札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ 

<   2015年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

歯科衛生士×歯科技工士のコラボで介護予防

こんにちは
北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のすこやか倶楽部担当歯科衛生士工藤です。

6月も、残すところあと2日。
皆さま如何お過ごしでしょうか?


さて、先週は
東区介護予防センターなえぼ様からのご依頼で
”すこやか倶楽部”の健口教室に行ってまいりました。


そもそも、介護予防センターとは?

札幌市には地域包括支援センターを補完する役割で介護予防センターが設置されています。
※総合的な介護予防マネジメントを行うのが、地域包括支援センター

①地域の元気な高齢者を対象にした介護予防事業を行うところ

②高齢者やご家族のさまざまな相談に応じてくれます

③地域の介護予防活動を支援しています

お元気な65歳以上の方を対象とした
運動・栄養・閉じこもり・認知症予防などの教室を開催

♦♥♦―――――♦♥♦

それは、いつまでも住み慣れた地域で安心して自立した生活がおくれるための大事な予防活動です。


介護保険やサービスの仕組みって、当事者でなければ
聞きなれなく、難しい感じがありますね。

b0191221_21050934.jpg

東区介護予防センターなえぼの「すこやか倶楽部」毎年、伺っています(笑)
今年も、参加者皆さんのお元気なお顔を見れて安心しています。

歯科という立場で、介護予防の大切さ。

噛むこと
食べること
飲み込むこと
話すこと
コミュニケーション
感染症の予防
踏ん張りのきくかみ合わせをつくること


歯科が介護予防に大きく関わっているんです!



今年は歯科技工士の北島さんもコラボして

「歯科技工士がお伝えする”使える”入れ歯について」

☆関連記事☆
歯科技工士 北島①


歯を失った!見た目、噛める、安定した本当の入れ歯の役割と良い入れ歯の見分け方のことは歯科技工士が!


歯を守る!残っている自分の歯のお手入れや、お口の中の細菌のことは歯科衛生士が!




歯科技工士北島さんが話していた内容で

2011年3月11日に襲った東日本大震災
時刻は、
14時46分

犠牲者の方々、被災された方々の多くはその時間”入れ歯”を入れていなかった人が多かったそうです。

要するに、昼食を済ませ
入れ歯を外して洗う
煩わしいし、痛いから食事のときだけ装着している。

14時46分
この時間帯は、多くの人は入れ歯を入れていなかった。



参加していた皆さんも、私もとても衝撃的なメッセージから北島さんの話ははじまりました。

入れ歯の製作者ではあるが、調整、修理にすべての患者さんと向き合えていないこと

入れ歯をあきらめている人がいるという事実

どこまで、求められた入れ歯作りができるか

普段、なかなか接する機会のない歯科技工士さんの生の声は本当に熱く、面白かった。


今後も、北32条歯科クリニックでは地域の介護予防活動に貢献してまいります!
介護予防の拠点に”歯科”という専門性で口腔機能向上の普及、啓蒙、発信をしていきまーす
ヽ(・∀・)ノ







☆関連記事☆
歯科衛生士にできる”介護予防”

すこやか倶楽部~歯科衛生士は地域のもの~

「健康」は自分で学ぶもの


☆★北32条歯科クリニック★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2015-06-29 09:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「歯が取れた」~ブリッジの脱離?~

こんにちはーヽ(・∀・)ノ
毎度さまでございます。北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。


先日、急患でいらっしゃった患者さん。

「歯が取れた」とのこと

そりゃ、お困りでしょう・・

んで、こんな感じでした。

"歯科衛生士は見た!!"
こりゃ、事件です!!

