b0191221_09255518.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は、地下鉄南北線「北34条駅」の3番出口、4番出口出て目の前徒歩1分以内。
お車でお越しの際は駐車場もございます。
いつも、明るく元気に地域の頼れる歯医者さんを目指し、
地域密着!患者さん密着!で楽しく笑顔で診療していまーす



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

前回のブログで、ブログの投稿をお休みすると宣言しました。
投稿はコチラ↓



その後の私について・・・
宣言したからには、逃れられない(笑)
重たい腰を上げ、勉強をはじめました。ぜんぜん進みません。(;´д`)トホホ

方々から応援の言葉を頂戴しwめっちゃプレッシャー💦を感じています。

と、同時にブログを書かないという開放感を実感。
°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°

誰にも強制されたワケではありませんが
常にブログのネタや、書きたいこと、お伝えしたいことで占領されていた脳ミソの中が開放された感じです。

と、同時に
地域で歯医者を探している患者さんや
歯の治療に不安がある人、歯で困りごとがある人はとても多いのが事実。

ブログお休み中でも
HPやブログ経由で通院を決めて下さった患者さんや

セカンドオピニオンの相談や質問などリアクションがあります。
患者さんのためにできることを、投稿頻度は少ないですが、
時々は息抜きのつもりで投稿しようと思いました。

---------------------------------------------------

さて、今年も介護予防センターなえぼ様からのご依頼で
全部で4会場、「すこやか倶楽部」で”お口の健康教室”としてお口の元気度チェックを一緒に楽しみましたよ~


介護予防センターとは
介護保険法に位置づけられる地域包括支援センターの介護予防機能に特化した、札幌市独自の機関です。

「すかやか倶楽部」では、地域の65歳以上の高齢者を対象に
地域の高齢者の閉じこもりの予防
転倒予防教室
認知症予防教室
お口の健康教室
などを市内各地で定期的に開催されていますよ♪

詳しくは、地域の回覧板でご覧ください



b0191221_09463203.jpg
今年は、「お口の元気度チェック」👀と題して

・お口のまわりの元気度
・噛むことの元気度
・飲みこみの元気度
・歯や入れ歯の清掃度

の4項目のチェック方法と、改善方法を皆さんと一緒にやってみましたよ。

反応も良く、みんなで「あっはははー」と笑いながら楽しい時間を過ごせました。

毎年、呼んで頂き
今年も、お元気で変わらない顔ぶれを見せてもらい安心しました。



先日、目にした新聞の記事によると
普段ほとんど笑わない高齢者は、毎日よく笑う高齢者より1.5倍健康状態が良くないと感じているそうです。


「声を出して笑うこと」

笑うと緊張をほぐす副交感神経が優位になってリラックスします。
また、笑う時は腹筋などの筋肉を使っているので、笑うこと自体が有酸素運動になっています。

これが、笑いの健康効果を生んでいると思われます。

~幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ~
フランスのエライ人の言葉です←ざっくり笑


日本では、お一人暮らしの高齢者が増えています。
その人たちの中には何日にもわたり誰とも口をきかない人も多いそうです。

普段から、無口で話さない寡黙な人も
積極的に声を出し「あはははは」と笑いましょう~



★★合わせて読みたい関連記事★★

☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/






# by kita-32 | 2017-06-26 12:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0191221_18091729.jpg
札幌市北区にある歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は月・水・金曜日は夜8時まで夜間診療をしております。
基本予約制でお待たせせずご案内できるようスタッフ一同細心の注意を払って時間管理をしておりますが
急な痛みや、かぶせたものや詰め物が取れてお困りの際は随時急患対応いたします。
まずは、お電話でお問合せ下さいませ(^^♪
電話番号 011-756-0995


