人気ブログランキング | 話題のタグを見る

札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

診療補助をおこなうスタッフも全員が歯科衛生士で有資格者です✨

診療補助をおこなうスタッフも全員が歯科衛生士で有資格者です✨_b0191221_08405978.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
むし歯予防には、定期健診が欠かせません。
『悪くなってから治療』『痛くなったら、歯医者さんに行かなくちゃ』を繰り返していては
治療のたびに歯は削られ、どんどん小さくなってしまい歯の寿命を短くするばかりです。
歯は一度失ってしまったら、残念ながら再生して元に戻ることはありません。
むし歯は早期発見が大事です。定期的な検診でむし歯は予防できます!一緒に頑張りましょう~


こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。
当院では、予防をベースにした歯科医療を啓蒙し12年間積み重ねてきました。

歯科医師の診療補助をおこなうスタッフも全員が”歯科衛生士”で有資格者です。
※北32条歯科クリニックには”歯科助手”という職種は在籍しておりません。

歯科衛生士は、
担当する患者さんの治療履歴、要注意箇所(リスク部位)のチェック、主治医の治療方針、
むし歯の感染度合い、詰め物や被せ物の把握、そして・・患者さんのキャラクター。
歯科衛生士だからできる!予防のプロの視点で治療開始時期からじっくり関わっています。

なので・・
歯の治療が終わったあとの、むし歯の再発や二次的なむし歯の予防のためのパーソナルなケアは歯科衛生士にお任せください


患者さんそれぞれのリスクにあわせて半年に1回、3ヵ月に1回の定期健診(クリーニング)をご提案しております。

「予防のためのケア」は、外来も訪問診療も同じです。
全ての患者さんに”予防”の大切さをお話ししています^^
診療補助をおこなうスタッフも全員が歯科衛生士で有資格者です✨_b0191221_15261559.jpg
ーーーー

本日は、むし歯の予防について。

むし歯は、口の中の”むし歯菌”が食べ物の糖を取り込み酸を作り、この酸によって歯の表面を溶かします。

①お口の中の”むし歯菌”が増えやすい環境や場所←歯みがきの磨き残しやすい部位
②糖の量←食事やおやつ、甘い飲み物の回数に注意
③毎日の歯みがきや歯科医院でのケア(クリーニング)←”むし歯菌”を除去

108.png108.png108.png

むし歯になりやすいお口の環境とは?

むし歯の治療をするということ(したことがあるということ)は、
既にお口に”むし歯菌”が存在していて、甘いものや間食が多い食習慣、
歯みがきの磨き残しの多い清掃状態といった、むし歯になりやすい環境と言えます。

このむし歯になりやすい環境や場所を、定期健診のたびに歯科衛生士はチェックして徹底的にクリーニングしております。
要注意箇所は、担当歯科医師もむし歯の進行がないか気を付けて診ておりますよー👀✨

お金をかけて一度むし歯を治しても、
むし歯になりやすいお口の環境・生活習慣のままだと
歯とかぶせ物などとの隙間や段差から「二次的なむし歯」が発生してしまう場合もあります。

以前治療した、詰め物・かぶせ物・歯科材料の劣化による隙間
自分がむし歯になりやすいお口の環境なのか?

予防や早期治療でできる限り歯を削る量を減らすことが天然の歯を長持ちさせるポイントです✨



私たち歯科医療従事者(歯科医師・歯科衛生士)は、患者さんからも
「あらー、歯がキレイね」と言って頂くことが多いです。

甘いものの食べますし、ジュースだって飲みますよー。
しかし、予防のスペシャリストとして歯みがきでしっかり”むし歯菌”を除去できているからでしょう!!
むし歯って予防できるんです!!

自分の歯や歯並びにあった正しい歯みがきの仕方や注意点を一緒に共有し、メンテナンスしています。
「歯」は大事にした方がいいですよー

★★合わせて読みたい関連記事★★




北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com

トラックバックURL : https://kita32.exblog.jp/tb/31009760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2022-02-22 22:22 | 日記 | Trackback | Comments(0)