b0191221_19285186.jpg



注意
※私たち歯科で働いていると、特に驚く写真ではありませんが
一般の方が見たら、「げっ」とか「キモい」感じに見えたら申し訳ありません。。

ちょっとかわいい♥と思えるように加工してみましたが、どでしょwww


さて、ここでお伝えするのは
歯が取れた原因について。

b0191221_19340143.jpg

写真ではわかりにくいかもしれませんが

①の原因は「むし歯」です。
歯がむし歯の原因菌に感染して、根っこの途中で折れているのがわかります。

ってことは、根っこの先っちょは患者さんのお口の中に残ったまま。

二次カリエスです。

☆関連記事☆ ↓
大人のむし歯「二次カリエス」




②の原因は「歯周病」です。
歯を支える骨や歯周組織が破壊され、グラグラ→自然に抜けてしまった(泣)

根っこごと抜け落ちているのがわかります。




③は、「冠の脱離」です。
この写真の症例の場合、冠を装着していたセメントが溶解して取れてしまったみたいですが
かぶせてあったご自身の歯は、お口の中にそのまま残っています。

冠のフチから進行したむし歯が原因で、セメントを溶解したのかもしれません。


残念ながらこれはブリッジなので、元に戻して差し上げることはできません( ;∀;)

「痛い」とか「しみる」とか「腫れてる」といった症状はないようで
それは、安心しましたが

しばらく、通院が必要な状況のようです。。

患者さんもさぞびっくりされたことでしょうwww
ーーーーーーーーーーーーーーーー

こーなってしまう前の予防方法として

歯科の定期検診と詰め物、被せものの周りの清掃が本当に大切です。


定期的に歯科の検診&メンテナンスを受けている患者さんは

私たち歯科衛生士が1本1本の歯のクリーニングをしながら

被せた冠のフチや隙間

詰め物ののフチや隙間から、怪しいむし歯の進行をチェックに目を光らせています!

歯周病の危険性もチェックしています。


残念ながら、歯周病が原因で抜けてしまった歯は元通りになりません。

過去にブリッジを装着された経験がある

過去に銀歯や差し歯を装着した経験がある方は
二次的な感染を予防する定期的なメインテナンスをおすすめします。


当事者である患者さんには大変お困りのところ失礼で申し訳ありませんが
この写真、いろいろな症状を複合的に説明しやすい”イイ写真”かもしれませんww




☆★北32条歯科クリニック★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/

by kita-32 | 2015-06-26 09:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)

すべての患者さんにPMTCを♥

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

当院では、定期的なPMTCをおすすめしています。

※PMTCとは?
専門の機器を用いて、徹底的に歯をきれいにすることです。
歯の着色汚れを落とし、歯の表面をツルツルにするので見た目も白く、汚れがつきにくくなります。

患者さんが気付かない、落としきれていない汚れ
原因となる細菌の数を減らすこと
定期的なPMTCで、歯周病・むし歯を予防するお手伝いをしています。


外来にいらっしゃる患者さん♥

b0191221_10185082.jpg
歯科の訪問診療(在宅)の患者さん♥
b0191221_10170405.jpg
それは、通院環境に関わらず、
1本でも自分の歯がある患者さんにおいては
すべての患者さんに提供する大事な予防処置の一つです(・∀・)



特に、ご自宅で介護のサポートを受けている高齢の患者さん

歯をきれいにするだけじゃなく、

食べられているかな?

飲めているかな?

ご家族も交えて、日常生活の様子や介護サービスの利用状況
介護力も含むご家族の様子を伺いながら
世間話やおしゃべりできるとっても楽しい時間です♪



私たち歯科衛生士は、
ひとり一人の患者さんに合わせたクリーニングを行うために

お口の中の状況・詰め物、かぶせている冠やブリッジの状態を観察する力、

全身状態を把握する力

技術やテクニックはもちろんのこと
器材の選択、使用方法や根拠を説明できることがプロとして求められます。



患者さんもよくご存知で
北32条歯科クリニックでメンテナンスをすることを選んでくださった理由にあげてくださいます。


専門性を追求することは
専門職に就いている以上当たり前のことです

患者さんもそれを求めて来られます。



すべての患者さんに寄り添ったPMTCを常に心がけ

① お互いリラックスして急がない

② 1本1本の歯の表情に着目して傷つけない

③ 患者さんに痛みや苦痛を与えない



歯医者さんに行く

歯医者さんが来る


患者さんとの楽しい双方のコミュニケーションになる

自分の歯のこと、自分に合ったお手入れ方法を知る

お互いの近況や会話も親しみやすさや相談しやすさの一つだと思っています。


せっかくのPMTC、継続することの効果を実感しています☆☆☆

リピートして下さるよう、私たち歯科衛生士は
患者さんの欲しい情報、技術、コミュニケーションスキルを追求してがんばるぞ!




☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/

by kita-32 | 2015-06-24 11:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

秘密の特訓~練習に苦戦~

b0191221_22391737.jpg
こんにちは
北32条歯科クリニックのどちらかと言えば、エラそうな方の歯科衛生士工藤です。

「学ぶ」という言葉の語源は「真似る」からきていると聞いたことがあります。

技術の習得は
お師匠さんを真似て身体で覚えていくのが大事です。


そんなワケで、「幸田秘密の特訓」を開始しています。
身体で覚えることが難しい”左利き”ちゃんですwww

☆関連記事☆ ↓ ↓
歯科助手(学生) 幸田①


患者さんの口の中だけで様子や技術を見るのではダメです。

「器具の先ばっかり見なーい!」と逆鱗に触れ


もっと大事なのは、右手の動きや角度、左手の動きや角度、目線、視界の保ち方です。


私たちセンパイの秘密の特訓は超スパルタですっ

泣いてもダメっ!
涙は武器にならないことも今のうちからしっかり指導(笑)


アシスタント(診療の補助)をしているときの

バキュームの握り方、指の角度

患者さんのデリケートなお口の中の触れ方

ライトの当て方

声をかけるタイミング

足腰の安定とフォーム

治療に集中する先生との呼吸の合わせ方とタイミング


「フラフラしなーいっ!!」とまた逆鱗に触れ


アシスタント(診療の補助者)がバタバタどーしようと焦ったり
一瞬でもパニクったりすると、患者さんに必ず伝わってしまうはずです。


『安全』の確保という私たちにとって一番大事な仕事がおいてけぼりになってしまいます。


自分の技術で容量いっぱいになり
患者さんの表情、手や足先の力の入り具合やサインを見逃してはなりません。


患者さんの『安全』や『快適性』を確保したうえで
正確さやスピードアップを心がけ、自分の身体にも負担の少ない体勢のバランスをとれるように指導しています。



「上手くできるときと、上手くできないときがあります」


10回に1回くらいのまぐれの”上手く出来た”は私たちには通用しません(笑)

10回中10回”上手く出来る”まで苦戦ちう

練習であり、特訓ですもの楽しいワケがないっつーの



大切なのは、一つ一つの動きや、一連の動作に実は意味があり

むだ・むら・むりが無く

患者さんのチェアタイム(実際の診療時間)をできるだけ短くして差し上げること

患者さんが負担や苦しく思うことを出来るだけ少なくすること


練習なしでは、簡単に身につきませんのよ

だってー、私たちセンパイはプロですもの「オホホホホホホ・・・・」



実際の患者さんを目の前にしたときに真の『安全性』が見えてくるまで練習し続けること!

秘密の特訓はまだまだ続きます・・・




☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/

by kita-32 | 2015-06-23 09:04 | ☆スタッフ紹介☆ | Trackback | Comments(0)

介護職員専門研修~札幌~

b0191221_07551002.jpg
こんにちは
歯科の訪問診療もしております、北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

昨日、6月18日
北海道社会福祉協議会からのご依頼で
『平成27年度介護職員専門研修』の開催で講師として参加させて頂きました。

講義テーマである
「摂食・嚥下の理解と口腔ケアの重要性」という内容で

各地区で勤務されている、介護職員さん・介護士さん・ヘルパーさん・介護福祉士さん・支援員さんなど93名の参加の中、私くし、大変恐縮ですがエラそうに(笑)口腔ケアについてお話させていただきました。


