札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る

北32条歯科クリニックのCAD/CAM冠情報をまとめてみました

b0191221_14254393.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
歯科衛生士も患者さんも正しい医療知識を身につけよう。
今回は、先進医療として区分されている保険がきく白い冠について、過去のブログを参照しながらまとめサイト風にまとめてみました。




こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です
当院ではCAD/CAM冠の取り扱いをしております

以前のブログにも投稿したことがありますが
小臼歯(前から数えて4番目、5番目になる小さい奥歯)にCAD/CAM冠が保険適応されて4年が経ちました


過去のブログ↓



その後2016年4月には金属アレルギーの人への大臼歯(6番目、7番目)にも適応されました

過去のブログ↓



そして、2018年

時代や技術がどんどん進み
高強度のハイブリッド型レジンブロックが開発され、2017年12月からは
下の第1大臼歯(前から数えて6番目になる大きな奥歯)にも適応されることになりました。
※上の6番はできません(T_T)
b0191221_14551904.png
株式会社ジーシーのセラスマート300
当院の連携歯科技工所(株式会社プライムデンタル)で使用しているハイブリッドレジンブロックです


ハイブリッドレジンブロックで歯を作るってどーゆーこと?

過去のブログ↓




保険で銀歯を白い冠にかえられるようになり、患者さんにも多くのメリットがもたらされたのではないでしょうかー
当院も多くの患者さんからお問合せがあります

今回下顎の6番のみ、保険適応になりましたが
金属でできた冠と違い、口の中で割れる壊れるなどの安全性を考え
第2大臼歯(前から数えて7番目の大きな奥歯)でしっかり噛んでいる場合に限るという条件付きです

ご注意下さいm(__)m


最近では
銀歯で歯質や歯ぐきの色の変色、強い咬合力(噛む力)による歯根の破折
審美的なデメリット、貴金属材料の高騰、金属アレルギーなどの問題点も指摘されています

金属代替え材料の技術革新はめっちゃスピードアップしており、
新しい技術や横文字の名前についていくので精いっぱいです(;´∀`)


保険適応外の材質も加えると、マテリアルチョイスができるような知識をしっかり学ばなければ
患者さんに対して安心、安全な信頼できる先進的な歯科医療を提供できる歯科医院から
時代遅れの歯科医院(時代遅れの歯科衛生士)と思われてしまいます。

ガビーン( ;∀;)

今後さらに高強度、高い審美性のハイスペックな材料が出来てくるのでしょうねー


CAD/CAM冠は保険でできる白い冠です

すべての患者さんの歯の状態、症例に適するものではありません
※4番目、5番目、下の6番(7番があること)のみ←ややこしいですよね

むし歯の進行具合、歯周病による歯肉の炎症の有無
神経が残っている歯なのか?神経がなく根の治療済みの歯なのか?
1本だけではなく、噛み合わせや1口腔単位で診査診断が必要になります。

担当する歯科医師にご相談下さい

経年経過で摩耗、咬耗などのすり減り、お茶やタバコなどによる着色
プラスチックの特性でもある変色で透明感や光沢性が失われてくることも予想されますので

十分に患者さんに説明してご理解頂くことが大事ですね・・


★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/




トラックバックURL : https://kita32.exblog.jp/tb/28237010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2018-04-09 09:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)