歯科衛生士が社会的に一つの職業として確立していくことで
いい歯科衛生士が続けやすく、歯科衛生士として人生を生きていく選択がポピュラーになればいいですね。

これからの歯科衛生士さんに乞うご期待デス!!

ーーーーーーーーーーーーーーー

どうでもいい情報ですが
わたくし、タフトクラブに記事が出た頃より髪が伸びました。仕事では髪を結んでいます。
b0191221_22315395.jpg
髪を結ぶゴムは、いつも「ニコちゃん」です☻☺☻☺
#笑顔が仕事 #買い足し中 #ニコちゃん #スマイル

新人幸田さんに「ねーわたしが、ニコちゃんつけてるのってイタイ?」って聞いたら

「・・・かわいいです」と答えていました。

忖度です。



★★合わせて読みたい関連記事★★








☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/




by kita-32 | 2018-04-21 22:44 | マネジメント | Trackback | Comments(0)
b0191221_20232194.jpg
札幌市北区の訪問歯科診療「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます
当院は月曜から金曜まで毎日訪問診療をしております。
訪問診療の申し込みはご家族や担当ケアマネージャーさんからがほとんどです
1人の利用者さんに多職種との連携が必須です、事前の電話連絡、情報共有、協議事項など
医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取り扱いのためのガイドラインを確認しています。



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

訪問診療において「多職種連携」とよく耳にします

”連携”とはお互いに連絡を取り合って物事を行なうこと


訪問診療の申し込みがある患者さんは、多職種との協働で成り立っています
・ケアマネージャー(介護支援専門員)
・ヘルパー
・訪問看護師
・通所リハビリ
・訪問リハビリ
・民生委員・知人
・家族
・病院、医師
などなど


お互いに関わり合い、よく話し合える土壌が必要です
それぞれの専門領域を活かし「何がその人らしい生き方」なのかを共有することで
治療方針や支援の在り方を考えるチームになります。

連携は「心」ですね

♥♥♥

さて、当院の訪問歯科診療を申し込みされる患者さんは
病院に入院中、在宅(自宅)、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅、小規模多機能住宅、特別養護老人ホーム、グループホーム
ケアハウスなど様々なお住まいの人がいらっしゃいます。

歯科の訪問診療に伺う患者さんの多くは・・・

多病である→疾患やご病気が一つではない 例)脳血管障害後遺症、認知症、高血圧症、糖尿病・・・

病状や介護度が悪化しやすい→環境や状況の変化で悪化することもある

要介護者が多い→介護認定を受けていて、何らかの介護サービスをうけている

入院による機能低下がみられる→廃用症候群 例)入院をきっかけに寝たきりになってしまう

退院後の回復に時間がかかる→ 例)在宅でのリハビリが必要な人が多い

なので、介護サービスと医療が統一された同じ方向を見ているチームでなければ
医療の質、介護の質の向上が期待されません


北32条歯科クリニックの訪問診療部は多職種と「顔のわかる関係性」から「顔を通り超えて信頼できる関係」を目指しています

安心して連絡しやすい
親近感がある
責任のある対応
連携しやすい訪問歯科診療を心がけていまーす(^^)/


★★合わせて読みたい関連記事★★





☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/




by kita-32 | 2018-04-16 21:16 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
b0191221_14254393.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
歯科衛生士も患者さんも正しい医療知識を身につけよう。
今回は、先進医療として区分されている保険がきく白い冠について、過去のブログを参照しながらまとめサイト風にまとめてみました。




こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です
当院ではCAD/CAM冠の取り扱いをしております

以前のブログにも投稿したことがありますが
小臼歯(前から数えて4番目、5番目になる小さい奥歯)にCAD/CAM冠が保険適応されて4年が経ちました


過去のブログ↓



その後2016年4月には金属アレルギーの人への大臼歯(6番目、7番目)にも適応されました

過去のブログ↓



そして、2018年

時代や技術がどんどん進み
高強度のハイブリッド型レジンブロックが開発され、2017年12月からは
下の第1大臼歯(前から数えて6番目になる大きな奥歯)にも適応されることになりました。
※上の6番はできません(T_T)
b0191221_14551904.png
株式会社ジーシーのセラスマート300
当院の連携歯科技工所(株式会社プライムデンタル)で使用しているハイブリッドレジンブロックです


ハイブリッドレジンブロックで歯を作るってどーゆーこと?

