札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
通知を受け取る

医療ミス・医療事故予防 ~人間関係~

b0191221_21352214.jpg
こんにちワニ。
本日は3月11日、震災から5年が経ちました。
5年前も、私は歯医者で診療しておりました。
ものすごい揺れの大きな地震にびっくりして治療を中断したことを思い出します。
外来診療部、訪問診療部それぞれ14時46分、診療の手を止め黙とうを捧げご冥福をお祈りしました。


改めまして、北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

本日は、当院における「複数の目でみること・複数の耳で聞くこと」の大切さについて

患者さんのお身体を預かる医療の現場にミスはあってはならないことです。

歯科衛生士を長く続けていると、「ヒヤっとした・ハッとした」という冷や汗もののミスは誰でも経験していると思います。

大きな事件や事故になっていなので、お仕事を続けられておりますが
日頃から、心がけなければならないことです。

・患者さんを間違えそうになった
・治療する歯を間違えそうになった
・お薬を間違えそうになった


大きな事故を起こさない、大きなトラブルに発展しないために

常に、歯科医師・歯科衛生士は複数の目で見て、複数の耳で確認し合うことにしています。

医療事故を起こさないために
複数の人間でチェックする機能が習慣化されていなければなりません。

・忙しかった
・事前に確認する時間がなかった
・患者さんのペースに巻き込まれた

大きなミスの後、これは言い訳にもなりませんwww。


各個人の性格的なものも反映するかもしれませんが
そんな時こそ、一緒に働くスタッフのミスの起こしやすい状況をお互い把握して注意を怠らないチームワークが大切です♥


間違いやミスをゼロにすることはできません。
できる限り予防したいものです。

一人の目で2回チェックするより

他人の新たな視点、複数の目でチェックすることでミスに気付きやすいものです。


職場での人間関係がうまくいっていないと、チームで連携がとれません。

ましてや、医療現場での人間関係は直接患者さんに影響します。その多くが医療事故だと思います。


人間関係、すなわち連携がとれていれば

アポイントミスによる、患者さんの予約時間のブッキング ←私、これ多いです(いつもごめんね)

スタッフや自分の子どもの体調不良による遅刻や早退などのマンパワー不足など

人間関係が上手くいっていれば、チームで連携が取れていれば
何でも乗り越えることができますっ。


スタッフ全員が気持ちよくお仕事できるように、お互いを励まし合って、声をかけ合って
スキルアップしながら働きたいですね~(^^♪


☆関連記事☆
・キク(セイオペラ)~歯科衛生士の品格~
・「信頼」とは信じて頼りにすること



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆


診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/



トラックバックURL : https://kita32.exblog.jp/tb/25493256
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2016-03-11 21:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)