こんにちは
北32条歯科クリニックの今年は何かいける気がする、歯科衛生士工藤です。


今日は、”しばしブログから離れる”というご挨拶です。
私くし、平成29年度の第20回北海道介護支援専門員(ケアマネージャー)の試験を受ける決意を固めましたw

大きな声では言えませんが、
過去にも一度受験しております(第17回のとき)
勉強不足からツメの甘さから不合格・・という超情けない経験をしております(苦笑)

んで、今回はもっと真剣に、もっと本気で、もっと深く勉強して
合格を目指す所存でございます。


このブログに投稿するのも、どーかと思いますが

「あいつ、また口だけじゃーん」なんて言われないようネジリハチマキで猛勉強する予定ですww
自分へのモチベーションのためです・・


で、大変申し訳ありませんが
この「北32条歯科クリニックのブログ」を少しお休みさせていただこうと思っております。


悲しいかな、脳みそが記憶や学習で進化する年齢をとうに過ぎ去っているから仕方がありません。

脳のクリティカルリミットが過ぎ去っている現状を
いかに残存する機能だけで勉強するか・・・

他に費やすエネルギーの見直しをしました
その一つが、このブログですw

時々は、息抜きに投稿したいと思っています。


ブログが更新されていないと、<いい加減な歯医者>とか
ブログが放置されていると、<やる気のない歯医者>とか
思われてしまいそうで怖いのですが

更新されない理由を、きちんとお伝えしておこうと思いました。

北32条歯科クリニックはいい加減でも、やる気がないワケでもありませんよー💦


皆さま
北32条歯科クリニックのブログはしばらくの間お休みさせて頂きますm(__)m

受付期間:平成29年6月5日(月)から平成29年6月28日
試験日:平成29年10月8日(日)


ちなみに昨年(平成28年度 第19回)の合格率は13.1%!!!
この狭き門を突破するには「ノー勉」では太刀打ちできません💦

一度不合格になっているので、猛チャージのリベンジ受験なんです(笑)
試験まで4カ月を切りました~試験まで124日。

けっこう焦っていまーす(^^)/
でも、がんばりまーす。


ケアマネージャーとは?
正式には「介護支援専門員」といい、介護に関する専門職であり、保険・医療・福祉の分野で実務経験がある人が取得できる公的資格です。

支援が必要な人、その家族などからの相談に応じて、その人が新進の状況に応じて最適なサービスが受けられるように
総合的なコーディネイトやマネジメントを行います。




★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/



# by kita-32 | 2017-06-06 19:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0191221_10544929.jpg
札幌市北区「北32条歯科クリニック」内にあります、デンタルケア専門店のブログにご訪問頂き有難うございます。
診療室の中に設置した小さなお店ですが、とてもご好評いただき
治療や定期健診の際にお立ち寄り頂いております。
歯ブラシ、歯みがき剤、マウスウォッシュ(デンタルリンス)、介護用口腔ケア商品、口腔乾燥の保湿剤、歯間ブラシ、デンタルフロス、キシリトール100パーセント商品、歯垢染めだし液、入れ歯ケアグッズなどを取りそろえております。




こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士兼、デンタルケア専門店店長の工藤です。

「予防歯科」は患者さんと歯科衛生士のコミュニケーションビジネスで
歯科医院の安定運営の大きなポイントでもあります。

昨今の健康ブームで
サプリメントやスーパーフード
疲労回復や美肌、ダイエット
家電商品にも新技術で健康家電が売れています^^

健康への投資(時間やお金)はスゴイ規模ですね~


その中でも、歯ブラシや歯みがき剤への関心もひと昔前とは全然違います。

お口の中の清掃やメインテナンスが生活習慣病の予防にも関与することから
より物理的に汚れを除去したい
より化学的にお口の中の菌を除去したい
専門的な意見を教えてほしいと、プロ目線で商品を選ばれる人が増えています。

時代のニーズを読み、
老化防止やアンチエイジングの効果を持つケアアイテムにも注目が集まるのが必然ですね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ずっと健康でいたい」
「スッキリしたいから、ちゃんと磨きたい」


