b0191221_17225605.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は歯科衛生士専門学校の学生さんの臨床実習先として受け入れております。
また、専門学校に通う学生さんのアルバイト”働きながら学ぶ”をサポートしております
未来の歯科衛生士たちへの温かい励ましの言葉、患者さんのご理解、ご協力いつも感謝しております。
本当に有難うございます。



こんにちは
北32条歯科クリニックの学生指導担当歯科衛生士の工藤です。

本日ご紹介するのは
当院でアルバイトで働く、歯科衛生士専門学校の学生三島さん(1年生)


学校での相互実習でも習っている成果とリンクして
当院でも少しずつ、診療補助をしております。
※無資格なので歯科衛生士業務はしていません


例えば・・
治療中のお口の中にたまった水や唾液を吸っている”バキューム操作”



患者さんが不快に感じ無い様に、お口の中に溜まった水分を適切に吸引すること
口の中のどの部位にバキュームを挿入し当てているかがポイント


患者さんからのクレームは、治療そのものに関することだけではありません。


「バキュームが痛かった!」

「バキュームが雑!中途半端で飲んじゃった」

「頬っぺた(唇びる)が引っ張られて痛かった」

他院から歯医者をかえて、当院に来た患者さんからの感想です・・
言えない雰囲気ってのはもっと問題w



こういうご感想を聞くたび、当院でもあり得ると思って
スタッフみんなで注意事項として共有していますが
常に患者さんの立場にたって行動するように気を付けなければなりませんね・・




お口の粘膜・歯肉でも、痛みに敏感な部位とそんなに痛くない部位ってのがあります

バキュームの持ち方、当て方
診療補助の姿勢や重心バランスのとり方
徹底的に指導していますっ
フォームが大事ですからねー


診療補助(アシスタント)は歯科医師のためにおこなうのではなく
患者さんのためにあるのが大前提!!!


バキューム操作は単純に水分だけを吸引しているワケではなく
歯科医師の治療器具で患者さんの歯肉や舌、粘膜に当たってケガをしないように、
巻き込まれたりしないようにガードをする役割があります

また
歯科医師が治療している部位を見えやすく、
治療台のライトの光が影をつくらないように術野の照明のサポートにもなっています

他に
歯科治療に使用するセメント類、薬液、修復材料、消毒薬などなど
”マズイ”ものばかりなので 患者さんが舐めったり不快な味から守る役割もあります

b0191221_18114134.jpg
どれくらいマズイものなのか
三島さんには
診療終了後に居残りして、歯医者の材料や薬液をすべて味見してもらっています

b0191221_18132025.jpg
み:「うわっ、マズイ」 「げー、ヤバい」

患者さんのお口の中で使用する

・根の治療の時の洗浄液
・根の治療の時の根管消毒薬
・仮止めする材料
・白い樹脂の材料の接着剤
・止血剤
・銀歯をくっつけるセメント
・表面麻酔剤

など、患者さんが日頃感じる(かもしれない)
薬液、薬剤、材料の味を自分の身を持って経験してもらいました。

これによって、バキューム操作で
患者さんに不必要な不快な思いをさせない技術を学び
処置の際に味合わせないテクニックを習得し
患者さんへの声かけに
治療の補助の際、気をつけたいことに気づいてもらえたはず


北32条歯科クリニックは
臨床実習にくる学生さんも、アルバイトで働くスタッフにも
技術練習と患者さんの快適性の追求はセットで指導しています<(`^´)>

本質をしっかり理解することが技術の進歩に繋がります♩


★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2018-02-13 09:05 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

b0191221_01020965.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院のホワイトニングは”ホームホワイトニング”です
患者さんがご自宅でホワイトニングの効果を実感できるように担当歯科衛生士がサポートしております
歯科医院でおこなうクオリティの高いホワイトニング、安全性はもちろん仕上がりや満足度も高い様子。
何より、患者さんの爽やかな笑顔から自信があふれています!



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

本日おススメする商品は
歯のホワイトニングシステム「Tion」(ティオン)です
b0191221_00201019.jpg

歯科衛生士から見ても自然で透明感のある白さが得られるホームホワイトニング剤です。
均一に広がる流動性のジェル
歯の表面に広がりますがホワイトニングトレー(マウスピースのようなもの)から溢れてお口の中に垂れてくることはありません

私も、ホワイトニング(ティオン)絶賛愛用中です^^
歯科衛生士のお洒落の極みは、歯の健康へのこだわりです


今や女性も男性も歯のケアは当たり前の時代。
ホワイトニングを受ける人も多くなりました。

患者さんが求めているのは単純な”白い歯”ではありません

白い歯を手に入れた患者さんは
「より健康になりたい」という健康意識の向上
「よりキレイになりたい」という美意識の向上
女性の場合、「何だか以前より化粧映えするようになった気がします」との声も

