札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ 

<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

臨床実習レポ㉔ ~ブラックorホワイト~

b0191221_19322484.jpg
札幌市北区にある歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログに訪問いただきありがとうございます。
当院は、地下鉄南北線「北34条駅」③番出口、④番出口出て目の前です♪

尚、13時から14時は昼休憩のため休診させていただいております。
午後の診療開始は14時からで-す。



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今日は、スタッフの差し入れ栗ごはん&かぼちゃの天ぷら&さつまいもの天ぷらでランチタイムです↑↑↑

みんな揃って「いただきまーす♥」


今週から臨床実習できている学生さん(3年生)は現在就職活動ちう。

どんな医院さんにお勤めしたいの?と聞いてみると

「お昼休みなどの休憩時間がきちんと取れるところ」が第一条件なんだそうです。

私たち:「えーー!!休憩時間がとれないってあるの?」

就活まっただ中の学生さんが思う、いわゆる『ブラック歯科医院』的な?(苦笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まだ、就職したワケではないので

まったく義務を果たしていないけど、(笑)
権利を主張できる世の中になっているんだと改めて思いました。


ザ・労務問題。


就業規則をはじめ、給与システム、雇用の契約など
条件はわかりませんが、その医院によって独自のルール的なものがあるのかもしれません。


私も今までの経験で、大きく問題やトラブルが発生するのは

患者さんではなく

スタッフであることがほとんど・・というのを見てきましたwww


”職場”って一日の大半をここで過ごすし
毎日繰り返される”仕事”が作業になってしまわないような仕組みが大事なんですね。


要は、スタッフ全員が心身ともに健全にお仕事できる環境が整備されているのか

ぶっちゃけ経営者・院長が、どれだけスタッフの気持ちを汲み取ってくれて、
お互いの信頼関係が構築できているか。

しか!!無い。これに尽きる。


だって

「休憩時間が少なくても、やりがいと誇りしか感じません!」って言うスタッフもいるかもしれないですよね。

自分を大切にしてくれている
自分を認めてくれている
自分が大事に思っていることを共有できている

からですよね。

本質は、
事件は休憩時間なんかじゃなく、休憩時間を例にしたスタッフやトップとの人間関係や感情でおこっているんだ!

です(-_-)。



休憩時間の価値観を例にしても

スタッフ同士”お互い様”の気持ちと”不公平さ”がなく

気分転換やコミュニケーションがとれる気持ちのいい関係で働きたいですよね。

スタッフ間に温度差があっては、楽しく仕事できないし

”やる気”スイッチ入んないですww


就活中の学生さんに対して私たちは、

経験者として相談にのる&話を聞いてあげることしかできませんが

『ブラック』ではなく『ホワイト』な風土や雰囲気の歯科医院にお勤めして
患者さんからもスタッフからも愛される歯科衛生士さんになってほしいと願うばかりです☆

就活も実習もがんばれー(笑)



↓どちらかと言えばホワイト?(笑)
☆★ 北32条歯科クリニック ★☆


診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/










by kita-32 | 2015-09-29 21:01 | 臨床実習レポ | Trackback | Comments(0)

入れ歯(義歯)もプロフェッショナルケア

こんにちは
シルバーウィーク明け、社会復帰がままならない
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です

9月21日は「敬老の日」でした。

我が国日本の超高齢化に伴い、外来の診療でも、歯科の訪問診療でも
入れ歯(義歯)を必要とする高齢者はますます増えることが予測されます。


入れ歯を快適に使っていただくために日頃のお手入れ・ケアが大事であることはもちろん

ご自身の歯や歯ぐきの健康や予防だけじゃない

入れ歯の役割を超えた、
生活の支援・健康の支援まで寄り添える歯科衛生士の活躍が期待されるものと思います。
b0191221_12425028.jpg
写真は歯科技工士北島さんが、患者さんの入れ歯(義歯)をビッカビカ新品同様に研磨しているところです。
当院スタッフに研磨の役割、研磨の本質、研磨の作法、研磨の魂をレクチャーしています。

