<   2017年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0191221_20252580.jpg
こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

日本歯科新聞社から出ている「月刊アポロニア21」9月号がいよいよ発売!

この度、こちらの雑誌に当院が載っちゃいました~♪ひゃっほう(*'▽')♪


気になる中身は・・ヤバいです
b0191221_20393450.jpg
『当院のニューズレター』というコーナーで
北32条歯科クリニックが毎月発行している院外通信「北32条ファミリーしんぶん」が紹介されています!



26ページから30ページまで
見応えたっぷりの4ページにわたりバックナンバー、発行者(私の顔写真付き)の紹介、記事作りのエピソードなど満載です(笑)

SNSやブログで十分発信ができる時代ですが

あえて、紙で、アナログで、強制的に患者さんに渡し続けてかれこれ71号。
毎月1日発行を休むことなく続けられたのは、患者さんの喜ぶ顔のおかげです。



私がどうして毎月続けてるか?って言ったら、
それは、患者さんに忘れられないようにする為です。

※あ、もう忘れられない存在だと思います(笑)ふふふ



ただ患者さんに喜んでもらいたくて、続けてきましたが
まさかの、全国誌の編集者さんの目に留まり、雑誌に載せて頂けるなんて夢のようです✨

今回、雑誌掲載にあたり原稿も書かせてもらいましたー。

タイトルは「患者さんへのラブレター!」

患者さんと当院を結ぶコミュニケーションツールの一つです^^
雑誌に載るなんてこんな素敵な経験、本当に有り難いです。

是非、皆さん「月刊 アポロニア21」9月号お買い求め下さい。

そして、買ったら北32条歯科クリニックに持ってきてくださーい
サインしますよ

・・・あ、要らない?

この日のために練習したんだけどなー
かっちょよく書ける”マイサイン”www



また、載せてもらえるようにコツコツ頑張りまーす。
有難うございました。


★★合わせて読みたい関連記事★★











by kita-32 | 2017-08-28 21:21 | マネジメント | Trackback | Comments(2)
b0191221_17052892.jpg
札幌市北区にある歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
夏休みが終わって、学校もはじまったようですね~
朝の通勤時に行き交う子どもたちといつもの挨拶で、「おっ、夏休み終わったんだなー」と日常が戻ってきた感じがありますね。
「夏休み早く終わってほしい・・」と言っていたママたちもやっと日常ペースに戻ってくるのかな?(笑)


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

院内感染という言葉、聞いたことありますか?

「医療関連感染とか病院内感染とも呼ばれ、病院・診療所などで、入院後あるいは特定の病棟に転科後48時間以降に起こった感染症のこと」と定義されています。

皆さんも知っているものでは
ノロウイルスやO-157、SARSなどが一般的でしょうか?

病院内で感染症を引き起こす原因は細菌です。
→緑膿菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌、腸球菌、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)、VRE(バンコマイシン耐性腸球菌)などが重要視されています。

これらの菌は、お元気で抵抗力免疫力のある健康な方は感染症を引き起こさない病原性の低いものもありますが

入院中や、ご病気中体調のすぐれない方は日和見感染を引き起こす場合があります。
特に免疫不全の方には、ウイルスや真菌なども医療関連感染を引き起こすこともあるようです。

医療機関では、安全管理、基本となる手洗いや消毒の徹底は当たり前。
感染管理について正しい知識で対応することにより、
過剰な消毒、滅菌を見直し、すぐできる院内感染対策の工夫やシステム作りにつながります。



本日おススメするこちらの商品

メーカー「セキムラ」
商品名「OPTIM33TB」
革新的な除菌技術であるAHP(高速化過酸化水素)配合

健康、安全、環境特性を守る!

b0191221_17383380.jpg


世界基準の清潔感。

消毒用のエタノール(アルコール拭き)では不安💦


北32条歯科クリニックでは、手すり、レントゲン室、受付、医療機器やその周辺、歯科の治療台にあるうがいのシンクに付着した雑菌もしっかり拭き取り素早く除菌消毒。
丈夫なワイプス(ウェットシートのようなもの)なのでしっかりユニット(診療台)丸ごと拭き取れまーす。

