人気ブログランキング |

札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

学生さん、幸田さんに憧れたんだってよww

b0191221_14593666.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院では、歯科衛生士専門学校の学生さんの臨地臨床実習を受け入れております。
現在歯科衛生士になるためには、専門の学校に通い3年制となっております。
1年生、2年生、3年生それぞれ専門的な講義が増え
臨床実習で少しでも多くの事を実践し学びが深められるようなカリキュラムとなっております。

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

患者さんにおかれましては
当院における学生指導、教育へのご協力、ご理解いつも有難うございます。
あたたかい仏の心で見守って下さる患者さん、ご家族、多職種の皆さまに感謝申し上げます。

さて、先日歯科衛生士専門学校に通う1年生の見学実習がありました。

今年3月に高校を卒業して
4月に専門学校に入学
履修科目の多さにびっくりし、ほぼ毎日学内での勉強です。
臨床実習と言っても見学実習。
2年生や3年生の実習とは違い、歯科医院見学や歯科衛生士が働いているところを見る程度です。

見学実習に来ていたSさん。
緊張しすぎで、顔ガッチガチ。
患者さんへのご挨拶「こんにちは」「お大事にどうぞ」も聞こえないくらい小っさい声w

患者さんとのコミュニケーションを通して、情報収集をおこないますが
何を話して良いかわからず不安や苦手になってしまう学生さんも多くいます。

じつは、(こー見えても)私も学生や新人の頃は苦手でしたので
学生さんの気持ちはよくわかります。

・患者さんに興味を持って接する
・上手く話そうと意識しすぎない
・会話のきっかけは患者さんの環境から探す
・緊張は患者さんに伝わる
・まずは笑顔

同世代の友だちや家族と話すことはできても
年の離れた高齢の患者さん、小児の患者さん、患者さんの保護者や介護者
接し方がわからない!!!パニック!!・・です笑

ましてや実習先です。
先輩歯科衛生士や、歯科医師が見ていると思うと
「監視」されているようで、ますます頭真っ白で緊張感増し増し。

私たちは学生さんが、最初から完璧に出来るなんて思っていません
いつでも助け舟を出してあげる準備はできていますよ。

コミュニケーションのスキルは
実習の回数を重ねていくうちに慣れていくもの。そして乗り越えていくもの。
b0191221_15375757.jpg
見学実習を終えたSさんから、感想文をいただきました。

初めての臨床実習で、実際に働いている衛生士さんの動きや、話し方、
どんな時にどんな声かけをしているのか見学して、とても勉強になりました。
器具の名前も、何の治療なのかすらも知らない緊張しまくりの私に
衛生士の皆さんが優しくていねいに1から教えて下さったので、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
とくに実習帳の書き方を毎日、忙しい中時間を見つけて教えて下さった幸田さん・・
私が患者ではなく、実習生の立場で働く衛生士さんを見て憧れの存在になりました。
衛生士さんってかっこいいな~とこの実習で感じました。


ーーーーーー

とくに幸田さん・・。

ん?
どゆことーーーーっ!!


工藤さんでも、室さんでも、青木さんでも、長田さんでもなく
とくに幸田さん・・。とくにって。
b0191221_15540360.jpg
幸田さん、こけし見てるしーーーっ
つか、患者さんちで、こけしに見とれてるしーーーーっ!!www

物事を恐れない強靭なメンタル
先輩歯科衛生士に気後れしない精神

必要なときに自分を大きく見せることができる「度胸」の持ち主w

まさに、しれっとした態度と自信ありげな態度は
無鉄砲と肝が据わっているの紙一重。

ほんと、指導者の顔が見たい(笑)



★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com








トラックバックURL : https://kita32.exblog.jp/tb/29660797
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2019-09-28 16:22 | 日記 | Trackback | Comments(0)