札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
通知を受け取る

健康寿命が延びる!「お口の健康」

b0191221_11164412.jpg
札幌市北区北32条にある歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
先日、北区介護予防センター新道南さまからのご依頼で”すこやか倶楽部”の健口教室に行って参りました。

すこやか倶楽部
札幌市では、高齢者の皆さんが住み慣れた地域で自立した生活を続けられるように、介護予防支援の拠点となる地域包括支援センターと
介護予防センターを設置しています。
「介護予防センター」では外出の機会が少ない高齢者、同じ地域にお住まいの方々と一緒に楽しいひとときを過ごし
閉じこもりや要介護状態になることを予防する「すこやか倶楽部」を実施しています。
★対象者 65歳以上の方
★内容 軽い体操やストレッチ、交流会、趣味活動、健康教室など
★実施場所 地区の快感や集会所など歩いて参加できる身近な場所
詳しくは、地域の回覧板や掲示板を見てみて下さいね♪




こんにちは
北32条歯科クリニックの介護予防担当歯科衛生士工藤です。

b0191221_11282739.jpg
今年も北32条歯科クリニックは地域の介護予防活動に取り組みます!

介護予防と「お口」の関係が重要視され、参加される皆さんの意識も年々高くなっているのを実感します。

私たち人間にとって「口」は「食べる」という生命維持に深い関わりがあること。

それは栄養を取り入れ
身体に必要なものは体内に入れ、不要な物は排除する機能があります。

そして「噛む」という行為が与える脳への刺激や唾液(ツバ)促進も見逃せません。

さらに「しゃべる」
私たちにとって最も重要なコミュニケーションツールが「口」です。

いつもお話しさせて頂いておりますが
『口は生きる入口』

生きるために栄養を取り入れ、健康や喜びに関わる機能を持っています。


ひと昔前、「歯医者?歯科?たかが口、人の生き死にに関わらない」と軽んじられていたものです。
正直、私が学生時代の頃もそー思っていました。

口の機能である「食べる」「しゃべる」「歯」を守り、活かすことが誤嚥性肺炎予防に直結すると多くの人が認識し始めました。

超高齢社会の今、歯科の役割
北32条歯科クリニックは介護保険施設、在宅訪問治療で多くの高齢の患者さんのお口を診て
そして人生の最期まで寄り添って思うことがあります。

これからの歯科医院は
肺炎予防はもちろん、健康の維持、生活の維持のための口腔ケアの大切さの啓蒙&普及
来院できない高齢患者さんへの治療で「食べる口」をつくること
地域の多職種とのネットワークを作り
診療室だけじゃない、地域で活躍できる歯科医院になっていくのだと思います。

自宅でできる「口腔ケア」
要介護者のための「口腔ケア」
誰に相談していいか分からない介護者の皆さん、地域の歯科衛生士に声をかけて下さい^^


★★合わせて読みたい関連記事★★




☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/


トラックバックURL : https://kita32.exblog.jp/tb/28023501
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2018-01-22 09:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)