北32条歯科クリニックでは
”診療室だけじゃない地域で活躍できる歯科衛生士を目指す”をスタッフの目標の一つに掲げておりますヽ(・∀・)ノ


この様な機会を与えて下さった
北海道社会福祉協議会担当者様、本当にありがとうございます。


参加者の皆さんも、日頃現場で利用者さんと向き合っている証、とても熱心で真剣なパワーがビシビシ感じます。


質問も活発に飛び交い
途中のワークも和気あいあいと、皆さんコミュニケーション能力も高く
本当にあっという間の楽しい2時間でした~♪




当院からは訪問診療を担当している歯科衛生士も参加していました。

☆関連記事☆
歯科衛生士室歯科衛生士青木歯科衛生士長田


休憩時間にも関わらず、質問者がどしどし来ていましたね(笑)

歯科と介護(福祉)の垣根を感じない、交流が楽しかった!!!


~担当する利用者さんの口腔内へのお困りごと~

・入れ歯に関する疑問や質問

・訪問歯科診療での治療内容や、相談手段

・嚥下機能の低下の疑い

・孤立した歯の具体的な清掃方法

・認知症の状態にあり口腔ケアの拒否がある利用者さんについて

・ケアマネージャーと歯科との連携の実現は

などなど、個別の相談もあり、今回の講義で
一方的にならず、双方向のコミュニケーションがとれたと実感できました。

お互いの業界(体質)が抱えている問題や疑問を共有できる貴重な時間でしたね・・


私たちがおこなっている
口腔ケア~お口は生きる入口~
熱意と愛情のエネルギーが伝わったはず(笑)

この場をお借りしてお礼申し上げます
北海道社会福祉協議会の担当者様、私たちを見つけてくれて本当にありがとうございます。
チャンスを与えてくださったことに感謝申し上げます。


何度も、資料プレゼンの構成に助言をいただいた関係者の皆様、ありがとうございます。


北32条歯科クリニックの先生・歯科衛生士スタッフの協力無しではできなかった・・
プレゼン練習に付き合ってもらい、褒めてもらい(笑)、自信をつけさせてもらっています♥ありがとうございます。



一緒に来てくれた歯科衛生士室さん、青木さん、長田さん
多くの参加者さんの質問に答えてくれていました
同じエネルギー量で仕事をしてくれている仲間の安定感ハンパなかった~
心強かった♥ありがとうございました。



訪問診療先介護施設関係職員様、在宅訪問診療先でのご家族の皆様
多職種の皆さんから学んだことは測りしれません。
歯科という立場から全身への疾患・対応・を各専門家のご意見をいつも教えていただいております♥ありがとうございます。



最後に、
資料作成・撮影に快く協力いただいた患者さん(利用者さん)
私たちは、大事なことは全部患者さんから教えてもらっています。


患者さんが先生です。


学んだこと、経験を今度は、より多くの現場の皆様にシェアしていきたいと思います。
より多くの患者さん(利用者さん)へ貢献できますように・・☆


☆ついしん☆
日頃、スーツなんて着慣れないもんだから
ちょっと違和感ww
写真見て、何かオバサンくさくてちょっとショック(笑)

デキる女風には、程遠い・・チーン



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2015-06-19 10:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

臨床実習レポ ㉑ ~ 他校と交流~

こんにちは
今年の夏は遊ぶぞーっ♥と心に決めた、北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤ですヽ(・∀・)ノ


さて、先週のブログでも投稿させて頂いた
「北海道歯科技術専門学校」に講義に行くの続編です。

2週に渡って、歯科技工士研究科生への講義がありました。

b0191221_20450251.jpg

☆関連記事☆
歯科技工士~その人らしさをつくる~


今回は、現在当院に臨床実習に来ている3年生Kさんも
私のお弟子さんとして一緒に行きました~

他校の学生さんとの交流

しかも同じ業界だけど、他職種→(歯科技工士×歯科衛生士のコラボ)ww


学生さん同士、年齢も同じと言うこともあり、
休憩時間も学生さん同士の交流が何だか微笑ましい(笑)

青春かっ!

保護者のような微妙な気分www



お互い、今どんな勉強しているのか?

歯医者さんでの臨床実習ってどんなことしてるの?


