人気ブログランキング | 話題のタグを見る

札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

がん治療は常に決断を迫られ「命がけの選択」ばかりです

がん治療は常に決断を迫られ「命がけの選択」ばかりです_b0191221_21120848.jpg
幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
簡単にそして適格にリスク部位をケアするアイテム”プラウト”と”フロアフロス”
しっかり丁寧に磨いたつもりでも残ってしまう場所、それがリスク部位です。
狭い隙間や、歯と歯の間、歯肉を傷つけることなく歯周ポケットの中まで汚れを取り除く
むし歯や歯周病の予防にはおススメのアイテムです。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です

堀ちえみさんの舌がんのニュースには驚きました
カラオケでは堀ちえみさんの「リボン」を歌う工藤ですw

北32条歯科クリニックは一般診療を掲げた歯科医院です

定期健診の際、むし歯のチェック・歯周病の検査とチェック・入れ歯の適合性の確認を必ずおこないますが
舌や頬っぺたの裏側、歯肉などの粘膜も診ております。

エックス線などの画像診査、舌や口腔粘膜に変化や異常が見られたときは
口腔外科など専門医に紹介して検査をしてもらうこともあります。

先週は、通院している多くの患者さんから舌ガンかどうか診てほしいと言われました

何ともなければホッとして安心します
特に、ガン治療は早期発見、早期治療が望ましいので
自分ではなかなか見えづらいお口の中は、歯科医院で丁寧に診察してもらいたいと思うのは当然ですね


ーーーーーーーー

本日、定期健診にいらっしゃった患者さんMさん

初診は1年前、
体のある部分のガン治療のため術前にお口の中の炎症リスク部位の確認とメインテナンスを希望されて来院されました。

今すぐ治療が必要なむし歯はありませんでした。
親知らずが出てきて、歯ブラシを上手に当てるのがむずかしくむし歯になりそうな気配はありました。

入院中、親知らずが痛くなったらどうしよう・・

歯周病のリスクを確認する歯ぐきの検査では
部分的な歯肉炎がありましたが(歯周ポケットからの出血、歯肉の発赤)
歯を支える骨(歯槽骨)の吸収はなく、歯周炎にはなっておりません。


がんの手術を控えていて
化学療法も始まります
心のエネルギーが減弱して、精神的ショックは計り知れないものです
その中、命がけの治療がはじまります。


家族や身内のサポートの心強さ
命と向き合う恐怖
がん治療は常に決断を迫られ後戻りできない「命がけの選択」ばかり


私たち”歯科”はがんの治療に直接かかわることはほとんどありませんが
入院中の歯や歯ぐきケアの方法や
抗がん剤治療の副作用を考慮して、炎症やリスクのコントロール
術後の口腔粘膜の異変へのケア

担当する患者さんへの情報提供をしながら
手術の無事を祈り、生きるを信じ、また元気に通院してくれる日を心待ちにすることしかできません。

今日、久しぶりに定期健診で元気そうなMさんに会いました

顔色もずいぶん良く、また元気でかわいらしい笑顔が見られて
本当に良かったーーーーっと心から思いました。

ウィッグも素敵で、ボブが似合っています
ふふふ

「ウィッグの中の髪は少年くらい伸びてきましたー、今朝寝グセになってたのが嬉しかった」と話すMさんがめんこい

今日はMさんと、うなずきあい、ともに涙して笑いました

体調も良さそうです♪
今後の経過観察と薬物治療、家事や生活との両立に対する不安は尽きません

患者さんのご病気や状態に寄り添い
歯や歯ぐきなどの歯科疾患のケアだけではなく
微力ながら心のサポートのお手伝いができれば・・と深く考えた一日になりました。

Mさん、退院おめでとう
待ってたよーー
おかえりなさい(くどう)

☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/














by kita-32 | 2019-02-25 22:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)