札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
通知を受け取る

食を守り、維持する訪問歯科診療!

b0191221_18415192.jpg
札幌市北区の訪問歯科「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
カラオケや歌に健康効果があるってご存知ですか?!
表情豊かに、口を大きく動かして歌を歌うことは、口の機能を維持するための筋肉を鍛えられ
リズムを取って手拍子や身体を動かすことは脳への刺激も大きいとされています♬



こんにちは
北32条歯科クリニックの工藤です

娘時代から歌が好きなセツさん(仮名)
なんと9人姉妹!!
「テレサ・テンの曲が大好きだったんですよ~」と末の妹さんが教えてくれました


今日は、セツさんの入れ歯の修理調整後、お口の中もキレイに口腔ケアしましたので
私たち歯科衛生士から『時の流れに身をまかせ』『つぐない』フルコーラスで歌のサービスです♪

※ウチの院長は『空港』が好きだそうですw


介護保険施設へ入所してまだ間もないのですが
ずーーーっと外していた古い入れ歯を修理改造して、使える様になり
食事の量が徐々に増えてきて、口からの栄養が適切に摂れるようになると
体力が見る見る回復してきたセツさん

修理改造した入れ歯を入れられるようになり
入れ歯が、口を動かす筋肉の訓練用装具にもなっています

※入れ歯を入れる習慣の大切さを多職種で共有することで
口の周りの筋肉がついてくると
食べ物をとらえる口がしっかりしてくる、意識が覚醒してくる患者さんもいます



セツさん、今日は覚醒状態もとっても良く
私たちの歌に合わせて、手拍子と自分も一緒に口ずさむような場面もありました^^

実際私たちも、好きな歌や懐かしい歌を聞いたり、歌うことで
その当時の記憶や感情がよみがえることってありますよね~

つか、テレサ・テンまじ名曲!←安定の昭和歌謡世代www

ーーーーーーーーー

北32条歯科クリニックは訪問診療をしております
訪問診療の患者さんの中にも多くの義歯装着者(部分入れ歯や総入れ歯)がいらっしゃいます

入れ歯(義歯)治療は、難しいものです

「お口を開けて下さーい」「カチカチ噛んで下さーい」などの指示が入らず
どの位置で噛んでいて、どこに麻痺があって、普段のお食事の形態はどのようなものを召し上がっているのか・・

さまざまな工夫をしなければならない場合があります

入れ歯を作る
入れ歯を修理する
入れ歯を調整する
入れ歯の内面の裏打ちをする

単純に入れ歯の治療だけをするのではなく
患者さんのお口の健全さを維持し
見た目や心理的な社会性を回復させ
適切な栄養摂取を保つことが、要介護状態の悪化を防ぐことや回復につながり
健康寿命の延伸に大きく関わることが認知されてきたことで
私たち訪問歯科の責任は大きいのだといつも感じています

「食べられる口にする」ことが訪問診療の歯科医師・歯科衛生士の大切な仕事です!

話すこと
歌うこと
表情をつくること
食べること
呼吸をすること
小さなお口ですが、口は一生を通して「生きる入口」ですね~♪


次は森昌子の『越冬つばめ』を覚えます<(`^´)>
ヒュールリーヒュールリーララーおんぷ


★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/





トラックバックURL : https://kita32.exblog.jp/tb/28317826
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2018-05-17 20:06 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)