人気ブログランキング | 話題のタグを見る

札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ  kita32.exblog.jp

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
「母の口腔ケアの仕方を教えてください」_b0191221_19093728.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
8020運動ってご存知ですか?
いつまでもおいしいものを食べ続けるための元気な歯は日常の手入れから。~日本歯科医師会HPより~
「80歳になっても20本以上の歯を保とう」という運動です。
20本以上の歯があれば、何でも食べられて食生活にほぼ満足することができると言われております。


こんにちは。
北32条歯科クリニックの訪問歯科衛生士・工藤です。

写真は、ご家族(娘さん)にお母さんの口腔ケアの方法を指導しているところです。
お母さんは、ご立派な8020達成者です。
全部ご自身の歯が残っています。

要介護状態にあり、自分では思うように磨けなくなってしまい
口腔乾燥も著しく、話すこと、食べることが難しくなってきたように感じます。

口腔内に残った食渣を取り除き
保湿・加湿しながら歯の表面に付着した汚れや
歯と歯の間に入り込んだ食渣や汚れ
口蓋(上あご)や舌の表面、頬っぺたの粘膜、唇の裏側に付着した痂疲(かひ)や付着物(乾燥した痰など)を取り除き、しっとり潤ったお口に整えるのが口腔ケアです。

こちらの利用者さんは
いわゆる「有料老人ホーム」に入居されており、タイプは「介護付き有料老人ホーム」に該当します。
その名の通り介護サービスがついた有料老人ホームですが
入浴・排泄・食事・機能訓練・療養上のお世話の計画が位置付けられております。

娘さんは、近所に住んでいるので
1日1回は面会に来てくださっています。
毎食後の口腔ケアの徹底をホーム職員さんにお願いするには、ちょっと現実的じゃないかも・・と
「まずは、自分ができるようになりたい」と言って下さり
私たちと一緒に練習してくれています。

お母さんも「ありがとうー」と、娘さんのケアが一番うれしそうです。

「どうですか~、さっぱりしましたね~」
お口の中を刺激されて、ご自身の唾液でジュワジュワ~っと潤ってきました。

お母さん、8020達成者ですもんね。ご立派です!と伝えると

娘さんは、
「元気な時から、ずーっと歯医者さんに定期的に通っていたし
歯間ブラシも必ず使っていた人なんです。」

「自分の歯はコレ(歯間ブラ)使ってるけど、人の口の中に歯間ブラシ使うの怖いですねー」とも。

小さくて、薄暗くて、なかなか見えにくいのが口腔ケア
正解が分かりにくいのが口腔ケア

ご家族や介護者への口腔内の状態や説明、申し送りは適確にわかりやすく!

・口腔ケアの方法
・道具(スポンジブラシ、口腔ウェットティッシュ、歯ブラシの選び方)
・歯肉や粘膜のケア
・舌の清掃方法
・歯肉から出血のある場合
・入れ歯(義歯)の着脱方法、お手入れ方法
・栄養摂取状態(経口摂取・食形態・経管栄養)
・お口の乾燥、保湿ケアの方法

常に患者さん(利用者さん)とご家族に安心してもらえることを考える
口腔ケアに関するご相談は、北32条歯科クリニックにお気軽にお問合せ下さい。

ーーーーーーーーーーーー
「母の口腔ケアの仕方を教えてください」_b0191221_19571982.jpg
この時期、私(工藤)は『吉田学園医療歯科専門学校』の歯科衛生士科(2年生)に授業を担当しております。
我が国日本の高齢化社会を担う、未来の歯科衛生士たちに「口腔ケア」をビシビシ教えております(笑)
現在の在宅医療の仕組み、歯科衛生士の役割、”生きる”ことに寄り添う多職種連携について
歯科衛生士のたまごたちは、のびしろしかないっ!

★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com



# by kita-32 | 2021-11-21 20:09 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
訪問診療~魂を込めて寄り添う~_b0191221_19163875.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は月曜から金曜の午前・午後、毎日訪問歯科診療をしております。
”在宅医療”は多種多様です。医師がおこなう訪問診療のほかに、訪問看護、訪問リハビリテーション、訪問歯科診療、訪問薬剤管理指導、訪問栄養食事指導、訪問介護といった様々なサービスを組み合わせることで在宅医療は成り立っていますよ。


