人気ブログランキング |

札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:歯科訪問診療(往診)( 58 )

訪問歯科衛生士⑥

b0191221_12493892.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のスタッフブログにご訪問頂き有難うございます
先日、訪問診療で伺う有料老人ホームでボランティアさんの演奏会がありました。
私も初めて聞くお琴と尺八の生演奏♪
利用者さんや、職員さん、私たち歯科も一緒に「上を向いて歩こう」を演奏に合わせて歌いました♪
音楽の力ってスゴいですね~人が持つ声の力に感動して涙が出そうでした



こんにちは
北32条歯科クリニックの訪問歯科衛生士工藤です

訪問診療、訪問歯科衛生士の仕事に興味がある人って
30代~40代「スキルや経験を身につけた歯科衛生士が興味を示す傾向」
聞いたことがあります。

色んな意味で「人ごとではない」微妙な年代だからこと、興味関心があるのかもしれないですね(笑)
身内の介護とか
自分の老後とか
気になっちゃう世代ですもの・・


確かに
当院のスタッフでも診療所(クリニック)勤務を数年以上経験し
結婚、出産、育児の復帰後人生経験をある程度積んできた歯科衛生士さんが活躍しています


訪問歯科診療って歯科衛生士が中心に位置づける領域です
診療補助もあり
保健指導もあり
コーディネーターの役割を担い
ご家族や多職種との連絡調整係もおこないます

在宅医療の現場は、とってもやりがいや重要性を感じます

今後明らかに需要が拡大する分野だと確信しています
b0191221_20292023.jpg
・知らない家に行くこと
・記録や計画書などの書類作成が大変そう
・患者さんやご家族との関係
など、戸惑いハードルが高く感じてしまうこともあるかもしれません。

「需要があるのに、ハードルが高い」

北32条歯科クリニックの歯科衛生士にとって”訪問診療”は、けっこう得意分野です
スタッフ全員が指導的立場として活躍できるスキルを持っています

北32条歯科クリニックの成長とスタッフの成長がリンクしているように
実際の経験や失敗から学んだあれこれ。
経験のない診療はイメージしづらくて当然です


訪問診療をしていると多職種との関わりが広がります
最近ではSNSなどでも”繋がり”が増えてきました

患者さんの主治医である訪問診療医ともFacebookのメッセンジャーでリアルタイムの状況報告しています

視野が広がり、仲間が増えます!!

医学的な知識や介護分野の知識にも精通でき
やりがいや楽しさの幅や奥深さが違ってきます。

外来(診療室)で拝見する患者さんを診る(見る)着眼点も変わってきますよー

訪問歯科衛生士さんがもっと増えてきますように
訪問歯科診療の輪がもっと広がりますように✨✨

☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2019-01-25 21:14 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
b0191221_22054004.jpg
札幌市北区の訪問歯科診療「北32条歯科クリニック」のスタッフブログにご訪問頂き有難うございます
訪問歯科衛生士という仕事は、診療室勤務では得られないやりがいと楽しさがあります。
当院は月曜から金曜の毎日訪問診療をおこなっております。
申込みは、患者さん本人からではなく、ご家族やケアマネージャーさんからのご依頼やご相談が多いです。
電話での問い合わせ&申し込みは(011)756-0995までお気軽にご連絡下さいm(__)m



こんにちは
北32条歯科クリニックの訪問歯科衛生士工藤です

地域包括ケアシステムにおいて、様々な生活課題を「自助・互助・共助・公助」の連携によって解決していく取り組みが必要となります。

すべての基礎となるのは「自助」

自分が主体となり、自身を大切にして尊厳を持ちながら生活を行なうという心構えと行動が最も大切であり
他人の力によらず、自分の力だけで事を成し遂げることが基礎となる考え

まずは、自分でできることは自分で。
自立支援の基本ですね


「自助具」
自助具とは何らかの病気で、腕や手がマヒで思うように動かなかったり
関節が固くなって動かなくなったりして
日常生活を送る事が難しくなった方々のために作られた生活補助具です