お互い知らないジャンルの発見に興味津々

楽しみを共有できる仲間がいる

自分より前に進んでいる人がいる。負けないぞっ!

お互いの活躍をワクワク&キラキラ話ができる


夢の実現に向けたたくさんの努力が、実を結びますように♥
限られた「学生」という時間だからこそ
その時間を最大限に活かして、様々な経験をしてもらいたいですね。

私も
交流の場をつくる機会を作ってあげたり
歯科界の頼もしい若者たちの成長のサポートに関われて嬉しいよw

b0191221_20564476.jpg
↑ 「自分のお口の中を石こうの模型にしたいので型とりしてもらっていいですかー」

歯科技工士学生さん、みんなにガチで見られながら(笑)

Kさんにとっても刺激になるね。



つか、青春かっ!(2回目)



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/

by kita-32 | 2015-06-17 21:31 | 臨床実習レポ | Trackback | Comments(0)

歯科衛生士の離職

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です

夏至を迎える、日の長いこの季節
札幌にも「YOSAKOIソーラン祭り」「北海道神宮祭」など
気温も気持ちよく爽やかな夏のはじまり、夏満喫しましょ♥

私が歯科衛生士専門学校の学生で実習生の頃は
お祭りで診療は休診っていう文化がまだありましたが

今は、お祭り?休診?何で?と言われそうですw

さて、本日は離職について

b0191221_12122314.jpg


歯科の業界では女性がプロフェッショナルとして働ける業種でありながら
歯科衛生士として短命に終わっている現実がまだあるようです。


歯科医院(歯医者さん)で歯科衛生士を求人


毎週の求人誌を見ても、掲載されていない日がありませんw
歯科衛生士の有資格者、いったいどこにいるんでしょ



歯科衛生士の仕事が好きで、この世界で仕事したい!はみんな同じですが

「こんなはずじゃなかった」と失望した人もいるのかもしれません。


結婚・妊娠・出産・育児・介護を理由に
自分のライフスタイルを大まかに切って捉えることしかできない事情もあったかもしれません。



プロフェッショナルとして活躍できるステージがあっても
こじんまりとした歯科医院という組織の中では
日々の診療の中で集中したり、緊張したり、
患者さんやスタッフ間・先生の感情の動きに敏感になったり、
体力・気力ともに、くたびれてしまう時はお互いあるものw


北32条歯科クリニックは
『スタッフみんなで創りあげる歯科医院』を目指し

歯科衛生士業務以外の広い視野

歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士それぞれの分野の専門職と共通言語で話ができ
患者さん一人一人の問題解決に向け、チームをまとめ
お互いの行き違いや誤解も最小限に抑えられる視点が持てるような長く戦力として働ける歯科衛生士育成が必要だと考えています。


自分のことは棚に上げて(笑)




歯科衛生士の「離職」とか「定着」「辞めちゃう人が多い」を問われることがありますが、大切なことは

・前向きな退職を応援できる職場環境にする
・体調を崩しにくい職場環境にする
・この業界に残ってくれるならOKって言い合える業界でありたいですね

スタッフ一人あたりの印象や責任を大切に☆
歯科医院の安定のための長期戦力化を大事にしながら
新しい視点・挑戦・改善・改良を発想できるチーム作りを・・

今週も元気に笑顔でがんばりまーす

☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/

by kita-32 | 2015-06-15 13:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)