入れ歯(義歯)のプロフェッショナルケアです。
たかが研磨、されど研磨です。
患者さんの毎日の入れ歯洗浄や入れ歯洗いを正しく実施してもらうには専門家による情報提供が不可欠です。



歯科医師(ドクター)歯科技工士が作製した、入れ歯(義歯)を装着した患者さんに対して

歯科衛生士も加わり、お口の専門家の協力体制が得られている歯科医院こそ
安定運営のポイントであり、

患者さんの心に受け入れられるものを常に目指し
それぞれの専門分野で患者さんを支え続ける体制がとれていること。


新しい入れ歯(義歯)を作って終わりじゃなく

まずは、歯を失って入れ歯(義歯)を装着する人の心の痛みやお気持ちを理解し

入れ歯(義歯)のいずさ、違和感、痛みなどためらいなく口にできるような関係づくりができるのも

デキる歯科衛生士の大きな役割だと自負しております。


私たちの仕事は、むし歯や歯周病の予防だけじゃない!

『噛む』指導、『噛む』機能の向上がおこなえる歯科衛生士が求められています!!


歯を失っても、適切な入れ歯(義歯)を装着することでコンプレックスや不安、
患者さんの生活の豊かさまで高めることができるものっ


歯科医師、歯科技工士を支える歯科衛生士は

患者さんへ『噛める』喜びが伝えられていないと、真の治療の価値が台無しになってしまいます。


入れ歯(義歯)に疎い歯科衛生士が意外に多いように感じますが

「敬老の日」を機会に高齢の患者さん、入れ歯(義歯)を使用されている患者さんの
おいしく食事を楽しむ支援ができる、入れ歯のプロフェショナルケアを提案できる歯科衛生士でありたいものです。



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆


診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2015-09-25 13:53 | 日記 | Trackback | Comments(0)

シルバーウィークと歯科衛生士あるあると私

こんにちは。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今年のシルバーウィークは休日が集中して連休になった皆さんも多いのでは?

「来年のシルバーウィークも楽しみ~♪」なんて夢膨らませていましたが

な、なんと!!

次にやってくる大型連休のシルバーウィークは

2026年になってしまうそうですっ

ってことは・・11年後。ないわー。

皆さま、後悔のないシルバーウィークをお過ごし頂けたでしょうか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、無駄な情報ですが
私のシルバーウィークは、歯科衛生士の友だちと旅行でした。

学生時代からの同期で同じ年。

それぞれ、同じ年月を”歯科衛生士”としてたくましく生きています(笑)


家族でも、人生のパートナーでも、同僚でもありませんが
おそらく、目標や向かう方向性に対して気持ちを分かち合うことができる仲間であると思っています。

仕事や自分の役割も確立し、機能しそこそこ安定している、妙齢な歯科衛生士3名。微妙です。

加齢に伴う変化や、日頃のストレス、激務を忘れていざ出発ぅ!


某○○デンタルクリニックで働くK

某○○歯科医院で働くA

北32条歯科クリニックで働く私


話す内容が実にくだらない。



~歯科衛生士あるある~

「ねー ”歯科衛生士あるある” 何か言ってみてー」

「んーとね。食渣とかプラーク多い人はイヤだけど、歯石が多い人は何か好き。」

K&私「あー。あるある」

b0191221_18180581.jpg
下の前歯の裏側など、誰でも歯石がつきやすい場所ってあります。
大きな塊で歯石が取れると、患者さんに見てもらいたいくらいウキウキしています。


取り甲斐のある歯石に出会えた喜びいっぱいで、
つい「どれくらいの期間、歯石取ってないんですか?」とか
余計なことまで聞いちゃいますww


患者さんの苦痛や時間を忘れるくらい、歯石除去(スケーリング)にのめり込んじゃうほど
好きな仕事の一つです。


ちょー気持ちいい♪

ちなみに、歯科衛生士の私でも歯石になっちゃいます。


そんなワケで、本ブログに新たなカテゴリー設定「歯科衛生士あるある」です。

患者さんが見ても、ちっとも面白さはわからないと重々承知しておりますが
ネタがいっぱいありそうなので気ままに連載させますっ(笑)



