札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

食べるを支える口腔ケア

b0191221_22554153.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます
当院では、毎日訪問診療をしております。
訪問診療がきっかけで多くの多職種との繋がりができ、楽しいご縁を頂いております。
それぞれの専門家の話や知識はとても勉強になり、一人の利用者さんを拝見する際、視点や気付きがとても参考になります。



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です

11月22日(木)
栄養士専門研修があり、「咀嚼を支える口腔ケア」というタイトルでちょっぴりお話しさせて頂きました。

私たちが訪問診療で伺う介護保険施設等には
栄養士さんや管理栄養士さんがいらっしゃいます。

歯と栄養はとても大切で密接なつながりのある関係なのですが
歯科と栄養士さんの連携はまだまだこれからですっ!

受講して下さった管理栄養士さん(某市の介護保険施設勤務)からの質問で
協力歯科医が新しい入れ歯を作る処置をしてくれているのですが
歯科的問題(歯科疾患)に関われない
古い入れ歯と新しい入れ歯の評価に関われない
咀嚼運動がどうなっているか歯科の意見を聞いてみたい
と、ありました。

これは直訳すると、歯医者の治療と患者さんの口腔機能と食形態がリンクしていないのでは?という厳しい意見です
これは、私たち歯科も耳が痛い

そうなんです!
歯や入れ歯があっても、お口の機能(舌や唇のパワー)が低下して、咀嚼運動が出来ていない高齢者もいます

嚥下機能(飲み込む力)に著しい問題は無くても
奥歯のかみ合わせが無かったり、咀嚼運動(すりつぶす力、舌で押しつぶす力、唾液と混ぜて飲み込みやすい形に整える力)の協調が出来ていないと、いわゆる”ペースト食”や”ミキサー食”などと呼ばれる食事の形態になっています
b0191221_22440906.jpg
これは、噛む力や、お口の機能低下はあるものの
安全に適切な栄養を口から摂取するための食事なのです

見た目は、健康に食べられる私たち視点では「?」と思うかもしれませんが
味は美味しいんですよ~

私たち”歯科”はもっと患者さんの食や口腔のどこに何の問題があるのか
多職種へ情報提供できるスキルを身につけなければならないぞ!と感じました

患者さんを医療や生活の面から支えるというのは
一つの職種だけでは、どーにもならなくて
たくさんの職種がそれぞれ専門分野の力を出し合って、協働して創り上げていくもの

多職種からの「食事の困った」「入れ歯だっておいしく食べる」に答えられる歯科でありたいものです

★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/




トラックバックURL : https://kita32.exblog.jp/tb/28905821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2018-11-26 23:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)