歯科技工士~その人らしさを作る~

b0191221_17513240.jpg


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

わたくし、「北海道歯科技術専門学校」において
歯科衛生士という立場から研究科生の講師をさせていただいております。


主に、実際の現場での
患者さんの声や、機能回復している患者さんの姿をお伝えしています。

自分たちの作製した、歯や入れ歯がどのように患者さんの喜びや生きる力になっているかを知ってもらういい機会です♪

※歯科技工研究科とは・・・
既に国家資格である歯科技工士免許を取得しているが
さらに高度で応用的な技術を習得するための教育機関です。


歯科技工士【しかぎこうし】とは?
歯科医師が作成した指示書を元に義歯(入れ歯)や補綴物(差し歯・銀歯)などの作製・加工を行う医療系技術専門職

--------------------------------------------

患者さんのお口の治療を担当する
歯科医師

口腔内のケアを担当する
歯科衛生士

そして、患者さんのお口の中に装着される
金属でできた詰め物や、被せる銀歯、前歯用の差し歯
部分入れ歯や総入れ歯を作製する
歯科技工士

歯医者の治療は、こうした様々な専門家が協力しあっておこなっています。


~お口の専門家による協力体制~


診療室や、訪問診療先で患者さんと多く接する私たち歯科衛生士から見て

歯科技工士さんが作製する、歯や入れ歯はただの”モノ”じゃありません。

私は患者さんひとりひとり、オーダーメイドの”その人の臓器の一部”だと思っています!


患者さんの本来の噛み合わせ

患者さんの元々の歯の色合い

患者さんのその人らしさ

いくら、見た目が美しく完成されても、使い心地が良くない
違和感があるなどの理由から、使っていない人もいるくらい。

患者さんの心に受け入れられるものを目指し、
それぞれの専門家による協力体制で一緒に患者さんを支え続けたいと思っています。




お口は【生きる】入口です

食べること→消化器官の入り口

息をする→呼吸器官も担い

笑う、怒る、悲しむ、話す→コミュニケーション・交流の入り口

お口の専門家のひとりとして、理想の治療に近づこうとするプロでありたい。
よろしくお願いしますm(_)m


あとがき:歯科技工士さんってやっぱり職人気質というか・・
歯科衛生士には無い”あきらめずに突き進めてしまう”マインドを感じますw

対局して、”何事にもすぐに結果を求める”歯科衛生士(笑)







☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/

by kita-32 | 2015-06-11 18:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)

歯医者を替えよう。と考えるとき

b0191221_20163883.jpg
こんにちは
札幌市北区北32条歯科クリニックのブログに訪問いただきありがとうございます♪


『スタッフみんなで創りあげる歯科医院』
北32条歯科クリニックのブログ担当歯科衛生士工藤です。


当院では、
常にスタッフみんなが、イキイキとやりがいを持つ仕事環境であること。
スタッフの充実感こそ、真の患者さん満足に繋がると考えています。


私たちは、患者さんにとって安心できる歯科医院でありたいと常々思ってはおりますが、


患者さんが、もっと良い歯医者さんがあれば、そちらに変えたいと思うのは
当然だと思います!!


前の歯医者さんから、当院に替えて来院された患者さんに
差し支えない範囲で理由をお伺いしたところ・・


「街ナカの歯医者さんに通っていたけど、通うのが面倒くさくなった」

「自宅の近くで通いやすかった」

「予約制だけど待たされるし、次の約束がなかなか取れなかったから」

「まだ症状が気になっているのに、もう終わりと言われた」

「何か、(治療代が)高かった」

「歯医者の前を通ってて気になっていた」

「(治療が)思ったとおりにならなかった」

意外と、拍子抜けするような理由もあったりします。



すっごいクレームがあって、歯医者を替えるなんて、なかなかありません

逆に、クレームを声に出して下さることへの勇気、パワーには
ありがたさしかありません。


小さな不満、少しの疑問が溜まって、いつのまにか来なくなる・・という方が多いのかもしれません。


歯医者替えをした患者さんに伺った理由の中でも
この不満や、疑問は”コミュニケーション”さえ取れていれば
未然に防げていたハズなのに・・と思うことばかりです。

結局、人と人

患者さんの”思ったこと””言いたかったこと”が共有したイメージになっていたのか?が、むずかしいトコロ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかに、患者さんの声に出していない、訴えに自分たちが気付き

患者さんにとっての”最善最良”のお手伝いができ

患者さんにとって抜群のタイミングでおもてなしができること。


担当した患者さんには、もっともっと掘り下げて見ていく必要があるなとも感じています。


患者さんに甘えてはいけない。
全力投球w

患者さんの価値観や基準となるものを理解することが重要!といつも考えています。

歯科医院の成長が
戦力になるスタッフ教育、歯科衛生士スキルアップにリンクしますようにw

今週も元気に頑張りましょう~

☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/

by kita-32 | 2015-06-08 12:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

結果至上主義!