乞うご期待(笑)



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/




by kita-32 | 2015-09-24 09:09 | 歯科衛生士あるある | Trackback | Comments(0)

9月14日 強い雨、大雨、雷、ヒョウ

b0191221_21120321.jpg
こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今日の午後
びっくりしましたねー

大粒のヒョウが降っていました(◎_◎;)

雷もゴロゴロしてて、大雨が降ったり止んだり不安定なお天気でしたね。

避難しようかと思うくらい。

患者さんが、ボソッと窓を眺めながら
「天の怒りだ・・」とつぶやいていたのが怖かったwww


こんな時
防災気象情報(洪水・降水・注意報など)の正しい理解が必要だと思いました。

診療中だと、歯医者の近くの避難場所や安全の備え
患者さんの誘導など、スタッフで共有する必要があるかもしれませんね。



台風18号にともなう豪雨の影響で
浸水や土砂災害、茨城や栃木で洪水で被害に遭われた方々もいらっしゃいます。
心よりお見舞い申し上げます。



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/




by kita-32 | 2015-09-14 21:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)

人に任せるということ

b0191221_19174668.jpg
地下鉄南北線「北34条駅」3番・4番出口すぐ
北32条歯科クリニックのブログにご訪問いただきまして
どうもありがとうございますヽ(´▽`)/

こんにちは。
北32条歯科クリニックの秋は”食欲”歯科衛生士工藤です。

この時期、それぞれのご家庭で作る”イクラの醤油漬け”に夢中です


今年は、院長(森山)に、私の好みの味に仕上げて作ってもらいました♥

どさくさに紛れて、お願いごとや、頼みごとができるタイプで
どちらかと言えば図々しい方の工藤です。

週末は白いご飯にこれでもかっってくらいのっけて、
鮭&イクラ祭り開催しましたっ↑↑↑
「イクラの宝石箱やー」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、
人にお願いする。人に任せる。について

仕事において合理的に人に任せる度合いも様々ですが
人に任せた方がいい場合も多く経験しています。

任せてもらえる自信ややりがいも大きな成長や喜びの一つです

協力者が多く、頼み頼まれる関係構築がスムーズにできる人はスバラシイですね

今回の”イクラの醤油漬け”は院長に任せる!を例に考えてみると


①不得意なこと、ニガテなことを任せる

②得意なこと、強みを任せる

があると思います。


①において(イクラの件はこっち)
私が一生懸命やっても、苦しく、時間もかかり、楽しくない。こと(笑)
別に私がやらなくてもよいこと。も含まれます。

イクラの醤油漬けのことを考えるより、仕事のこと、患者さんのことを考える方がよっぽど生産性がある。と言うこと

↑オマエが言うなww


②においては
私なら余裕で目をつぶっていても楽々に出来ちゃうようなこと。
任せた人の成果を評価することができ
成果が得られなかったとしても、想定内であること。

いくらでもフォローができフィードバックで別の成果を期待できると判断できたとき。

↑学生さんの臨床実習や、新人歯科衛生士などに患者さんを任せる!ときはこっち。

また、思い切って任せることって勇気がいるときもあります。

「人任せにできない」と言っているセンパイは
本当の育成はできていないことが多いです。。。気持ちはわかるけど


最近の私は、どんどん人に任せたいと思っており、
安心して任せてみようと思える後輩が育っていることにも感謝しています。
任せる気満々です
あらゆる業務をスマートにしたいですね~←サボりの公言

今更、ニガテ分野で苦しむエネルギーの余裕がありません( ;∀;)チーン
もうムリがきかないのを実感しております( ;∀;)チーン

そこで、任せる人を選ぶ目を持つことが最も大事(笑)