持ち運びも便利なので、訪問診療先でも大活躍!
施設内、病院内、在宅へ伺うので感染対策は慎重ですっ

b0191221_20135217.jpg
気になるニオイも少なく
揮発性の有機化合物が空気中に発生しないため換気不要なところも安心

広範囲の細菌、ウイルスなどの微生物に有効!
本当におススメです。


北32条歯科クリニックは、患者さんの安心安全の診療室環境を整えること

北32条歯科クリニックは、訪問診療先でも感染管理や標準予防策を実践すること

患者さんも、私たちスタッフも、先生も、ご家族や介護職員さんも
みんなが安心して治療が受けられることを目標に
業務の見直し、感染対策に関してもムダ、ムラ、ムリのない取り組みを実践していまーす(^^)/


★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2017-08-23 20:26 | おすすめアイテム | Trackback | Comments(0)

40代の歯科衛生士②♥

b0191221_09351794.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
お盆明け、爽やかな気温で過ごしやすい札幌ラブです。
この時期、北海道産のとれたて野菜が、美味しい時期です。
患者さんたちからトマト、キュウリ、ジャガイモ、ニンジン、メロン、とうきびなどおすそ分けでたくさん頂きました~
院内、野菜マルシェになっていて幸せですぅ。
とれたて野菜をそのままかぶりつく!栄養をそのものを食べてるみたいで身体がシュッとして喜んでいるのがわかります。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今週末は、「北海道デンタルショー」がありました。
私たちが毎日使用する道具や商材の新商品など、各メーカーさんの出店が並びます。
b0191221_09483504.jpg
こんな感じー。↑↑



予防を担うプロフェッショナル歯科衛生士として
患者さんにご提案する商材、セルフケアグッズ、トレンドを加味して見直しとアップデートする機会でもあります。

歯科の治療やケアで使用する
薬剤、材料、道具、機械、消耗品などどんどん良いものが出てきています。


商品選別基準は、まず自分目での見て体験してみること。👀!!

メーカーさんから直接話が聞ける場でもあって
材料の進化や効率化、テクノロジーはすばらしいですっ

それに対応できなければ、あっという間に時代遅れの歯科医院になってしまいます。

新しい情報更新と治療内容のリンクが”技術の本質”だと思っています。

今年のトレンドは「デジタルデンティストリー」かな・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回のデンタルショー
札幌市内の歯科医院に勤めている専門学校からの同期の友人歯科衛生士と行ってきました。


年齢は同じ44歳。(まだ誕生日じゃないから43歳か)
途中ブランクがないので24年目の歯科衛生士。

40代、デンタルショーの会場が広く、歩き回るがすぐ疲労ww

会場(パークホテル)のラウンジで即休憩。
とりあえずビール。
さすがのベテラン貫禄、ハンパない(笑)

若いドクターらしき人が、ディーラーさんと開業?の商談をする姿を横目に
ふてぶてしさ満載、ビール飲んでる私たち40代歯科衛生士ww
b0191221_10071299.jpg
自分のPCを取り出し、講演依頼を受けているプレゼンの確認をしています。


『隣の芝生は青い』
他の人や場所(環境)が良く見えたりするのは
その一部分しか見えていない証拠。


ずっと現場で働けて、講演なんか依頼されちゃって、すごいよねー的にとられる方もいらっしゃいますが

ここまで、働き続けてきた経験や積み重ねてきた汗とこぼれた涙。

「替えがきかないスタッフ」と言って頂けるようになるまでには
心構えや質の向上、変化に対応できる柔軟な意識のコントロール。
大人になりました(笑)

誇らしいです。


歯科衛生士はキホン肉体労働です。

自分自身が常に美しくあるための努力、身体のケアやメンテナンス。
そして、心の健康維持。

今まで24年も働いていると
日常、誰かに注意されたり、失敗することもほとんどなく

院内の歯科衛生士として、あらかたのことはソツなくできるようになります。


大事なのは、ここからなんです

自分の伸びしろにどれだけ意識しながら、目を凝らしながら
何を思い、どう行動するのか



光が当たっている一部分だけを見て
陰の部分を見ずして「こんなはずじゃなかった」と挫折する若いスタッフの話を聞くことがあります。


陰の見えない部分で、必死にもがいて、あっちこっちぶつかって、情けなくて、力不足に涙して
そんな経験があるから
デンタルショーでのふてぶてしいビールも多めに見てね。てへぺろ。