毎日の習慣の一つですが
患者さんそれぞれの歯や歯ぐきをより良い状態に保つための武器もご提案

日頃の健診でもお伝えしている”要注意箇所”のケアのポイント

歯みがきが終わった後
舌(ベロ)で歯を触ってみると”キュッキュッ&ツルツル”っていうスッキリ感を実感してもらい

逆に、”ザラザラ&ネバネバ”は汚れがまだ付いているぞ!のサインです


北32条歯科クリニックの患者さんは予防意識が高く自分に合った歯みがきを身につけている方ばかり

患者さんを行動に導く担当歯科衛生士のアプローチ
そのポイントは”変化の実感”です。

b0191221_11114136.jpg
小さなお子さんへの歯ブラシ選びも大切です

子どもの歯&大人の歯の生え変わり状況によって
歯ブラシのヘッド大きさや毛質も確認しています。

お母さんやお父さんの仕上げ磨きができる年齢までは安心ですが

いくつになっても自分で自分の歯を守っていけるよう
正しい歯ブラシの仕方、習慣、環境が大切ですね♪





★★合わせて読みたい関連記事★★






# by kita-32 | 2017-06-05 11:36 | マネジメント | Trackback | Comments(0)
b0191221_16024291.jpg
札幌市北区北32条西3丁目にある歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
患者さんのご希望があれば、義歯(入れ歯)の製作者、歯科技工士さん立ち合いの元
入れ歯の作製、調整、修理など患者さんの身体も心もご満足いただける入れ歯作りのお手伝いをさせて頂くこともあります。
 #パーシャルデンチャー(部分入れ歯)といえば
 #三浦さん
 #歯科技工士
 #株式会社プライムデンタル




こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

本日ご紹介するのは、当院のブログでも比較的アクセス件数の多い「1本入れ歯」「1本義歯」です。


ご自身の歯を何らかの理由で、抜歯になったその後の悩み

両隣の歯を削ってブリッジにするのか?

保険外(自費)でインプラントにするのか?

1本の欠損を義歯(入れ歯)にするのか?

歯医者さんの診断と失った歯の治療方法に悩む患者さんは多くいらっしゃいます。

1本とはいえ、見栄えが変わります
1本とはいえ、噛み合わせがしっくりきません
1本とはいえ、空気がもれて話づらくなります
1本とはいえ、ごはんが食べづらくなります
1本とはいえ、大事な歯だったことに気付く

こちらは、先日当院で装着された「1本義歯」です。
正面からの図です。ノンクラスプデンチャーの<ナチュラルデンチャー>です。
b0191221_16102228.jpg
写真のピントが悪くて申し訳ないっ
#左上2番欠損
#ナチュラルデンチャー
#クリア
#舌側メタル使用

#1本義歯

裏側からみるとこんな感じ

b0191221_18593122.jpg
適切な維持力(はずれてこない、落ちてこない)
裏側の舌触りをできるだけ異物感の少ないものにするため金属を使用する設計になりました。

正面からは、見えない場所に使用しています。


患者さんの了解を得て、投稿させてもらっています。

部位は左上2番です。
左上の3番と4番が重なり合っている歯並びです。(↓の模型写真参照)
他院で左上2番が歯根破折?で抜歯になり
北32条歯科クリニックのブログを見つけて下さり、
当院に1本義歯のことを相談したいと、お電話を頂きました。

両隣の歯は健全歯なので削ることに抵抗があるとのこと。


北32条歯科クリニックでは、
まずは患者さんのお口の中の状態を診断し、型取り
歯科医師の設計のもと
歯科技工士さんによる、完成予想の材料、見積もりを作成して患者さんと相談しています。

b0191221_09215491.jpg
保険で作製した場合の金額、バネの見える位置
保険外<ナチュラルデンチャー>で作製した場合の金額、材質、どれだけ目立たないかなどなど

