札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る

唾液腺マッサージの方法☆

こんにちは。

天海祐希が・・・軽度の「心筋梗塞」なんて

他人事じゃない。ちょっとショックな
北32条歯科クリニックのアラフォー歯科衛生士工藤でございます。

ストレスなどの外的要因も多い現代人ですが、
日頃の健康管理と定期的な健康診断の必要性をヒシヒシと感じております。


先日、某センパイ衛生士サンも”健康は、お金で買うのよー”と言って
何やら、身体にイイ(と、思われる)サプリメントを買って
色んなツブツブを飲んでいましたww

↑コレまた他人事じゃありません(笑)


私も含め、加齢とともに身体の変化が著しいとお嘆きの皆さま

『健康第一』で、がんばっていきましょー。


先日、訪問診療先で『唾液の出が悪い』との相談を受けました。


特に、要介護者の患者さんの中には、口腔清拭のみのケアだった時代に
●汚れと一緒に唾液が拭き取られてしまい、口腔内が乾燥する
と、いった症状が出る人もいたかもしれません。


唾液(ツバ)には、たくさんの大事な役割があることは
何度かお伝えしてまいりましたが、

積極的に唾液を分泌させるための、”唾液腺マッサージ”をご紹介します。

基本は、いつでもどこでも手軽にマッサージ♪
しっかり唾液を出しましょう~

①耳下腺刺激
耳たぶの下から、上の奥歯の辺りを、指で当てたままぐるぐる回してマッサージ

さらに、2~3秒圧迫したり、離したりします。
b0191221_11223788.jpg



②顎下腺刺激
耳の下から下の顎の先まで押し上げるような感じでマッサージ
b0191221_11272843.jpg



③舌下腺刺激
下あごの内側、舌の裏側を押し上げるような力で刺激
b0191221_11291097.jpg


※ご自分ではあごの下を親指を使って押すと、ジュワーって唾液がでてくると思います。

起床時、食前、就寝前は効果的です☆

介護現場での口腔ケアの際、
歯科衛生士として専門的なプラークコントロールは当然ですが、

患者さんのお口の機能を回復する!!!という
機能的な口腔ケアが重要な役割りになってまいりました。

唾液の分泌が多くなれば、摂食(食べること)、発語(話すこと)の機能改善にも繋がります。

歯科の立場から申し上げれば、入れ歯の安定・吸着にも役立ちますッ。

患者さんからも、マッサージは、とっても気持ちイイと思ってもらえるようです♪


要介護者じゃなくても
お口がカラカラに乾くと、食べづらい。思うように声が出ない。と言った症状を感じると思います。

出せ!出せ!唾液!!で
セルフマッサージ、ぜひ取り入れてみて下さい。


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/
トラックバックURL : https://kita32.exblog.jp/tb/20457506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2013-05-18 11:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)