こんにちは
歯科の訪問診療もしております。札幌市北区の北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

テレビのCMでやっているRIZAP[ライザップ]の
結果にコミットするという言葉が大好きです(笑)


b0191221_09204333.jpg
「コミットメントを果たすために必要な全ての能力を提供している」

<コミットメントの意味>

これは、主に3つの意味があるようです。

1、「責任を持った約束・公約・確約」

2、「委託・委任」

3、「責任を持つ関わり・介入」



当院も、歯科医院として、また歯科の専門家として
患者さんのお口の中の環境改善、機能回復、健康増進にコミットします!!


その一つに、お口の中の感染性のある原因菌との戦い。

お口の中は、微生物のすみかです。
こいつら、目に見えないのが厄介。。。


微生物【びせいぶつ】
微生物とは、人の肉眼では構造が判別できないような微小な生物を指す言葉である

・・と、Wiki先生から聞きましたw


私たち、歯科で取り扱う「口の中」

この「口の中」には、な・な・なんと300から700種類の微生物が生息しているんだとか

こりゃビックリです。奥さん!

歯医者で直接関係ありそうな

むし歯の原因菌たち

歯周病の原因菌たち

だけじゃないんですねー

たとえば、カンジダ菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、肺炎桿菌などなど
免疫力や細菌に対する抵抗力が低下すれば、全身的な病気を引き起こすこともあります。

♦♥♦―――――♦♥♦

私たち、歯科の訪問診療で一番大事にしていること。
それは「口腔ケア」です。

歯科医師、歯科衛生士が行う口腔ケアは”プロフェッショナルケア”といって

歯や歯ぐき、粘膜に付着した汚れ(細菌の塊)を除去して

お口の中の微生物の数を減らすこと!
これが、大きな目的です。

外来に通院されている患者さんも

定期検診や、歯石を取りたいとの希望で、歯医者さんでクリーニングを受けていますが

訪問診療、いわゆる在宅での介護やサポートが必要な患者さんにも
同じように、プロフェッショナルケアをおすすめしています。

b0191221_09263229.jpg
要介護状態にある患者さんのお口の中です。

ご病気の後遺症で、自立した歯みがきは、困難で
本人は頑張っていますが
①のように、いつも歯垢がべったり

②赤く染めだしをして歯垢の付着を”見える化”

③私たち歯科衛生士のプロフェッショナルケア後の写真


自立した歯みがきが困難でも、定期的なプロのケアで
歯肉から出血もなく、口臭もなく、お口の中の細菌数の増加もない
↓  ↓  ↓

むし歯や歯周病の進行がない
痛くなく食べられる
よく噛んで、飲み込める
必要な栄養摂取
しっかり噛み締めて、踏ん張りがきく


それぞれの患者さん(利用者さん)のお口の中の状態を評価して
明確な目標を設定し、なるべく短期間で結果を出すw←かっちょいい


世の中の傾向として
RAIZAP[ライザップ]のように
”結果至上主義”の価値に支持を集めてきているのかもしれない・・
と、思う今日このごろ。



私たちも、全ての患者さんに対して
『結果をコミットできる』そんな歯科医療をしていきたいですねー(笑)


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/







by kita-32 | 2015-06-03 09:49 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪
by 札幌の歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
画像一覧

[北32条歯科クリニック]診療日

●月曜日 9:00-20:00
●火曜日 9:00-17:00
●水曜日 9:00-20:00
●木曜日 9:00-17:00
●金曜日 9:00-20:00
●土曜日 9:00-13:00

なお、訪問診療は毎日対応しています。

☆ホームページはこちら
  ↓↓↓↓↓
URL http://clinic.sapporocity.info/

☆ケータイからはこちら
  ↓↓↓↓↓


最新のコメント

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな