札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る

歯科の夜間救急

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

このゴールデンウィーク、お仕事の人もお休みの人もお疲れ様でした。
当院は、誠に勝手ながら5/2~5/6まで休診させて頂きました。

本日から、頭も気持ちも切り替えて(笑)
元気にがんばりまーすヽ(・∀・)ノ!

b0191221_11174681.jpg

桜満開のGWでしたね。
連休の開放感たるや凄まじい(笑)
♦♥♦―――――♦♥♦

さて連休中に、歯医者さんが休診で困った経験はありませんか?

実はわたくし
以前、某「夜間救急歯科診療所」で勤めていた経験があります。
365日年中無休 診療時間は19時から

ゴールデンウィークや
お盆、年末年始など
たくさんの患者さんで溢れかえります。

患者さんの多くは”痛い”という主訴で来院してるワケで
待合室、患者さんが多く溢れているときはピリピリした雰囲気がハンパないw

歯が痛い
だまってても痛い
詰め物が取れた
差し歯が取れた
入れ歯が割れた
歯ぐきが腫れた
顔が腫れた
インプラントが腫れた
血が止まらない
転んだ
ケンカした
酔っ払って転倒
前歯を折った
ヤケドした
アゴがはずれた
歯が抜けそう
歯がめり込んだ
・・・・


小さなお子さんから、高齢者
市内、市外問わず
外国の人
旅行中の人
サーカスの人
プロレスラー的な人w
某スポーツ選手的な人w
救急隊からの連絡


ここで学んだことは

継続的に通院する患者さんではないけれど
もしかしたら、命に関わることは無いかもしれないけど
生活習慣病の悪化、外傷、事故、熱傷などの状態にある患者さんの
あらゆる状況に対応し、迅速な判断と治療が求められたこと。

常に平常心で仕事をすること。

最初のうちは

ひとりの患者さんの治療にじっくりと関われないこと
救急処置後の患者さんの経過もわからないままで
「あたし、これでいいのかなぁ」と戸惑いを感じていたのは正直なところ。


他の診療室で働く歯科衛生士の同期たちから
担当している患者さんの話を聞いてしまうと、余計にそう感じてしまったり・・

予測不能な状態の患者さんへの即対応

担当歯科医にとっても緊張の場なので、診療補助に高いレベルを求められたり

時に、自信喪失しかけたり(笑)


今でこそ、ひとりの患者さんにじっくり関わることができる現場で
お仕事させてもらっていますが

患者さんから
「夜間救急歯科診療所」があって良かった
連休中、ホント助かった
痛みが楽になった、と言ってもらえることにやりがいを感じていました。

現場は違えど
充実感も違えど
それぞれの役割りがあることを今なら理解できますねw

今年も連休大変だったと思います。
夜間救急歯科診療の先生、衛生士さんありがとうございますm(_)m



☆北32条歯科クリニック☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/


トラックバックURL : https://kita32.exblog.jp/tb/24445701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2015-05-07 09:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)