人気ブログランキング | 話題のタグを見る

札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
定期健診のご案内・切手の話_b0191221_11445673.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院では、定期健診をご希望される患者さんにハガキでご案内しております。
自分宛てに届く手書きのお手紙って、なかなかいいものですよね。
手紙が届く喜びを少しでも感じて頂けるように、切手を選んだり、それぞれの患者さんを思い浮かべながら一言メッセージを添えています。
郵便局で販売されている記念切手の絵柄がとっても可愛らしく、毎月の楽しみの一つになっています。


こんにちは。

耐えられない程の暑い中、皆さまよくぞよくぞ7月末までたどり着きました。
体調は大丈夫ですか?

北32条歯科クリニックののぼせ世代w歯科衛生士・工藤です。
昭和生まれの文通に憧れる世代です(笑)

当院の新人歯科衛生士・田中さん
63円切手と84円切手の違いを知らなかった・・という衝撃の事実w

「もしかして、切手使ったことない?」
「切手を貼る正しい位置とか知ってる?」

切手の指摘だけで、老害とかパワハラとか思われちゃってる気がしますww
切手だか
収入印紙だか
ヤマトの送り状だか
レターパックだか
ちゃんと見せて説明しないとわからないかもしれませんw

1000円分の切手買って来てーと頼んだら
1000円切手を迷わず買って来てしまうかもw

今の時代は、あまり手紙を書かなくなったから
記念切手とか、切手収集とか若者は関心ないのかなぁー

切手アルバム!懐かしーーー

ーーーーーー
さて、「8020運動」ってご存知ですか?

80歳になっても20本以上自分の歯を保とう!という運動です。
20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。
※何でも食べられる咀嚼力の維持

そのため。「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動が始まりました。


札幌市では「8020」の達成者が5割を超えており
自分の歯が多く残っている高齢者はとっても多く、さらに健康意識も高い方ばかりです。

痛くなったら行く「歯医者」から
痛くならないように行く「歯医者」と意識も変わってきたのを実感します。

予防こそ、最大の医療費削減!

訪問診療の患者さん(要介護状態にある高齢者)も定期健診を希望される方が多く
外来、訪問診療を合わせても、当院の定期健診の受診率はめっちゃ高く
長いお付き合いをさせてもらい、ファン患者さんの多さにスタッフ一同感謝しております。

8月に定期健診を予定されている皆さま
そろそろおハガキが届きますよ~

★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com

# by kita-32 | 2021-07-31 12:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)
未来の歯医者さん、未来の歯科技工士_b0191221_22534564.jpg
いやー暑い。暑すぎる・・。夏の空が広がっています。夏本番ですねー。
皆さま熱中症対策していますか?
北海道で30℃越えは辛いです。我が家はエアコンがありませんw
今週はさらに最高気温高くなりそうです。いつまで続くのでしょうか・・
7月19日、本来は「海の日」で祝日なんだと思ってたら平日ですw
22日木曜日が「海の日」・23日金曜日が「スポーツの日」東京オリンピックで意図的に休日になってしまったようですw
いよいよ、オリンピック開会式ですね。誰が聖火最終ランナーをやるのでしょうかねー。楽しみですね。


こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

先日、北海道歯科技術専門学校の研究科に非常勤講師として講義に行ってきました。
緊急事態宣言があり。延期になり、十分な対策を取った上で対面で講義をさせてもらいました。
#歯科技工士の育成を止めるな!

以前、吉田学園医療歯科専門学校の歯科衛生士科の学生さんとも一緒に考える授業をしたのですが
今回は、歯科技工士専門学校の学生さんです。



歯科技工士の資格は取得したもの、
現状をしっかり把握・整理されていない研究科生(約10名)にこんな問をしてみました。

①未来の歯医者さんを考える
②未来の歯科技工士を考える

価値観や枠にとらわれない自由な発想で書いてもらいましたよ。

回答①未来の歯医者さん(※順不同)
・歯科医療従事者と介護福祉に従事する者も混ざり、綿密な連携をとり超高齢社会に立ち向かう
・歯科補綴物のシュミレーションがタブレットやスマホでできるようになる
・医療費削減、通院回数減を目指す連携やITの充実
・歯科が介護予防に参入
・介護業界と連携し、歯科疾患の予防が徹底される
・介護施設などに、歯科衛生士と歯科技工士も配置される
・介護施設に歯科技工所併設
・義歯(入れ歯)を必要な人が少なくなる
・小児の矯正装置が変わる
・訪問診療のみの歯科医院が増え続ける


回答②未来の歯科技工士(※順不同)
・歯科技工士のなり手が減っても、機械化が急激にすすむ
・ZOOMなどを使ったオンライン技工指示書で患者が直接アクセス
・CAD/CAMテクノロジーが進化し、歯科技工士のほとんどが在宅ワークへ
・介護知識のある歯科技工士が生き残る
・歯科技工士が医療・福祉とどんどん繋がる
・金パラ技工物が無くなる
・2025年問題、ピーク時の歯科技工士はきっと忙しい
・人手不足を補う最先端技術が普及
・歯周病やむし歯の再発予防に努める歯科技工士が注目される
・患者さんの背景やコンプレックスに対応できる歯科技工士が増える


いかがでしょうか?
2025年 高齢化の予想というものがあります(内閣府・厚生労働省試算より)
◆2200万人が後期高齢者(75歳以上)になり
◆100万人超が(入院せずに)在宅医療へ
地域の高齢者一人ひとりにマッチした歯科医療をいかに提供できるのか、学生さんと一緒に考えてみました。

#超高齢化#介護予防#多職種連携

★★合わせて読みたい関連記事★★



北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com


# by kita-32 | 2021-07-19 23:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)
特養を支える皆さんと出会えて本当によかった。_b0191221_11503186.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は毎日訪問診療をしております。
介護保険施設の一つとして、特別養護老人ホームというのがあります。
特別養護老人ホームは常時介護を必要とし、在宅での生活が困難な高齢者に対して生活全般の介護を提供する施設です。
略して「特養」とも呼ばれます。
北32条歯科クリニックは、市内にある2つの特養の協力歯科として関わらせて頂いております。


こんにちは。
北32条歯科クリニックの訪問歯科衛生士・工藤です。


私は、看取りは入所の時から始まっていると思っています。
新しく入所をする際、どうこれまで生きてきたのか
施設に入るまで、自宅での家族介護で大変だったろうなぁと本人やご家族の苦労や心細さに思いをはせ
その苦労を少しでも取り除いてあげたい。

本人には、最期までおだやかに生活してもらいたい。
本人と家族の人生の最終章をどう支えて、どう最期を迎えるのか。

ーーーーー

歯科の治療でも、口腔ケアの依頼でもない
「歯医者さんも、顔見てあげてー」と
施設職員さんから、声をかけてもらいました。

お部屋にお見舞いに行って
歯医者さんとのエピソード、あの時の愉快な話
思い出話をしてきました。

今回、声をかけてくれた施設職員さんにとっても感謝しています。
治す医療だけじゃない、利用者さんを支える(寄り添う)チームの一員として声をかけてもらえたこと
有難うございます。

特養を支える皆さんと出会えて本当によかった。。。
と、しみじみ思った一日でした。

大事な事は全て、患者さんや多職種の皆さんから教えて頂いております。
皆さんが先生です。


★★合わせて読みたい関連記事★★



北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com

# by kita-32 | 2021-07-17 12:21 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
ブログを読んだら、歯医者さんに予約をしよう♪_b0191221_19535357.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
歯の病気(むし歯や歯周病)は、予防することができる!
年をとると、高齢になると歯が抜けて入れ歯になるのは当然!なんて思っていませんか?
「大人の8割は歯周病であるのに放置している」と聞いたことがあります。
口臭や歯みがきの時の出血・・何となく気にはなっているけど、時間が無くてなかなか歯医者さんに行けていない
歯を失う原因は”年齢”ではありませんよ!
歯医者さんに行って検診してもらいたいなーと思っている「アナタ!」今が、その時期です。


こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

自分の休みの日を利用して
歯の定期健診にきました。
歯ぐきの検査(歯周ポケット測定)、歯石除去、歯面研磨(PMTC)
むし歯の有無のチェック、以前治療した詰め物のフチからの二次的なむし歯がないかチェック

当院で勤務する歯科医師も歯科衛生士も、定期健診受けてますよ~^^
セルフケアだけじゃなく、プロフェッショナルケアの両輪が大事です!

