札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る

認知症ケア

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

週末の21日(土曜日)、歯科衛生士の工藤&室で
「ケアセンター栄町」でおこなわれた
~誰でも参加できる認知症講習会~
認知症ケアーもしも身近な人が認知症になったらー

に、参加してまいりました。
地域にお住まいの皆さんも多く参加しており、
”介護施設”や”認知症の症状”への関心が伺えました。

当院が協力歯科医療機関であることから
日頃から利用者さん、職員の皆様には大変お世話になっている施設です。

♦♥♦―――――♦♥♦

さて、現在では65歳以上の7人に1人が”認知症”と診断されておりますが
今後も増え続けることが厚生労働省の発表からも明らかです。

これから、団塊の世代高齢者となるとされる2025年には5人に1人と予想されているんだとか。
私たちにとって、身近な病気の一つと言えます。

私も認知症になるかもしれないし、ならないかもしれない。

実際の介護に携わる現場の職員さんからの
ケアの仕方、関わり方、捉え方、声のかけ方など『介護のコツ』が聞けたこと

介護の専門家が多く経験しておられる、事例からの
利用者さんの心情、原因、対応の仕方が

私たちも在宅での訪問診療で関わる患者さんを想像しながら
お話を聞かせてもらえました。
b0191221_23080092.jpg
一番印象的だったのが
認知症ケアでの大切なまなざしとして
『認知症である前に一人の人間としてみる』と強くおっしゃってました。

その人が何を望んでいるか

何を訴えているのか見つけ出し「その人らしさ」を尊重する必要がある。

お一人、お一人歩んできた人生があります。
自分らしさの維持や、自己決定に支援が必要な方もいらっしゃいます。

そもそもの生きる姿から生活を思い描き、その支援を考える。

歩んできた人生や生活の「それぞれの生きてきた歴」を
最期まで、今とこれからの未来を生きるために活かすことの大切さを
改めて痛感した気がしました。


入れ歯をなくした。

入れ歯を入れたくない。

口の中を勝手に触られたくない。

歯医者なんて大嫌い。


本人が一番苦しく、本人が一番辛い
本人の努力ではどうすることもできなく

困らせよう、苦しめようなんて思っている訳じゃあない。

何を受け止め、何を協調するか。まだまだ勉強中です・・。


介護、福祉、医療、行政、地域(ご近所)の力の連携が必要だと切実に感じました。

私たちは歯科医療という小さな領域でしかありませんが

日々の患者さん、ご家族との関わりの中で
私たち”歯科”だからわかる(見える)変化や
一般の人にはわからない(見えない)専門性で
多職種と手と手をつなぎ
もっともっと認知症の状態にある患者さんの強力な支援のコンビがあちこちで組めればいいなと願っています。


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/


トラックバックURL : https://kita32.exblog.jp/tb/24164880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2015-02-23 09:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)