過去のブログ↓




保険で銀歯を白い冠にかえられるようになり、患者さんにも多くのメリットがもたらされたのではないでしょうかー
当院も多くの患者さんからお問合せがあります

今回下顎の6番のみ、保険適応になりましたが
金属でできた冠と違い、口の中で割れる壊れるなどの安全性を考え
第2大臼歯(前から数えて7番目の大きな奥歯)でしっかり噛んでいる場合に限るという条件付きです

ご注意下さいm(__)m


最近では
銀歯で歯質や歯ぐきの色の変色、強い咬合力(噛む力)による歯根の破折
審美的なデメリット、貴金属材料の高騰、金属アレルギーなどの問題点も指摘されています

金属代替え材料の技術革新はめっちゃスピードアップしており、
新しい技術や横文字の名前についていくので精いっぱいです(;´∀`)


保険適応外の材質も加えると、マテリアルチョイスができるような知識をしっかり学ばなければ
患者さんに対して安心、安全な信頼できる先進的な歯科医療を提供できる歯科医院から
時代遅れの歯科医院(時代遅れの歯科衛生士)と思われてしまいます。

ガビーン( ;∀;)

今後さらに高強度、高い審美性のハイスペックな材料が出来てくるのでしょうねー


CAD/CAM冠は保険でできる白い冠です

すべての患者さんの歯の状態、症例に適するものではありません
※4番目、5番目、下の6番(7番があること)のみ←ややこしいですよね

むし歯の進行具合、歯周病による歯肉の炎症の有無
神経が残っている歯なのか?神経がなく根の治療済みの歯なのか?
1本だけではなく、噛み合わせや1口腔単位で診査診断が必要になります。

担当する歯科医師にご相談下さい

経年経過で摩耗、咬耗などのすり減り、お茶やタバコなどによる着色
プラスチックの特性でもある変色で透明感や光沢性が失われてくることも予想されますので

十分に患者さんに説明してご理解頂くことが大事ですね・・


★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/




by kita-32 | 2018-04-09 09:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0191221_09414592.jpg

b0191221_09413595.jpg

札幌市北区の歯科医院北32条歯科クリニックのブログにご訪問頂き有難うございます。
正しい知識と確かな医療を提供できるように、当院スタッフは歯科医師・歯科衛生士の有資格者です。
常にプロフェッショナルの意識を持ち、患者さんとのお約束・予約時間を必ず守り、地域の皆さんのお口の健康に全力で貢献致します。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

当院は新人鬼の研修モードでピリピリ張りつめています(笑)


『やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ』


ご存じ、山本五十六さんの名言です
五十六さん、イマドキ新入社員まじ大変ですわー(;´∀`)


”やってみせ”で仕事に対するパッション・取り組む姿勢
患者さんや仲間に対する思いやりや感謝、マナーなどを先輩歯科衛生士がお手本・模範になるように行動しなければなりませんw
お互い鏡ですからねー

「かっちょいいトコロ見せようと思った時に限って失敗するというへなちょこ先輩あるある」(;´∀`)


”言って聞かせて”で指示待ちではなく自分からやるべきことを見つけて積極的に取り組むことを教えるには
先輩側の伝え方や指導者スキルも重要だと思います


「あー先輩って大変💦」(;´∀`)


”させてみせ”で大事なのは最後までさせてみること
心配性で面倒見のいい先輩ばかりの当院では、新人が傷つかぬよう先に口や手を出して助けてしまう・・という場面があります
失敗も成功も最後まで経験させることは、新人脱皮するための大事な過程ですねー


「ついつい、先にやっちゃうんですよねー(だってその方が早いんだもーん)」(;´∀`)


”ほめてやらねば人は動かじ”
新人スタッフとのコミュニケーションが上手くとれない、ムカつくー、感情的になって意思疎通がとれない
新人や若者に遠慮してしまって注意できなくなっている(辞められても困るし)wwwという先生や歯科衛生士さんもいるのではないでしょうか?
褒め方や叱り方って難しいですね
認めてあげて自信をつけさせ、もっとやる気や患者さんの役に立ちたいという気持ちを育てる


「叱るってエネルギー使うじゃないですか、傷つきたくないし、傷つけたくないしw」(;´∀`)


と、まあ
新人育成って新人も緊張やら萎縮やら覚えることもいっぱいで大変ですが
指導者側もそーとー精神的消耗がありますよね


つい先月までは学生だった新入社員は、入社したからと言ってすぐ気持ちは切り替わりませんw
まずは社会人としての意識!!