★★合わせて読みたい関連記事★★






by kita-32 | 2017-08-21 11:10 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

40代の歯科衛生士♥

b0191221_21234329.jpg
こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。
私は今日もまだ夏休みです。
楽しいです。

皆様、お盆はいかがお過ごしでしょうか?
ご先祖様に手を合わせて、感謝の心を持つことって大事ですね。
大人になって、そういう心の質の高さって幸せだなーと思うようになりました。

さて、お盆休み中
札幌に帰省中の同期とおしゃれに赤レンガテラスでランチ♪



新卒で勤務した歯科医院での同期、歯科衛生士、年齢も同じく44歳。
彼女は現在滋賀県で歯科衛生士としてフルタイムで勤務しています。


専門学校卒業からかれこれ24年目の付き合い。


44歳の彼女を通して、
恋愛、結婚、出産、育児、離婚、仕事、再婚、転勤、介護・・・と
女性のライフスタイルの中で付いて回るあれこれをコンプリートして
その中でキャリアを積み上げる姿勢を見てきました(笑)



一時的に休業しなければならない状況になるのは女性の人生設計上必ず出てくるもの。



第一線から離れた時、キャリアの再構築をどのように捉えているかで
40代の歯科衛生士は大きく分かれてしまうような気がします。



「今からでも大丈夫でしょうか?」と
相談されることも多いのですが


残念ながら、ブランクの長い40代歯科衛生士は
20代、30代とは同じような技術習得は難しいと思います。

30代と40代の見えない壁は確実に存在しますww


今回のランチのおしゃべりは、40代の見えない壁について話していました(笑)


クリニックの雰囲気に合わせられるか、他スタッフとの調和やバランス。
一生懸命とか、必死とか、覚悟が必要だと思う。で同意見。


ブランクが長ければ長いほど
「やっぱり自分には荷が重い」と自らチャンスを放棄してしまう人が多く
耐え抜く力が低下しているのもこの年代あるあるのように思います。


少なくとも歯科衛生士は、患者さんの健康意識や美意識に関わるお仕事なので
「体力、気力、外見上」などの自分磨きや手入れが必要な年代に突入します。

さらには大人なので「コミュニケーション力、接遇、雰囲気、安定感」そして「耐え抜く力」ww

40代の歯科衛生士は大変です(汗)💦


患者さんは言わないかもしれないけれど、
担当する歯科衛生士の自信の無さや外見で健康意識や美意識の価値観をジャッジされていると思います。


自分自身を磨き、大切にできなければ
患者さんを大切にできるはずがないよねー。なんて偉そうなことをしゃべりながらのランチは楽しかった(笑)


若いコと違って
あらゆる面で自立した考えを常に持ち
コツコツと自分で努力して、勉強する機会を探し、自ら刺激を見つけて
外見、見た目にもお金と努力を使いw
誰からも褒められもせず。苦にもされず。


今までの経験、失敗から学びアップデートして、仕事を楽しむ!
この積み重ねが「キャリア」と言って頂けるようになるのかもしれません。

全国の40代の歯科衛生士さん、一年一年体力低下が著しいですが
お互いがんばりましょう~♪




★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2017-08-15 09:54 | マネジメント | Trackback | Comments(0)
b0191221_17302164.jpg
こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士ですが

本日は「おいしいを支える会」の工藤です。


「おいしいを支える会」とは?
歯科衛生士の工藤&田村(友だち同士)の2人で立ち上げた会。


口から食べる幸せを支えたい。
おいしいって身近な幸せ。


そんな私たちが、気ままに開催する自前セミナー。
それが、「おいしいを支える会」


土曜日の午後、診療終了後や休日に
お友だちや同僚とランチに行くような感覚で

大通りの街ナカにある会場で1時間だけ、参加費は500円のワンコインセミナー✏


毎回『食』のしあわせにつながる内容でテーマを決めています。

誰でも参加可能
歯科関係者じゃなくてぜんぜんOK
職種もキャリアも関係ありませーん。

自分の知らない”専門家の知識”を共有できるなんて、超ラッキー。

仕事(臨床)だけじゃない、身内や家族のためにも知っておいた方が良いと思ってもらえれば嬉しいし

定員20名の楽しい交流の時間になればなお良しですっ↑↑


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さーて、次回の「おいしいを支える会」は?

工藤です。
管理栄養士さんの知識ってスゴイんですよ。
さすが、食のスペシャリスト✨

今まで、管理栄養士さんを調理、献立関係の職種だと思っていましたが
治療(病気を治す)のための適切で効率の良い栄養をすんごくわかりやすく教えてくれまーす。

食事の盲点
要介護高齢者の栄養の理想と現実
食と命のドラマ・・

管理栄養士さんっていう職業が、一般の方々や多職種にとって更なる理解につながるといいなぁ。

何と今回は内容のボリュームを考慮して
2カ月連続講座となっています。

1回目は9/2(土)   『健康に過ごす為の食事の基礎知識』

2回目は10/28(土) 『介護食の作り方』


どちらも、会場は歯科オムニデンティックス3階の会議室です。
8階、9階にエレベーターで行ってしまうと、診療中なので迷惑です。お気を付下さいね。

時間は15時から16時までの1時間!!


お問合せ、お申込みは工藤まで。
電話番号 011-756-0995(北32条歯科クリニック)

ファックスは011-788-9675です。

2カ月連続参加でも、どちらか一方でもOKです。

チラシが完成したので、広報活動始めます。

が、

Facebookで告知してこともあり
フライングゲットで、すでに参加申し込みがどんどん来ています。


嬉しいですねー。
人気ありますねー。
時間が短いのも負担がなくていいですよね。
講座が終わったあとはショッピングでも、そのままごはん食べにも行けちゃいます。

参加費500円ってのも、気軽に参加できてうれしいですね。
同僚や後輩も誘いやすいですよね♪

工藤さんと、田村さんに会いたいって人からの参加申し込みも、めっちゃ嬉しいです^^


皆さんのご参加お待ちしておりまーすm(__)mペコリ。



「おいしいを支える会」
歯科衛生士/日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士:田村さつき
歯科衛生士:工藤由加里



★★合わせて読みたい関連記事★★










More
by kita-32 | 2017-08-06 18:23 | 「おいしいを支える会」 | Trackback | Comments(0)
b0191221_21001118.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
8月になりました。
当院は8月11日から15日の間、お盆休みのため休診となります。
患者さんにはご迷惑、ご不便お掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

夏休みですね~
当院は小さなお子さんや赤ちゃん連れの患者さんが多く来院します。

小さなお子さんがいても、お母さんの歯科治療のサポートをしておりますので
遠慮なくご相談下さいね^^

尚、スタッフも子連れ出勤可能です

夏休み、ミニ児童館に行きたくない、スタッフ長田家のしーちゃんも出勤してきました。
小学校1年生。

エプロンを持ってきて、歯科助手の助手としてお仕事です。
b0191221_21061086.jpg
床の掃き掃除、鏡拭き、窓ふき、玄関のお掃除、スリッパ清掃などなど

七夕飾りのお仕事、お洗濯のお手伝い、患者さんへのご挨拶、お昼休みスタッフみんなのお茶の準備

b0191221_21074720.jpg
歯科助手の助手の仕事は大忙しですw

一番楽しかったお仕事は「窓拭き」だったそうです。
患者さんにも、たくさん褒められて、誇らし気な顔をしていました。

大人に混ざって実際の診療や、ママの働く姿を見ていましたが
今日の仕事体験を通して、未来の歯科の担い手になったのでは?と期待して

「将来、何になりたいと思った?」と聞いてみたところ

「ケーキ屋さん」と答えていました。しかも即答。

🍰♥

がーーーーーーん(笑)
チーン

9時から17時までのフルタイム勤務。
院長からちゃんと「アルバイト代」をもらっていました。お疲れさまでした^^

仕事の大変さや大切さ、ママの大変さ、一生懸命働いてくれることへの感謝が伝わったかな?(笑)

しーちゃんにとって、非日常の体験ができて
自分の中に新しいひらめきやトキメキが生まれますように・・・



★★合わせて読みたい関連記事★★






by kita-32 | 2017-08-01 21:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