男性の患者さんも
持ち前の男らしさに+ホワイトニングの効果でリッチさと艶感のある笑顔にロックオン♥♥♥
大人の余裕と品格を漂わせてくれます


一方で、歯科医師不在でおこなわれている危険な”セルフ”ホワイトニングも目にします
安価ゆえ興味をそそられますが、あまり効果がないものや危険なサロンすら存在するようです


歯科医院で歯科医師・歯科衛生士のもとおこなうホワイトニングは
歯科医師によるカウンセリングと
歯科衛生士によるプロフェッショナルケア(歯石除去や専用のペーストを使用して機械を使って1本1本の歯を磨き上げるクリーニング)で安心・安全です


ご自身の歯や歯ぐきの状態を診査診断したうえで安全にホワイトニングを受けて下さいねー💦
歯周病の炎症がある方
妊娠中・授乳中の方
知覚過敏症状のある方
治療が必要なむし歯がある方
アレルギーの有無

カウンセリングや、説明・同意が必要です

~あなたのホワイトニングサロンは安全?~
□ 当然、歯科医師が在籍している
□ 施術前にカウンセリングをおこなう
□ ホワイトニング中、担当スタッフが同席


歯のスペシャルメンテ、歯のホワイトニングは当院スタッフまでご相談下さい

北32条歯科クリニックのホワイトニング費用(保険適応外)
上下各1万円+消費税でーす

★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/






by kita-32 | 2018-02-10 00:11 | おすすめアイテム | Trackback | Comments(0)

b0191221_10324230.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニックのブログ」にご訪問頂き有難うございます。
当院は、ご高齢やお身体が不自由な方で歯医者への通院が困難な患者さんの
お家、施設、病院などに伺って歯科治療をおこなう”訪問歯科治療”をしております。
ご希望のお日にち、お時間、介護サービスの有無(デイサービス・デイケア・訪問介護・訪問看護)などを確認して都合のいいお時間でお伺いしますのでご安心下さい。
訪問診療(歯科往診)のお問合せは 011-756-0995までお電話下さーい。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です

先日
札幌市西区の歯科医院「平和歯科クリニック」様から
歯科の訪問診療についてスタッフさん向けセミナーのご依頼がありました。

写真は、セミナー終了後の集合写真です📷


~歯科の在宅訪問診療~

ご病気や重たい後遺症を残しながら、自宅で療養・生活をされている患者さんの
最期まで「口から食べる」を支える歯科の訪問診療

ケアマネージャーや居宅介護支援事業所、訪問診療医、訪問看護ステーションと連携しながら
歯科の専門分野として地域連携体制を築くこと

診療室だけでなく、地域で活躍できる歯科衛生士が求められていること

多職種で勉強する口腔ケアセミナーや、地域の症例検討会などを通じて
患者さん、ご家族の思いをくみ取ることの大切さ、技術や価値観を共有していくこと

などなど

私たち”歯科”の得意分野で、在宅訪問診療の可能性を共有する有意義なセミナーになりました。

入職一年目の若い歯科衛生士さんからも
「早く、色々なところに付いて行って経験したいです」とのキラキラな感想


院長の金澤先生
私たち北32条歯科クリニックの取り組みや、訪問診療チームの成長に着眼して頂き
そして、スタッフセミナーの講師としてお声かけ頂き有難うございます。

金澤院長のスタッフと医院の成長をリンクさせたいというお気持ち
めっちゃカッコいいです↑↑

b0191221_10530715.jpg
平和歯科クリニックの皆さん
明るくて、前向き!そんでみんな可愛い!!

何より、訪問診療への取り組みを決断した金澤院長のバックアップをしたい!という姿勢
とても頼もしいステキな仲間づくりができているなぁと感動しました。


訪問診療の経験がない医療従事者にとって
臨床的な不安や、経験不足からくる怖さも医療提供側にあるのは当然です

医療行為そのものよりも患者さんやご家族の希望や、気がかりなことに向き合えること
同じ職種同士、横の繋がりで情報交換しながら一緒に学んでいきたいと思いました。

また呼んで頂けるよう、歯科衛生士をもっと頑張りまーす。


★★合わせて読みたい関連記事★★








☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2018-02-06 11:17 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)

b0191221_14033537.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニックのブログ」にご訪問頂き有難うございます。
ここ数年”地域包括ケアシステム”という言葉を耳にすることが多くなりました。
地域包括ケアシステムとは、簡単に言うと地域ぐるみで高齢者を支えていく仕組みのこと、この仕組みの中に
いずれは障がい者や子ども、生活困窮者への支援も含んでいくことでしょう。