世代違うし、価値観違う(笑)


人材育成をしておられる皆さまのご苦労お察しします。
組織の戦力となり活躍してもらう日を楽しみに、五十六さん風にがんばりましょ~


★★合わせて読みたい関連記事★★

幸田さん、先輩に恵まれてるよ(笑)





☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/







by kita-32 | 2018-04-06 19:11 | マネジメント | Trackback | Comments(2)
b0191221_10474727.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます
4月新年度スタートしました。
当院は診療時間を短縮変更し、午後6時までの診療となりました。時間は短くなりましたが密度や濃度は変わりません。
北32条歯科クリニックの「働き方改革」平成30年の新年度が新たなスタートラインのような気がします。
私たちの底力の見せどころ、積み重ねてきた患者さんとの時間を糧に、よりパワーアップした北32条歯科クリニックをお届けします。



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です

4月、診療報酬改定がありました。

診療報酬とは【しんりょうほうしゅう】
医療保険(社保・国保)から医療機関に支払われる治療費のこと
現在、医療機関(例えば病院や診療所)で行われる全ての診療行為において点数が決められています
(診療報酬は1点=10円)


歯科で言うと
初診料は234点でした(平成30年3月末まで)
1点10円なので2340円が治療費となります


患者さんが医療機関を受診した際に、窓口でお支払い頂いている治療費は点数により計算され
負担割合に応じて(→健康保険証で3割負担、1割負担の人など)治療費の一部を請求しています


お会計の時に領収書とともに発行される診療明細書には、診療行為の点数や項目、回数が記載してあるので
確認してみて下さいね


診療報酬は2年に一度の大きな見直しがあります
これを「診療報酬改定」といいます。診療報酬(点数)が変わることです


改定年度によって「基本方針」や「具体的方向性」などがあり
我が国日本は何を重点課題として考えているのかがわかります

今回の点数改正には、団塊の世代が75歳以上となる2025年とそれ以降の社会・経済の変化や技術革新への対応が概要となっています

🌸ーーーーーーーーーーーー🌸

「かかりつけ医」って?

今までも「かかりつけ医」というワードでブログに投稿した気がしますが
かかりつけって勝手に決められるものでも、歯科医師から「かかりつけ宣言」されるものでもありません(笑)

患者さん自らが選ぶものだと思います。
賢くかかりつけ医を選ぶポイントとして「病気や治療のことを相談したとき、医学的な知識の伝え方が適切な先生を選ぶこと」とあります
他には相性(←これが一番かも)や最新の情報などにも答えてくれることも大事ですね


例えば入院中であれば”地域連携室”とか”医療相談室”みたいなものがあって
医療ソーシャルワーカーに相談する

もしくは、要介護認定をうけて要介護状態にある場合ケアマネージャーに相談する

などのように
歯科治療においてこれって相談していいの?と不安に思ったり、迷っている時は歯科衛生士に相談して下さい
担当医との橋渡しをして患者さんの疑問にお答えします♬


患者さんから見てわかりやすく納得できる歯科治療であること

設備、医療器具や道具、院内感染防止対策などの安心・安全で質の高い医療を実現する視点であること


今回の改定で歯科医療機関の体制と実績が評価され初診料・再診料、処置など項目によっては大きく変わるものもあります。


保険診療として新設される項目もあります
今まで自費(保険外)だった項目が保険適応されると患者さんの負担が軽減されることもありますよね


北32条歯科クリニックでは
患者さんの疑問や質問に丁寧に説明しながら治療をすすめていくことに尽力します

保険がきくのか、きかないのか
治療費がいくらくらいかかり
治療期間はどれくらいなのか

治療方法やこれから起こり得る予測も含め
患者さんと共に考え、共に悩み
過剰な治療や、望まれていない治療は極力避け

一つ一つを丁寧に検討し解決していくこと

『歯を治す』ことがゴールではなく
『快適な生活』がゴールです


新年度、歯や歯ぐき 入れ歯の不具合など今まだ悩んでいらっしゃる方はまずお電話下さい
原因と改善を一緒に取り組みましょう

北32条歯科クリニック (011)756-0995




★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/




by kita-32 | 2018-04-03 20:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)