歯科医院×歯科技工士の細やかな連携で
患者さんの思い描いた、納得のいく治療になるようお手伝いをさせて頂きたいと思っています。

装着した後も、心配かもしれません。
取り外しをしての清掃
1本義歯は小さいので、ポケットなどに入れて無くさないでね♪の注意事項

患者さんは、いろんな不安があって当然です
自分の身体の中に異物が入るという抵抗感や違和感

どっちが前でどっちが後ろか
どっちが右でどっちが左か


どうか、1本義歯の違和感と感じていたものが
身体の一部になって、うまく付き合ってほしいと願うばかり(笑)

1本義歯も噛み合わせに参加して、周りの歯と仲良く過ごしてほしい^^

1人1人が重要な存在であるように
1本1本の歯も大事なんです。




★★合わせて読みたい関連記事★★












# by kita-32 | 2017-06-02 10:52 | 日記 | Trackback | Comments(2)

b0191221_12131079.jpg

札幌市北区にある歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
今年度も北広島市にある「北海道歯科技術専門学校」という歯科技工士さんの専門学校に
非常勤で講師として伺っております。
これからくる超高齢化社会・2025年問題、若い歯科技工士さんが
「食べられる」「食べる口をつくる」に大きく関与します。
臨床の現場で一緒にお仕事できる日が楽しみです♪




こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

当院は毎日元気に訪問診療実施中~🚙

訪問歯科衛生士をしておりますが、
歯科衛生士になった当初、医療職ではあるものの”人の死”には直面しない職種だと思っていました。

でも、今は訪問診療で
最期の時を迎えようとしている患者さん、ご家族と向き合うことは珍しくありません。

終末期・・
人は関心を示さなくなり、
話さなくなり、
食べなくなり、
改善と低下を繰り返し、徐々にゆるやかに最期を迎える準備がはじまります。


先日読んだ記事で
「人が食べられなくなるのは、さまざまな原因があります。飲み込みやお口の機能の低下はもちろん
食べる意欲や認知症状の問題、あるいは食べる姿勢や食べさせ方が上手くないことも深く関係しています。」

と、ありました。



食べられるかどうかは
飲み込む力だけで決まるわけではありません。
食べられなくなった人を食べられるようにするには、他の要素もみて、改善するスキルが必要になってきますね。


-----------------------------------------

さて、本来”食べる”って生活の一部ですね。

食べるって「おいしい」ですよね

おいしい!をずっと楽しんでもらいたい!という当院の訪問診療医・院長は
毎月、患者さんにお渡しする「北32条ファミリーしんぶん」に季節のお料理レシピを投稿しています^^

院長はおいしく、最後まで食べるの実践者です(笑)

本日は、院長から『若さを維持するおいしい食事』~だし汁~


〈だし汁はおいしい料理の基本〉

だし汁は大きめの鍋でまとめてとります。


《一番だし》
  1. 鍋に軽く汚れを取った昆布(5㎝×5㎝)1枚を入れ、水4カップを加え30分以上置く。

  2. 鍋を中火にかけ、細かい泡がブツブツ出てきたら、沸騰直前に昆布を取り出す。

  3. 沸騰した②の鍋に、かつおひとつかみを一度に加え、煮立って30秒ほどしたら火から鍋を下ろす。

  4. かつお節が底に沈んだら、ボールにザルを乗せ、だし汁を濾す。かつお節は絞らないこと。

  5. ペットボトルに入れておくと便利。冷蔵庫で34日保管できる。

    《二番だし》
    一度だしをとった昆布、かつお節に水を加えて煮出す。煮物のだしに使う。



今月の「北32条ファミリーしんぶん 5月号」にも絶賛掲載中で
料理の基本編として新連載がはじまり、執筆活動に張り切っています(笑)
おたのしみに~

★★合わせて読みたい関連記事★★



↓ ↓ 情報提供が惜しみない
☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/






# by kita-32 | 2017-05-27 12:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