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。
連日全国的に報道されている札幌市の共同住宅火災のニュース
亡くなられた方のご冥福をお祈りします


スプリンクラーの設置義務だとか
有料老人ホームの届けだとか
法令違反か?とまるで手柄を取ったかのように報道されていますが

本質がズレているように思います
みんな地域で支え合って生きているんです


経済的に苦しく、身寄りもなく、生活困窮者の住処や社会保障を
一部の民間が自立を目指す入居者の安心と支えになっているという現実。。

厚労省の調査によれば
全国の無届有料老人ホームの3分の1が北海道にあることが報告されています。
事業者や運営者側も資金難にあえぐ所は多く、負担は重荷であることは想像がつく。

市民、行政、事業者(運営者)の3者でこの事故の本質を共有できなければ
支援やサービスを利用して心身の状態を良くして、本当の自立支援の方向に思考が向かず
とりとめなく、ぼんやりとして課題解決にならない

私たちが住む町(札幌市)の課題として、
地域包括ケアのあるべき姿や法制度を考える報道だと思います。
生意気言ってすみません。


私たち歯科の訪問診療チームも
生活困窮者自立支援と介護保険の連携に関わることもあります。

※生活困窮者自立支援法
生活保護に至る前の段階での自立支援を強化すること


これからの歯科は
住み慣れた地域で自分らしく暮らせるよう、住まい、医療、介護、予防、生活支援を一体的に提供できる
”地域包括ケアシステム”の一員です。

今日の一言『地域の課題に目を向けよう』


★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2018-02-05 09:03 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)

b0191221_12071850.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニックのブログ」にご訪問頂き有難うございます。
「悪い子はいねがー」
「悪い歯はいねがー」と鬼が来ました。(それは、なまはげか?💦)




こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

2月4日は立春ですね。
春に向けて季節が変化する節目です。
夜が暗いほど、日の出の眩しさを強く感じられるように
寒い冬の厳しさがあるから、あたたかい春の訪れに幸せを感じますね。


慌ただしかった年末年始が過ぎ、
新規の患者さんからのご予約やご相談が入ってくる時期になりました。

節目と言えば、札幌市では
職場などで実施する歯科検診の機会のない、市内に居住する満40歳、50歳、60歳、70歳の方に
「歯周疾患検診事業」の受診券を発送しています。

まずは40歳
若さや健康美、ちゃんと意識しているかどうかが見た目年齢との差がでてしまうお年頃。

真剣に歯の予防に取り組めば、若々しさ、その先の健康のカギ
歯の心配がなく、おいしく食べられる口を維持するいいタイミングのように思います。

これを機会に歯の検診(健診)に行ってみてはいかがでしょうか

----------------------------------

中高年以降の8割以上が歯周病を放置していると言われています。

私たちの口の中にはたくさんの細菌が住んでいます。
口の中は細菌にとって温度・湿度・栄養など好むすべての条件が揃っており、めっちゃ居心地のいい住処!

その細菌が起こす悪さで見逃せないのが「歯周病」です

むし歯のようにしみる、痛いなど症状が出にくく
知らないうちに進行している怖い病気。

~もしかして歯周病?~
次の項目に3つ以上あてはまるようならほぼ歯周病。
40歳、50歳、60歳、70歳の受診表が無くても早めの受診をおすすめします。

□歯みがきをすると歯ぐき(歯肉)から出血する
□疲れた時、体調が悪いときに歯ぐき(歯肉)が腫れる
□歯ぐき(歯肉)の色が赤い、または黒っぽい
□歯ぐき(歯肉)がむずむず違和感がある
□歯ぐき(歯肉)が痩せて下がって、歯と歯の間に隙間ができた
□歯ぐき(歯肉)が痩せて下がって、歯が長く伸びたように見える
□グラグラしている歯がある
□口臭が強くなってきた
□朝起きた時口の中がネバネバした感じがある

歯周病予備軍の方も
歯医者が嫌いで治療途中にもかかわらず中断している人も
何となく「このままではヤバい」と感じている人も
平成30年はご自分の「歯」に注意を払ってみてはいかがでしょうか?

先日、妙齢な私も歯の定期健診を受け
歯周病の検査とむし歯のチェックをしてもらいました。
歯科衛生士のプロフェッショナルケアを受けて本当に気持ちよく
スッキリして満足度高かったので、まじでおススメです!!



★★合わせて読みたい関連記事★★








by kita-32 | 2018-02-03 15:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)