こんにちは。
北32条歯科クリニックの訪問歯科衛生士・工藤です。

ご自宅に、さまざまな専門職種がかわるがわるやってきてサポートしてくれるのが在宅医療。

要介護高齢者はとても忙しいんですw
毎日、あらゆるスケジュールが時間ごとに決まっています。
多職種の皆さんとすれ違う毎日です。

デイサービスやショートステイを利用していて、不在の日もあります。

《訪問診療チームの毎朝のルーティン》
9時から診療開始なので、各々診療開始前に出勤してきてユニフォームに着替えます。
本日訪問するお宅や施設の順番を確認し、電話でお約束時間の確認。
その際、他のサービスの利用時間を確認し
本日の体調や治療内容を確認しています。

治療や処置の内容を確認したら、忘れ物がないか持ち物・器具・カルテの確認!
※未だにときどき忘れ物をします(笑)

歯科医師1名+歯科衛生士2名の3人体制で伺います。

ーーーーーーー

訪問歯科診療を担当する歯科衛生士の必要なスキルとして
ある程度の臨床経験が求められるかもしれません。

臨床経験・実務経験が重要視される理由は
「判断力の有無」に尽きると思っております。

要介護状態にあり、様々なぞうきや身体の機能が低下している状態を理解し
目の前で起こる事柄に対処する力は、やっぱり現場経験が大きな判断材料になります。


限られた生涯、いつまでも関わっていたいと願うばかりです。

魂をこめて寄り添う!
訪問歯科衛生士という仕事に誇りとやりがいを感じております。
北32条歯科クリニックの訪問診療は多職種と「顔のわかる関係性」から
「顔を通り超えて信頼できる関係性」を目指していますっ。

安心して連絡しやすい
親近感がある
責任のある対応
連携しやすい訪問歯科診療を心がけています

★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com

# by kita-32 | 2021-11-15 09:16 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
「訪問歯科診療」を心づもりする時期_b0191221_13034263.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は月曜日~金曜日の毎日、訪問診療をしております。
訪問診療車はスペーシア、常時歯科医師1名+歯科衛生士2名の3名体制で地域にお住まいのご自宅・病院・施設など
歯科への通院が困難なかたへ訪問診療で対応しております。
入れ歯の治療やむし歯の治療、歯周病の治療やメインテナンス、専門的口腔ケア
主に疾患のある高齢者の方々のイメージがあるかもしれませんが、訪問診療は高齢者の医療というわけではありません。先天性疾患のある方、進行性の神経難病、がんによる療養中の方、医療的ケアが必要な患者さん・・など歯科の訪問診療を必要とされる患者さんの年齢も様々です。


こんにちは。
北32条歯科クリニックの訪問歯科衛生士・工藤です。

歯科の訪問診療の適応は「通院困難」な状態です。

加齢や疾患に伴い立つ・歩くなどのなどの機能が弱くなってしまい、
定期的に通っていたかかりつけの病院や診療所への通院が難しくなる方々がいます。

ちなみに、北32条歯科クリニックはテナントビルの2階にあります。
エレベーターの無いビルなので、階段で2階まで昇れないと受診が難しくなってしまいます。

「そろそろ、通院が大変じゃないですか?」
「我々が、訪問診療で伺いますか?」など
患者さんの様子を見ながら、”訪問”という方法もありますよ。と前もって提案してしていることもあります。

ご自宅での歯科治療がどーいうものなのか、担当している歯科医師・歯科衛生士から話す機会を設けたり、十分に時間をかけて外来から訪問へ移行していきます。

それでも、「まだいいです」と車いすを利用してご家族と当院スタッフで階段昇降のお手伝いをしながら外来に通院される患者さんもいらっしゃいます。

患者さんの状態だけではなく、ご家族や介護者の介護力にも左右されます。
「訪問歯科診療」を心づもりする時期_b0191221_20310778.jpg
ーーーーーーー
協力歯科医となっている介護保険施設以外からの在宅患者さんからの申し込みの内訳は

・外来から訪問診療への移行、
・ケアマネージャー(介護支援専門員)さんからの申し込み
・HPやブログを見て、ご家族からの申し込み
となっております。

歯科の訪問診療とは?
他サービスとの連携、頻度、費用などお気軽にお問い合わせください。

多職種の皆さまへ
いつも大変お世話になっております。患者さん(利用者さん)の全体の方針、生活上の課題と必要な援助など、よき連携がとれますよう今後ともご指導よろしくお願い致します。

★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com


# by kita-32 | 2021-11-13 21:02 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
かかりつけ歯科医師とかかりつけ歯科衛生士がいると安心♪_b0191221_10165803.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
写真はご近所のIさん宅のたくあんの漬物用、大根を寒風で干しているところです。
毎年、差し入れにたくあんの漬物を頂きます^^
「今年も干してるよー!」
安心でおいしい昔ながらのたくあん、今シーズンも楽しみだなぁ


こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。
北海道日本ハムファイターズの新庄新監督(BIG BOSS)の活躍が楽しみですね!
相変わらず真っ白な歯でしたね~✨

皆さんは、自分の歯で何でも食べられていますか?