休みの日に患者さんとして予約してくることで
タオルなどの備品や、ユニフォーム、待合室の掲示物など・・
毎日同じ場所で過ごしていると気付きにくくなってしまいますが
患者さんは、治療技術だけで判断しているは限りません。

清潔さ、お掃除の行き届いた診療室、視界に入る場所の汚れなど

だらしない印象にならないように
やる気のない印象にならないように

定期的に技術も診療室も磨く努力をしていますよ^^

新人歯科衛生士・田中さんにクリーニングしてもらい技術もチェックしています。
休みだと思ったら、覆面調査員のようにやってくる・・ウザいっすねw

でも、歯周ポケットの隅々までキレイにしてもらって
スッキリ&ツルツル気持ち良きーです

田中さんのスケーラー操作、バキュームのタイミング、応用のきくポジションやフォーム
口腔粘膜に触れる優しい手、かなり良くなっています!!!


「歯科の予防の大切さ」
患者さんや地域の皆さんに啓蒙していくことが、歯科衛生士の仕事ですが
自分たちが実践して伝えていくことが大事です!

さあ!本ブログの読者の皆さま
すぐに歯医者に予約を入れましょう!

★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com

# by kita-32 | 2021-07-10 19:51 | マネジメント | Trackback | Comments(0)
期待してくれているから声を発してくれる ~患者さんの声~_b0191221_20312695.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
患者さんから、お礼のメールを頂きました。
患者数や診療報酬点数などの数字はもちろんですが、
どんな患者さんがどんな理由で当院を選んで下さっているのか、
逆に通院を中断してしまう理由は何なのか。
また、満足度、先生やスタッフに対する熱量(ファン度)などもヒアリングし唯一無二のクリニックを創って行こう!


こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

患者さんの声は、宝の山です。
患者さんの声が、我々を強くしてくれます!

期待して下さっているから声を発してくれる。
期待外れであれば、黙って立ち去ることもできる。

先日、当院に実名でお礼のメールが届きました。


ーーーーーー
先週金曜、差し歯治療を完了して頂いた者です。
一言お礼を伝えたく書いてます。

健康体で再出発する為、いつくかの医療機関にお世話になりましたが、

コンベアの上を流れるモノに撤することも多い中で、
御院では、一人の個人として扱って頂いて嬉しかったです。

御院で感じたホスピタリティというか、温かい雰囲気は
歯科衛生士さんたちと、お目に掛ったことはないですが院長の想いの結晶だと思います。

患者に寄り添うこと、働く人のワークライフバランス、同時に経営の採算・・・ 
そのバランスを取りながら成立させるのって、容易ではないと想像しますが、
自分と同じように感謝している患者さんも少なくないと思います。
これからも、治療+癒しの場所として存続されることを願っています。

(蛇足ですが、自分も経営者の端くれだったので、従業員の離職率が低く、
 来訪者から、受付だけじゃなく社内も雰囲気が良いね、と言われることが
 密かな自慢でした。)

若いお弟子さん?のホスピタリティは、お世話頂いた中でもトップクラスでした。
キビキビ働く姿と、笑顔に、毎回元気を貰いました。
彼女の資質と、指導の賜物ですね。

自分には彼女と同年代の一人息子がおり、

IT先端技術を学ぶべく、首都圏で単身頑張ってる姿と重なりました。

丁寧に治療して下さった先生にも感謝しています。
仕事の交渉の席で、目立つ場所に銀歯がキラリ、はあまり印象が良くないので、
今後の為に白い歯は助かります。

有難うございました(^^)

ーーーーーーーーー
若いお弟子さん?


若い?・・・どうやら、私ではありません(笑)
歯科衛生士・幸田さんに向けられた言葉です。

有難いですね~。
トップクラスとは、言い過ぎでしょー
先輩として嫉妬しちゃいますねーー(笑)

キビキビ・テキパキしていると褒められていますが
私、簡単に抜かれませんよ!
幸田さんを、常に斜め下に置いています(フンっ)www


患者さん対応だけでなく、患者さんの声を保健指導や歯科医療サービスの改善に繋げてまいります。
迅速に改善し続けるには個々の患者さんのニーズや”本当に”求めているものを
歯科医院側が察することができるかですよね。

「北32条歯科クリニック」というチームは、患者さんもチームの一員です。
相互プラスな、いい関係をこれからもつくっていきたいです。

★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com


# by kita-32 | 2021-07-05 21:15 | マネジメント | Trackback | Comments(0)