人気ブログランキング | 話題のタグを見る

札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

訪問歯科衛生士・新人歯科衛生士の指導と教育

訪問歯科衛生士・新人歯科衛生士の指導と教育_b0191221_09463585.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
今年4月に入職した当院の新人歯科衛生士・田中も辞めずに(笑)働いていますよ。
当院は毎日訪問診療をしておりますが、”ベテランだから訪問担当”ではなく、新人も訪問診療を担当します。
北32条歯科クリニックには7名の歯科衛生士がおりますが、レギュラー・パートスタイル関係なく全員が訪問診療に関わります。


こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

12月12日(日)北海道歯科衛生士会札幌支部の研修会
「訪問歯科診療の実際・訪問歯科診療と多職種連携・情報収集の注意点」をテーマに

札幌麻生脳神経外科病院の言語聴覚士・源間隆雄先生と一緒に
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤由加里が講師としてお話させて頂きました。
訪問歯科衛生士・新人歯科衛生士の指導と教育_b0191221_10442456.jpg
年末の忙しい週末にもかかわらず、たくさんの受講ありがとうございました。
対面とオンラインのハイブリッド形式でしたが、受講生のみなさんご参加ありがとうございます。

ーーーーー

研修会では質問もたくさん頂戴しました。
その中で、新人歯科衛生士の訪問診療への研修内容など教えてほしいという質問がありました。

会場では、指導者(歯科医師・歯科衛生士)と一緒に訪問現場に行き、とにかく一緒にやってみるしかないかも・・
なんてフワッとした回答をしてしまいましたが

追加の回答です

当院にも新人歯科衛生士が入職しました
訪問診療も担当しておりますが
最初は、まず”要介護高齢者”を知りません。見たこともありませんでした。

自分の親世代は、40代から50代でもちろんお元気

その親世代(じいちゃん・ばあちゃん)もお元気で働いていたりするような世代です。

例えば、我々は在宅に伺って洗面所のコップと歯ブラシをお借りしますが
使い終わって戻すとき、どこにコップが置いてあったか、どこに歯ブラシが置いてあったか
勝手に違う位置に整理・整頓してはいけないんです。

理由は、身体の機能で届かない、お身体に麻痺があるためこの位置じゃなきゃ使えない
などの配慮や想像力も必要です

どうして
なぜ

を、いちいち指導しなければ、新人歯科衛生士が「良かれと思って」したことが
とっても迷惑なことになりかねません。

患者さん(利用者さん)の暮らしを邪魔してはいけません。

ーーーーーーーー
当院の新人歯科衛生士・田中も失敗を経験しています。

先輩に確認したり報告してくれれば未然に防げることも多いのですが
「たぶん、これでいい」
「これでいいと思った」
と、自分のこころの中で解決してしまうクセをやめること。

多職種との連絡や報告はまだまだ先輩たちに任せていますが、
そろそろ自主的に連携を強化する成長の時期がきたと思っております。

後は、
介護保険施設・病院などの事業所にも”新人”であることを伝えています。

関わる多職種の皆さんが、先輩です。
一緒に田中の成長を見守って、育ててくれています。

本当にありがたいことです。


訪問歯科衛生士さんは、歯科衛生士単独の訪問があるので
正解も分からず、孤独と戦っている歯科衛生士さんも多くいると思います。

今回の研修会をきっかけに、同業種の輪がひろがり
競合相手ではなく、「業界を良くしていこう!」「訪問歯科衛生士を盛り上げよう!」という仲間が増えていくことを願っています。

北海道歯科衛生士会札幌支部様
今回はこのような機会を頂戴しありがとうございました。
また呼んで頂けるよう歯科衛生士をもっともっともっと頑張ります!
源間先生の講義も大変勉強になりました。
楽しかったです。

★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com

by kita-32 | 2021-12-13 11:27 | マネジメント | Trackback | Comments(0)