自分でやるには、不便で時間がかかる
人に助けてもらわなければならない

でも

自助具を使うことでできるだけ楽に自立した生活を送ることができる
工夫、改良された生活補助道具が自助具です

簡単に取り扱える大きさ、単純に操作できる配慮
個人の運動能力に合わせたカスタマイズ


訪問診療で関わる患者さんの中には

脳血管障害の後遺症で片麻痺の状態にある方がいらっしゃいます

健側の片手で部分入れ歯を着脱するだけでも大変です

入れ歯を清掃したくても、片手しか使えない場合・・・
義歯用ブラシを持つと、入れ歯は持てない
入れ歯を持って、流水下で洗い流すことしかできない

そんなお悩みを解決するために・・
100円ショップでできる「自助具」をご紹介します
当院の歯科衛生士室さんの発案💡✨
b0191221_22345013.jpg
用意するのはコチラ
・シューズブラシ
・吸盤
各100円
合計216円なりーーーっ(100円ショップseria)


このシューズブラシはプラスチックでできていて
柄の部分が簡単に取り外し可能になっております



吸盤のフックとシューズブラシの凹部分がピッタリ
めっちゃシンデレラフィット
↓このようになります👀
b0191221_22374531.jpg
吸盤をシンクにペタっとして
流水下に位置決めをして下さい
これで、片手でも楽ちんに入れ歯の清掃ができるはず
b0191221_10102504.jpg

これぞ「自助具」!!

使い終わったら、吸盤をはずすだけ
乾燥させておきましょう入れ歯の清掃だけではなく、様々な場面で使えるかもしれません
患者さんからの「いいね」はめっちゃ嬉しい~(*´з`)ルルン

ぜひ、お試しくださいませー


☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/








by kita-32 | 2019-01-17 22:59 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
b0191221_22411406.jpg
札幌市北区の歯科診療所「北32条歯科クリニック」のスタッフブログにご訪問頂き有難うございます
本日より、仕事はじめです。
改めまして、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
これからも真心をこめて、皆さまの健康美のため貢献できるよう努めて参ります



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今朝、遅刻せず起きられる自信がなかったーーーーっ💦

緊張して、ちょこちょこ目ぇ覚めちゃいました

緊張感のある早起き、
ゆとりのある朝っていいですね 
「早起き」が習慣化すればいいのですが、いつもギリギリです💤

さて、本日より通常診療がはじまりました。
久しぶりにスタッフみんなの顔が揃って、とっても賑やかでしたょ

ーーーーーーーーー

いわゆる、連休明けの”急患”
※予約をしていないけど、痛い・腫れた・取れた・折れたなどの急な症状のある患者さん

外来診療では、ほぼ想定内の急患数でしたが

訪問診療では、対応できる範囲内でしたが”急患”の数が年々増えてきていると感じております
それも、ほとんどが”新患”


札幌歯科医師会の口腔医療センター(救急診療)や
年中無休で診療されている歯科医院、当番歯科医院などのおかげで
連休中も対応して下さる医療機関は整っておりますが

医療機関への通院が困難な方は
連休中、往診(訪問診療)対応して下さる歯科医療機関は少ないので
連休明けまで我慢していた方もいたことでしょう


休み中なので、担当ケアマネさんや、医療機関にも電話がつながりにくい
本人は困っている
家族は心配だし、ヤキモキします


ここでお伝えしたいのは
在宅で要介護状態にある方こそ
「かかりつけ歯科」を持っておくことをおススメします

定期的な検診やメインテナンスを診ているので
病状の安定している歯や歯ぐきのこと
入れ歯の状態
栄養摂取状況
介護力
などを把握しているので
急な「歯科」に関する困った!に対して指示しやすかったり情報提供できることもあります。

連休中や休診日などのバックアップ体制の準備も可能になりますので
「かかりつけ歯科」を持つことは心強いですよー


本年も、北32条歯科クリニック『訪問診療チーム』は皆さまとの輪を大切にし、邁進してまいります

地域の「かかりつけ歯科」を目指し
多職種や患者さん、ご家族と手を取り合い
患者さん(利用者さん)と一緒に考え、解決できるチームの一員であるように
サポートして参りたいと思っております


★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/













by kita-32 | 2019-01-07 23:48 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
b0191221_21380526.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院では、歯科の訪問診療をおこなっております。
ご自宅、介護保険施設、有料老人ホームなどの居宅系施設、病院へ訪問診療に伺っております。
お問い合わせ、診療申し込みはお電話下さい。→011-756-0995



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です

12月13日(木)
北海道ホームヘルプサービス協議会様からのご依頼で
「平成30年度 上級者ステップアップ研修会」で
~ヘルパーのための口腔ケアとアセスメント~と題して講義をさせて頂きました。

研修参加者は、”上級者”というだけあって
サービス提供責任者(サ責)、主任ヘルパー、管理者などの役職の方々ばかり💦

b0191221_21090775.jpg
事前にアンケートにて質問を受け付けておりましたが
質問内容も、上級者ですw

≪質問内容≫
・訪問時の口腔内の観察ポイント、ケアのポイントについて知りたい
・口腔ケアの支援をしていない方へ、どのような内容の聞き取り、観察を行うことが望ましいか知りたい
・食事摂取量や口臭等が口腔内の異変・早期発見に気付けるが、他にポイントがあれば知りたい
・口腔内の状況から利用者の体調や病気がわかることがあれば知りたい
・口を開けてくれない方のケアの方法を知りたい
・歯ブラシなどの選び方を知りたい
・看取りの時の口腔ケアのやり方や、おすすめの商品などがあれば教えてほしい
・吸引機(サクション)の先につけた歯ブラシでの対応は可能か知りたい
・口腔内を見せることを拒む方が多いため、歯科に繋げるまでの観察のポイントやタイミングを知りたい
・認知症の状態にあり、口を開けてもらえない方へのケア、アセスメントについて知りたい



≪研修参加者からいただいたご意見≫
・口腔ケアの重要性について、利用者さんに分かりやすく説明できるようになりたい
・口腔ケアの大切さは、まだまだ浸透していない気がするので、再度様々なポイントを学び、職場でも浸透させたい
・口腔ケアを正しくすることにより、健康管理にもつながる様なので正しく学びたい
・口腔ケアについては日常的に対応しているが、清掃が主となっており、口の中を他人に見せることに抵抗がある方も多い。
利用者本人にも口腔ケアの大切さを理解していただき、コミュニケーションを図り、信頼関係を築くことに大変さを感じることがあります

約90名の参加者さんでした。市内だけじゃなく
全道各地からお集まりいただき有難うございますm(__)m

お互い、在宅の現場で
家族のように、またはそれ以上の関係性を築きながらケアを担当している方々の意見と
私たちの意見は、全然ズレがなかったと感じたのが感想です。

歯科が必要になる症状、状態
食事摂取状況や口腔環境についての課題分析
サービス担当者会議での情報共有の必要性
多職種連携や協働が上手くいった事例、いかなかった事例

などなど
講義終了後もざっくばらんに「現場あるある」を話しながら
今後の課題や、連携のカタチについて協議できたのは心強かったです!

有難うございました。
また呼んでいただけるよう、これからも歯科衛生士をもっともっと頑張りますっ!

ーーーーーーーーーーーーーー

訪問歯科診療は患者さんの住み慣れた家にお伺いする生活に密着した関わりです
歯医者の訪問を楽しみにしてくださる患者さんもいます

限られた生涯、いつまでも関わっていたい。と願うばかりです・・

訪問歯科診療・口腔ケアでは
訪問看護・訪問介護など多職種の皆さんと関わる機会が多く、刺激を受けいつも勉強になります。
医療面だけでなく、メンタル面、トータルケアを学ばせていただいており、多職種が私たちの先生です。




b0191221_21110221.jpg
あー、惜しい
北34条じゃなくて、正解は北32条でした(笑)

全然大丈夫です^^
2条ほどの距離、同じようなものです(笑)


★★合わせて読みたい関連記事★★




☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2018-12-14 21:29 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
b0191221_12383674.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は、月曜から金曜の毎日訪問診療をしております。
申込みは、患者さん本人からではなく、ご家族やケアマネージャーさんからのご依頼やご相談が多いです。
電話での問い合わせ&申し込みは(011)756-0995までお気軽にご連絡下さいm(__)m


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です

9月30日(日曜)『多職種情報シェア勉強会』がありました。
b0191221_22052895.jpg
歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、言語聴覚士の有志で
口腔ケア実習会を年に数回行なってまいりました。

『多職種情報シェア勉強会』の様子はコチラ↓



今回は、初の試み「歯科訪問診療スタートアップセミナー」です
b0191221_22085656.jpg
僭越ながら、講師として参加させて頂きました。

患者さんからのニーズがあって
時間的にも、スタッフの配置にもポテンシャルはあるものの・・

いったい何から始めればいいの?

私たち北32条歯科クリニックの訪問診療部の成長を例にして
具体的に、わかりやすくお伝えする「歯科訪問診療スタートアップセミナー」

・訪問歯科診療をはじめよう各種届出
・医療保険と介護保険
・口から食べられなくなるということ
・訪問歯科衛生士のやりがいと苦労
・訪問現場でみる歯科衛生士それぞれの専門性

など
実際の経験や失敗から学んだあれこれ。
経験のない診療はイメージしづらくて当然です。

北32条歯科クリニックの訪問診療の進め方が参考になれば幸いです_(._.)_
b0191221_22170205.jpg
当院のスンバらしいスタッフ
訪問診療部の要!整理収納といえばこの人歯科衛生士長田さんです

当院の訪問診療道具の改善を繰り返した模様はコチラ↓


当院の道具箱、通称「マキタ」の中身をどーんとご紹介
b0191221_22212028.jpg
休憩時間など、まさかの大盛況
どんな道具を揃えればいいの?いつもどーやってるの?

訪問診療を担当する歯科衛生士さん、興味津々👀!!
まだまだ未完ですが、多くのスタッフさんと楽しい情報交換ができました。

自医院の整理整頓、収納アドバイスは
ぜひ当院長田までご連絡下さい

2025年を目前に地域で活躍する、地域で求められる「歯科の訪問診療」に本気で向き合おうとして下さる歯科医院が増えて下さるのがうれしいです。
訪問診療をしていると多職種との関わりも増え
視野が広がり
仲間が増えます!!
医学的な知識や介護分野の知識にも精通でき
やりがいや楽しさの幅や奥深さが違ってきます。

一緒に勉強しましょ♪

今後も、皆さんのお役に立てる情報をアウトプットできるように
北32条歯科クリニックは、歯科衛生士を頑張りますっ。

たくさんのご参加有難うございました。


★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2018-09-30 22:39 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)

訪問歯科衛生士⑤

b0191221_20083561.jpg

札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございまーす。
今日の写真は、訪問診療で伺う患者さんちのネコ「もも」です=^_^=
時々来る歯医者に興味津々、流しの水道を借りながら歯型をとる材料を練っているのをジーッと見つめています。
訪問診療先で出逢うたくさんのペットたち。大切な患者さんの家族です。私たちとも仲良くしてね~♪



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

4月に入社した新人歯科衛生士幸田さん。
新人でも訪問歯科衛生士です✨✨

b0191221_20373290.jpg
新人には務まらないとか
経験やキャリアが少ないから向いていないとか
「ある程度、歯科衛生士としての基本的な経験を経て、最後にたどり着くのが訪問診療じゃない?」と
言われることもありますが
幸田さんのように最初から訪問診療に携わり、
多職種との協働や情報共有を何の迷いもなく当たり前のようにできる環境で
高齢に伴うお口の変化や摂食嚥下の理解
家族や介護者の価値観、多職種のみなさんの専門領域を知ってから、自分の本当に進みたい進路を考えるのもいいと思います。

訪問診療先の患者さんは、通院が困難な高齢者が多いのですが

今日の患者さんもそうでしたが
患者さんやご家族が、新人幸田さんを見て「若くて、本当にめんこいねー」
「かわいい子が来てくれて嬉しい」と露骨に私と比較しているのが、とても正直で面白く、めっちゃ嬉しいです。

「新人なのに大丈夫か?」「新人はイヤ」など”新人”というだけで
拒絶されたら何も言えないですよね

b0191221_21250762.jpg
幸田さんは、新人かもしれませんが
指導者や先輩歯科衛生士も常に一緒の現場にいます。
私たち北32条歯科クリニックは歯科医師1人に対して2人~3人の歯科衛生士とチームとなって動いています。

複数の目で見ること、複数の耳で聞くことの大切さを歯科医師、歯科衛生士で常々共有しています。
患者さんのお身体を預かる医療の現場にミスはあってはならないこと。
これは、新人もベテランも関係ありません。

8月が終わりました。
朝晩の涼しさ(寒さ)はすっかり秋です。
4月に入った新人幸田さんも独り立ちしはじめています。
担当する患者さんも徐々に増え、優先順位を立てられるようになり
焦らない、周りの感情に巻き込まれない、自分をコントロールする力がついてきました。

大事なことは全部、患者さんから教わっています。
有難うございます。


☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2018-09-01 09:52 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)

訪問歯科衛生士④

b0191221_09525977.jpg
札幌市北区の歯医者さん北32条歯科クリニックのブログにご訪問頂き有難うございます。
当院の診療時間は毎日朝9時から夜6時まで。昼休みは午後1時から2時までです。
外来診療も訪問診療も基本予約制で患者さんを”待たせない”をモットーに時間通りにご案内するよう心がけております。
時間の尊重は当たり前!お約束したからには守る!これが本来の予約制ですっ。


こんにちは
北32条歯科クリニックの訪問歯科衛生士工藤です

我が国日本は少子高齢社会に突入しております。
特に団塊の世代と言われる(1947~1947年生まれ)が後期高齢者に突入する2025年は
「2025年問題」とも言われ、医療・年金・福祉に関する社会保障費や介護の担い手不足などの課題が目の前に迫っています。

健康寿命を延伸することが医療費抑制につながる!とのことから各地域で介護予防教室などの取り組みが行われていますね。

そんな中
訪問歯科診療の受診申し込みでここ最近増えてきたのが『インプラント』

若い現役の頃、インプラントを埋入され
定期的にメインテナンスに通院していたが・・・

加齢やお身体の状況、認知機能の低下によって
自分でしっかりケアすることが出来なくなっている。

施設への入所や寝たきりの状態にあって、今までメインテナンスしてもらっていた歯医者さんには通えない。

介護する側が、インプラント知識がなく、インプラントの清掃が困難。
「え、インプラントって何ですか?」by介護者さん

入れ歯のように取り外しが出来ない。
「え、これ外せないんですか?」by介護者さん

・インプラントの清掃ができない(わからない)
・インプラント周囲炎
・上部構造の脱落
・インプラント体の破損
などなど
訪問歯科診療の現場では、インプラントの口腔ケアが出来ておらず、インプラント周囲炎を起こしている高齢者も多くいらっしゃいます。

※写真と本症例は関係ありません
先日、当院に訪問診療の受診申し込みがあった患者さん
「歯ぐきが腫れた」と連絡頂きましたが
お口の中を拝見すると、インプラントが埋入されており、その周りに歯肉が真っ赤にブヨブヨっと腫れています。

患者さんは、脳血管障害の後遺症のため今までの歯医者さんへの通院ができなくなっていたようです。

本人とご家族の了承のもと
インプラントを埋入した歯科医院さんをご紹介頂き
担当歯科医師や担当歯科衛生士からの情報提供で
いつ頃、どこに、どんなインプラントが埋入されているか
セルフケアのご様子、メインテナンス時の注意事項など情報交換できる機会を頂きました。

当院に直接来て頂き
とても丁寧な情報提供、有難うございましたm(__)m
もちろん、ケアマネージャーさんにも報告しています。

「歯科歯科連携」です

訪問診療におけるインプラントのメインテナンスは単純な口腔清掃だけではなく
患者さんのお身体の機能や状態に合わせて、噛み合わせのバランスを調整したり
食べれているかな?飲み込めているかな?粘膜に傷つけていないかな?
QOLの向上に目を向けた生活の支援です。


~治療×ケアの支援体制を構築すること~
インプラントを埋入した患者さんを最期までケアしている歯科医院さんも多くいらっしゃいます。

地方へ転居や入所などで継続したケアが困難になる時は
歯科と歯科の横の繋がりで対応していけるといいなーと思います。

今回の歯科衛生士連携、とても勉強になりました。

診療室だけで完結ではなく、患者さんが暮らす生活の場へ
訪問歯科衛生士として、他院の医療従事者との連携、信頼関係の構築ってのも大きな課題となりそうです。


☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2018-08-28 10:47 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(2)

訪問歯科衛生士③

b0191221_21212058.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問いただき有難うございます。
当院には、働くママ歯科衛生士が多く在籍しています。
就学前の子どもがいるママ歯科衛生士
小学生の子どもがいるママ歯科衛生士
中学生の子どもがいるママ歯科衛生士
子育て中の疲れや、生活感を感じさせない、いつも若々しくおしゃれです。
働きながら送り迎えや、学校や園の行事参加、塾や部活のサポート、ママ友付き合い・・
ママライフと歯科衛生士を両立して「働いている」を理由にしないやり切る姿勢がみんな素敵です✨



こんにちは
北32条歯科クリニックの訪問歯科衛生士工藤です。

当院の歯科衛生士は常勤・パートと働き方はいろいろです。
現在7名の歯科衛生士が勤務していますが
出勤する曜日によって「外来診療」を担当するか「訪問診療」を担当するか決まっています。

スタッフ全員が訪問診療を経験し、対応できることが強みです!

北32条歯科クリニックは基本的に土曜日は隔週のみ診療
日曜、祭日はお休みで夜間診療はなし。←ここポイント


訪問診療チームが、一日の訪問件数も限られているので
残業も少ない傾向にあります。

土日診療、年中無休、夜間診療のある診療所勤務の歯科衛生士さんと比べると
勤務時間や環境も調整しやすいと言えますね。

当院のスタッフも
週2~3日だけ働いたり、午前中だけ、16時まで、17時までなど
パート的な時間スケジュールで働く人もいます。

結婚、妊娠、出産、育児、介護、スキルアップなど特に女性は生涯を通してライフステージが様々です

歯科では、在宅医療の推進や地域包括ケアシステムの動きから
訪問歯科診療をはじめる歯科医院が、めっちゃ増えてきましたねー。
なので、訪問歯科衛生士さんはある意味、売り手市場という感じがします。
自分のスタイルに合わせて仕事ができる時代を大いに活用してほしいですね^^

歯科衛生士さんが、訪問診療の業務を通して自分自身のやりがいや価値づけができ
それを支持して下さる患者さんや、地域の多職種が増えれば自信がついてきて
”地域の歯科衛生士”という使命が自然と受け入れられるようになります。


ブランクがあっても、歯科衛生士の資格を持って再認識、再確認できる環境や体験のお手伝いをすること、
歯科医院のブランディングの要「歯科衛生士の育成」に命かけずして、どこにかけると言うのでしょうか

たくさんの訪問歯科衛生士さんが
地域に頼りにされ、患者さんに喜ばれますように^^

☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2018-08-24 10:03 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)

訪問歯科衛生士②

b0191221_22192866.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は、地下鉄南北線「北34条駅」3番出口、4番出口どちらからでも目の前、徒歩1分以内です。
3番出口だとエレベーターがありますので、階段の上り下りがなく便利で楽ですよ🚄。
ファミリーマートさんの向かいのテナントビルの2階に当院があります。
お車でいらっしゃる方には、患者さん専用駐車場もございます🚙。



こんにちは
北32条歯科クリニックの訪問歯科衛生士工藤です

まだ私が若かった頃・・
「40過ぎたら健康の話ししかしないから!」という先輩の言葉が印象に残っていますが
お盆休みの帰省で会う友人との会話はマジで健康の話ししかしていません(笑)
#結局やっぱり最後は健康 

ーーーーーーーーーー
さて、前回のブログに引き続き「訪問歯科衛生士②」です。

訪問診療が必要な患者さんは”高齢者”と思われがちですが
実際に、診療をおこなっているのは小児から高齢者までと年齢の幅は広く
「通院が困難なすべての人」となります。

年齢だけでなく、病気の症状、合併症、後遺症の有無
家庭環境(自宅・施設・グループホーム・高齢者住宅・ケアハウス・病院など)も様々です。

訪問歯科衛生士って
知識やスキルのアップデートをし続けること、
各専門分野スタッフとの連携、医療保険だけでなく介護保険制度に精通していることも求められるので

「訪問診療って大変そう~💦
「訪問歯科衛生士には向いていないw」と感じる歯科衛生士さんもいるかもしれません。

もちろん簡単ではありませんが

患者さんの病気や症状の進行
家族や介護者の理解度
お口の機能と栄養摂取状況から
必要に応じた専門的知識も身に付き、自分のレベルや成長を実感しやすいのも訪問歯科衛生士の仕事の特徴と言えるかもしれません。

歯科衛生士さんは
コミュニケーション能力が高く、人と接することが好きな人が多いです
健康で体力があり、臨機応変で常に成長しようと考えている人は訪問歯科衛生士に向いていると思います


家族や介護者への口腔内の状態の説明や申し送りは的確にわかりやすく!

☆口腔ケアの方法
どの歯を、何を使って、どのように磨くのか
歯肉などの粘膜ケア
舌のケア

☆歯肉から出血する場合
どうして出血するのか、どのように対処するのか、改善するとどうなるか
歯周病の進行と予防について

☆入れ歯(義歯)を使っている場合
着脱の方法、入れ歯の適合性、お手入れ方法、入れ歯の役割

☆栄養の摂取状況
経口摂取、食形態、経管栄養

☆お口の中の乾燥の有無と保湿ケア方法


常に患者さんとその家族に安心してもらうことを考える
「寝たきりの状態なのに、口腔ケアして大丈夫なのだろうか」
「誤嚥性肺炎が怖い」
という歯科に対する家族の不安はつきものです。

そんな不安や心配事を軽減してもらうためには
担当歯科衛生士がいつでもフォローできる体制や信頼関係の構築が大事

患者さんや家族は私たちをよく見ています。
信頼できるかどうか、発する言葉や態度も見逃しません。
「何か心配なことがあったらいつでも電話を」その安心感が家族との良い関係を生み出してくれますように・・

誠実に一生懸命、ただ患者さんと向き合っていきたい。


☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2018-08-18 08:18 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)

訪問歯科衛生士①

b0191221_20083448.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
訪問歯科衛生士という仕事は、診療室勤務では得られないやりがいと楽しさがあります。
当院は月曜から金曜の毎日訪問診療をおこなっております。
申込みは、患者さん本人からではなく、ご家族やケアマネージャーさんからのご依頼やご相談が多いです。
電話での問い合わせ&申し込みは(011)756-0995までお気軽にご連絡下さいm(__)m



こんにちは
北32条歯科クリニックの訪問歯科衛生士工藤です。

お盆の為休診させて頂いておりましたが
本日(8/16)から通常診療でーす☆
何だか、雨ばっかりでしたが皆さまお墓参りや、帰省も大丈夫でしたか?

b0191221_22021567.jpg
休み中に見つけた、蓮の花の中でくつろいでいるカエルです。
親指姫のヒキガエルのようです(ケロケロ)

🐸ーーーー🐸

「訪問歯科衛生士」という仕事について連載してみようと思います。

少子高齢化が加速する我が国日本。
超高齢化の介護問題、医療費問題、経済問題も指摘されています。

歯科においては、
「かかりつけ強化型歯科診療所」からも実績を評価される診療報酬改定となり
訪問診療対応への整備が求められているようです。

すなわち、”訪問診療の歯科衛生士”という求人ニーズも多く、求められている仕事だと実感しております。


北32条歯科クリニックは歯科衛生士専門学校の学生さんの臨地臨床実習先として
学生指導をしておりますが、
実習に来る学生さんには、必ず”訪問診療”を経験してもらうようにしています。


「歯科衛生士になりたい」という素直な気持ちを持ってこの世界に入ってくる人なら
誰でも一度は訪問歯科衛生士を体験するべきだと私は考えています。


私が歯科衛生士の学生だった頃
学校で訪問診療や訪問歯科衛生士という仕事があることすら知りませんでした。
授業のカリキュラムにはありませんでした。

なので私は、現場で学び、多職種の皆さんに教えて頂きながらやってきました。

でも、実際訪問診療に携わると、歯科衛生士の真のやりがいは訪問歯科衛生士のフィールドでこそ得られるものだと実感しています。

診療室(病院)という場所では、患者さんにとってやっぱりどこか遠慮や気遣いがあるように思います。

訪問診療の現場は自宅です。

患者さんにとって住み慣れた自宅は、家族も一緒にいて自然体でリラックスできる場です。

気が楽でいられる分、わがままや喜怒哀楽のストレートさも出てくることもあります。
それぞれのご病気、病状、生活状況、家庭の事情、性格やキャラクター、介護力、家族の不安や考えなど
十人十色、十人十介護です。


患者さん個人に寄り添った本来のケアをチームで考え、達成感に喜び、家族の不安に触れ
患者さんの残された時間をどのようにサポートできるか改めて考えることを学びました。

今後ますます必要とされる分野ですが、いまだ少ない訪問歯科衛生士。
確かな専門知識や技術とともに「心」を届ける訪問診療を新しい歯科衛生士のキャリアとして本ブログで投稿してみようと思います。


☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2018-08-16 21:00 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)