歯の調子が悪いと、固いものがかじれない
痛くない方の歯(右だけ、左だけ、前歯だけ)だけで何とか食べている
もしくは、入れ歯だから痛くて噛めない
自分で、噛みやすいものを何とか工夫しながら食事・栄養を取っているいる方もいらっしゃいます。

特に、”漬物”を食べたいけれど、食べられないと聞いたことがあります。
カリッとした食感より、しなしなした食感の物がハードル高いようです。

歯の調子が悪いと、憂鬱になりますよね・・

ーーーーーーー
かかりつけ歯科医師とかかりつけ歯科衛生士がいると安心♪_b0191221_11000711.jpg
定期的に歯医者さんで”歯のクリーニング”を!

むし歯と歯周病は、口の中で起こる不具合の代表格
「たぶんむし歯になっていると思うけど、まだ大丈夫」と治療に行くことを後回しにして放置していませんか?

むし歯と歯周病の予防には毎日の歯みがきが必須で、
原因菌がすみつく歯垢(プラーク汚れ)を除去することが大切です。


ドラッグストアやスーパーのデンタルケアグッズの商品の多すぎること!
正直、こんなにいる?って思っていますw
この中から選ぶのって大変、何がいいのか分からない💦

歯の形や歯並びは一人一人特徴があり、歯ブラシや歯間清掃道具のサイズや種類もさまざま。
かかりつけの歯科医師や歯科衛生士に、自分に適したものや使い方を教えてもらうといいですよ♪

特に治療する歯がなくても「自分に合った歯みがきの方法を教えてほしい」と言って予約していただければOKです
歯ブラシの形、大きさ、リスクに合わせた歯みがき剤(粉)の選び方をお伝えします

★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com





# by kita-32 | 2021-11-08 14:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)
臨床実習レポ㊶~換気の重要性~_b0191221_12574091.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
新型コロナウイルス感染の再拡大を回避しながら、各医療機関も油断せず対策をされていることと思います。
新規感染者数は減少していますねー。このまま収束して欲しいっ!!
当院でも引き続き感染対策として自然換気を行なっております。
窓の開閉を適切に管理し、患者さんを寒がらせたり、暑がらせたりしないように室温を適切に保っています。
患者さんの快適性と安全性をセットに考えることを学生さんにも指導していますよ^^


こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士・工藤です。

換気の重要性
人工的な換気手段を信頼しきってはいけない。
自然換気を行なわずには空気は決して新鮮にならない。
~ナイチンゲール「看護覚え書」より~

10月も終わります。
祝祭日の無い10月、よくぞ最終日までたどり着きました。皆さまお疲れさまでしたー。

季節は秋から冬へ
換気と保湿の大事な季節になって参りましたよ。
季節の変わり目、体調の変化、喘息の発作(←私)にくれぐれもご自愛ください。

ーーーーーー
臨床実習レポ㊶~換気の重要性~_b0191221_13211917.jpg
さて、緊急事態宣言が解除されて
歯科衛生士専門学校の学生さんの臨床実習が再開しております。

どんな仕事をするにせよ、実際に学ぶことができるのは現場においてのみです。

コロナ禍で学校生活を送る学生さんに聞いてみると・・

講義もオンライン化し、新しい友人をつくる機会が減ったり
友人と会う日常や、教員とのコミュニケーションも取りにくくなった
現場での臨床実習の時間も制限されてしまったことへの焦りを感じるとのこと。
このまま社会に出ることへの不安を感じているようです。

学生さんは、将来に対しての不安はあるだろうが
コロナの時代に直面して、こんな時こそ必要とされる仕事、医療職という誇りや責務を実感していると思います。

大変だったことを乗り越えてコロナに立ち向かう未来の歯科衛生士さん達、めっちゃ期待しています!



★★合わせて読みたい関連記事★★


北32条 歯科クリニック
001-0032
札幌市北区北32条西3丁目3-12
南麻生ビル2階

電話(011)756-0995
FAX(011)788-9675
メール kita32shika@gmail.com


# by kita-32 | 2021-10-30 14:00 | 臨床実習レポ | Trackback | Comments(0)