”イクラの醤油漬け”を当院スタッフ〇〇さんや、□□さんに任せるのではなく
院長に任せることにしたのは、料理や素材にこだわる院長の性分を読み

絶対美味しい!美味しくないワケがない!とピンときました。

私の柔軟性のあるマネジメント力の賜物( ̄ー ̄)ニヤリ

期待どーり、
いや期待以上の満足!!
院長、美味しい”イクラの醤油漬け”その調子でよろしくお願いしますm(_)m


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/







by kita-32 | 2015-09-14 09:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「食べる」を支える歯科の訪問診療

b0191221_15235928.jpg
本日お伺いした、在宅での介護状態にある患者さん
「歯医者はイヤだ」と指でバッテンにして訴えますww
ちなみに・・・奥さんが作るごはんが自分のお口に合わないときも
このバッテンをされるそうです(笑)

特に、「認知症」の状態にある患者さんにとっては
突然現れた他人に口の中を覗かれるなんて、抵抗するのは無理もありません。
誰だって、歯科治療は決して好きなことではないように
「認知症」の状態にある患者さんなら尚のこと。。。



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤でございます。

当院は、在宅(ご自分の家)で介護状態にある、もしくはご病気で療養されている
歯医者にお一人での通院がむずかしい患者さんのご家庭の中で歯科治療をしております。


訪問診療の現場で直面するいわゆる”老老介護”

老老介護【ろうろうかいご】とは?
高齢者の介護を高齢者がおこなうこと。(※65歳以上)
高齢者同士のご夫婦、親子、兄弟などで介護する側、される側となるケースをさします。


介護する側の老妻の本音。

私には経験がないので、何のアドバイスもできないのが心苦しいのですが

襲ってくる不安、そして尽きぬ愛情。

新しい入れ歯(義歯)ができるまで

ご主人が食べやすく、十分な栄養をとることができるように

調理も工夫され、いろんなおかずをミキサーで調整してみたり

老妻も足をひきずって歩きながら

介護する側の方が、睡眠時間や自分の時間を奪われ不規則になりやすいはずなのに

「お父さん、食べれるようになるのが楽しみだね」と話かけるお姿に
涙がでそうになる。

せめて、患者さんのために在宅介護の現場で『食べる』を支える歯科衛生士でありたいと思っている。


認知症の症状がある場合

・食欲はあるか?

・食べ物を認知(認識)できるか?

・自分で箸やスプーンを使って食事できるのか?

・食事のときにムセていないか?

・食べられる量は?

・どんな食事の形態に工夫しているか?(常食・柔らかい・ひとくちサイズなど)

食事の情報で健康状態や噛める機能を推し量り、変化を知ることも大事なこと。


きれいごとでは済まされない、介護する側&される側の現実。

自宅で生活を支えながら介護する仕組み

家族(夫婦・親子・兄弟)が面倒を見たいという気持ちを支える仕組み

が、もっと盤石になればいいのになぁ。


歯科という立場から
「食べること」の大切さを理解してもらえるように、多職種と分かち合い
食のサポートができる訪問歯科を目指しますっ!



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/




by kita-32 | 2015-09-09 16:38 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)

歯科衛生士 北林①

b0191221_11583576.jpg
こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

本日、ご紹介する当院の歯科衛生士 北林さんです。

北32条歯科クリニックスタッフの平均年齢を若くするという大きな責務を担っています(笑)


保育園に通う子どもを持つ、若い2児のママ衛生士で

週に4回勤務のパートスタイルで外来も訪問診療(往診)も担当。


いつもひょうひょうとしているけど
とっても素直な心で、さっぱりしている人


興味や好奇心がとても強く

特に理想とする自分にむかって挑戦するのが好きなタイプ
※ザ・マイペース!!!

だから

ダイエット
体型維持
美容
肌にいいもの
体にいいもの

などの自分のためのお手入れ情報は北林さんの大好物♥
当院の美意識担当歯科衛生士です☆↑↑↑


お肌や髪のきれいな人は、食べるものに気をつけている人が多いですね。

年齢を重ねるほど明らかに差がでてくるもの・・


歯科衛生士という仕事は
医療職であることはもちろんなのですが

患者さんの健康的な笑顔や、白く輝く美しい歯へのご提案

見た目の仕上がりや、若々しさや自信の回復にもかかわる仕事です。

常に患者さんの美意識や健康志向の要求に的確に応えられるのがプロ!


私たちスタッフが、老けた印象やお手入れ不足でボサボサ&ガサガサじゃがっかりです(-_-;)

つか、説得力も何もあったもんじゃないですね(笑)


夏の訪問診療や移動で浴びた紫外線ダメージを残したまま、乾燥しやすい秋に突入です

お肌も
髪も
お口の中も
潤いと、ツヤが若々しさの秘訣です!!



若いのにきちんと努力している北林さん

若くないのに、努力もしないなんて密かに思われてたらちょー致命的(笑)

ハイ、努力します・・

できる範囲で美と健康をキープしていたいものです・・・


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/





by kita-32 | 2015-09-07 09:33 | ☆スタッフ紹介☆ | Trackback | Comments(0)

臨床実習レポ ㉓ ~当たり前に気づく~

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

当院は、歯科衛生士専門学校の学生さんの臨床実習先医院として認められております。

”予防歯科”
むし歯や歯周病にならないように、定期的なメインテナンス、クリーニング、ブラッシング指導をおこなうのは
歯科衛生士の大切な使命ですっ。

一人でも多くの方々のお口の健康、食べられる機能回復、感染症から守るため
優秀な歯科衛生士を育てることは、私たちの重要な仕事です(^^)/

臨床実習の学生の受け入れにご理解、ご協力をよろしくお願いします。

b0191221_20571343.jpg
本日から実習にきている、学生Tさんです。

人と話すのが好き

人と関わるのが好き

これからの将来性、手に職(資格)、女性が自分の年齢に合わせた働き方ができるとの理由から
「歯科衛生士」という職業を選んだそうです。


若いのに、しっかりしてるねー(-_-;)


本日は、歯科の訪問診療に同行です。

はじめて見る歯科の訪問診療の現場です。

緊張と不安から縮こまりがちな学生さんの気持ちを解きほぐしてくれるのは
いつも、患者さんです。

患者さんの笑顔です。


外来で接する患者さんは、

患者さん本人が訴えるむし歯や歯ぐきの気になる症状に合わせた治療計画があるのに対して


訪問診療先(往診)での患者さんは
お口の中の様子から、歯ブラシやうがいなどの自立度を判断したり

口から食べることに不具合や、違和感、痛みがないか?

たとえば、唇の動き、舌の動かし方、噛み方、話し方などを観察し

上手く表現することができない患者さんの声になっていない訴えを感じ取ること


自分たちが当たり前にできることが

出来なくなった状態にある患者さんを、自分の身に置き換えて

自分たちの専門分野(歯科)でできる範囲内で一生懸命患者さんと向き合うこと

常に学生さんにお伝えしています。



人と関わることが好き

改めて、人との出会い、ご縁を大切にして欲しいと思いました。

患者さんやご家族

歯科以外の多職種の方々

人と話すことが刺激になって、自分に足りないもの、逆に強味なんだと知ること

違う視点や考え方

発想、アイデア、気づき、経験、多くのヒントが得られます☆☆☆


自分から積極的に関わり、実習でたくさん吸収する学生さんに私たちもいつも刺激をもらっています↑↑


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2015-09-03 21:47 | 臨床実習レポ | Trackback | Comments(0)

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪
by 札幌の歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
画像一覧

[北32条歯科クリニック]診療日

●月曜日 9:00-20:00
●火曜日 9:00-17:00
●水曜日 9:00-20:00
●木曜日 9:00-17:00
●金曜日 9:00-20:00
●土曜日 9:00-13:00

なお、訪問診療は毎日対応しています。

☆ホームページはこちら
  ↓↓↓↓↓
URL http://clinic.sapporocity.info/

☆ケータイからはこちら
  ↓↓↓↓↓


最新のコメント

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな