<   2015年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

こんにちは(・∀・)
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

突然ですが、今映画にもなっている”ビリギャル”

b0191221_10495344.jpg
この本
「ダメな人間などいないのです。ただ、ダメな指導者がいるだけなのです。」の言葉に共感して一気読みした本です。
映画にも行きたいーーw


さて、当院に現在臨床実習に来ている2年生のSさん
わたし、めんこくてしょーがないです(笑)

自称”ビリギャル”

ギャルでもないのに、ほぼビリ・・といつも自虐的。
自分に自信がない。


歯科矯正で歯並びを治していた途中で
苦痛に耐えられず、途中放棄した経験あり。

今まで、勉強も試験も歯の矯正も嫌なことはすぐ諦めるクセがあり
できない自分の言い訳は多数w


同じことを何度も注意され

叱られたことに凹むも、翌日には立ち直り(笑)

毎日の宿題で書いてもらうレポートに文章力の才能を見つけ

叱られる、褒められるの忙しい毎日。

もう諦める自分、逃げるクセがついた自分から卒業したい!


本日実習最終日、

勉強も宿題も
「工藤さんに怒られるとマズい」から

「患者さんに信頼されたいから覚えよう!」という意識に変わったと言う。

患者さんの心に寄り添うかっこいい歯科衛生士になりたい!

※北32条歯科の歯科衛生士さんたちは理想的だ。とも言ってましたよ
(・∀・)コレホント


”歯科衛生士になるぞ!”とはじめてスタート地点に立てた気がしました。と話すSさんを見て、私たちが「本気で」期待した場合、子どもは無意識のうちにそれに応えるという効果があると”ビリギャル”に書かれていたことがリンクした気がしました

b0191221_12362339.jpg
今日は、歯科で使用する薬剤の味見会です↑

「うえーーーっ!マズい(>_<)!」

「うわっ、ヤバイ!」の連発w

患者さんのお口の中で使用する

・根の治療の時の洗浄液
・根の治療の時の根管消毒薬
・仮止めする材料
・白い樹脂の材料の接着剤
・止血剤
・銀歯をくっつけるセメント
・表面麻酔剤

など、患者さんが日頃感じる(かもしれない)
薬液、薬剤、材料の味を自分の身を持って経験してもらいました。

これによって、バキューム操作で
患者さんに不必要な不快な思いをさせない技術を学び

処置の際に味合わせないテクニックを習得し

患者さんへの声かけに

治療の補助の際、気をつけたいことに気づいてもらえたはず(笑)


近頃の若者も捨てたもんじゃない
素直で真っすぐなコが多い
未来の歯科業界のために、若い芽を大切に育てたいですねー

将来が楽しみ♪

学生さんの学ぶ姿勢を見て、私たちも初心を忘れず
真っすぐ患者さんと向き合うこと、
患者さんのために最善を尽くすこと、
患者さんの喜びを自分たちの喜びとして感じられる医療従事者であること

当たり前ですが、こちらが気付かされることが多いです。

2ヶ月間の実習、お疲れ様でした。



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/

by kita-32 | 2015-05-29 14:24 | 臨床実習レポ | Trackback | Comments(0)
b0191221_10010865.jpg
本日も北32条歯科クリニックのブログに訪問いただきありがとうございます。
先日、北区介護予防センター新道南さまからのご依頼で
「すこやか倶楽部」の健口教室に行ってまいりました。
毎回の交流がとても楽しいです♪
ご参加頂いた、すこやかさんありがとうございますm(_)m

♦♥♦―――――♦♥♦

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

「介護予防」ってご存知ですか?
介護保険で、介護が必要な方々にそのサービスを届ける一方で
介護を重症化させないために、要介護の改善や悪化防止のために
”介護予防”をより実効性のあるものとされようとしています。


北32条歯科クリニックでは、”歯科における介護予防の役割”として

『口腔機能向上』を考え

・お口の廃用症候群を予防
→人間の身体の機能は使われないと徐々に衰えていきます。
食べる、飲み込む、話す、入れ歯を入れるという機能の低下(生活不活発病)を防ぎます

・栄養の改善
→食べられない、飲み込めない、噛めない、歯がないといった
食事を食べるためのお口をつくること、
痛みや違和感がなく美味しく食べられるお口をつくる支援をしています


食べること

飲めること

話すこと

呼吸が阻害されないこと

”生きる”機能の低下が軽度のうちに早く発見し、リハビリテーションできることを目標にしています。

自立して、自分のことは自分でできる!
家事や趣味など、地域の交流にも参加できる
日々充実した毎日をお過ごしいただきたいものです。

楽しい食事の入口である”口腔”を一生サポートしますょ(・∀・)


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2015-05-27 10:08 | 日記 | Trackback | Comments(0)

歯科衛生士 平井②

こんにちは
北32条歯科クリニックの少子高齢化対策係、歯科衛生士工藤です

当院では、「子どもを産もう」「子どもを産んで育てられるクリニックにしよう」と呼びかけています。

子連れ出勤可

子連れ通院可

北32条歯科クリニックは
小さい赤ちゃんを育てるママ&パパを応援していまーすヽ(´▽`)/

♦♥♦―――――♦♥♦


さて、
当院スタッフ、歯科衛生士の平井さんです。
5月いっぱいで産休に入ります。出産予定は7月。
初めての出産で不安な中、おっきいお腹でお仕事がんばりました~♥

b0191221_13532860.jpg

過去記事 ↓ ↓
歯科衛生士 平井①

いつも、歯科衛生士としてのクオリティ、正確さ、スピードを追求し
”スタッフみんなで創りあげる歯科医院”というブランディングに欠かせない
チーム☆北32条歯科クリニックのメンバーの一人です。


同じ職場内で
自分と同じ意識で仕事をしてくれるパートナーってとっても大切です。


同じ職場内で
目指す方向性や、心の持ち方に温度差を感じず働けるって
とってもラッキーな環境だと思っています。


そーいう意味では、平井さんはパートナーです(・∀・)

優先順位が同じ

お互いの経験に基づいてる”直感”がだいたい同じ

何よりも患者さんに向き合うエネルギー量が同じ

・・・私たち、本気出したらスゴイんです(笑)


仕事と子育て両立を応援ヽ(´▽`)/
お母さんになって、能力も熱意もパワーアップして復帰してくれるのを待っています♪




☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2015-05-23 14:59 | ☆スタッフ紹介☆ | Trackback | Comments(0)

歯科技工士 北島①

札幌市北区「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問いただきありがとうございます。

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

当院では、入れ歯の作製、調整、修理など、ご希望があれば
入れ歯専門の歯科技工士さんが立ち会いの元、患者さんの心も身体も満足していただける入れ歯づくりのお手伝いをさせていただくことがあります。

~快適な入れ歯、最高の入れ歯ってどんな入れ歯ですか?~


b0191221_22470049.jpg
患者さんによって食べ物を噛む場所や、噛み方やクセは違います。
すると、そのよく使う一部分にだけ力が加わることで
入れ歯がズレてしまって痛くなってしまうことがあります。


《入れ歯の調子が悪い原因を探る》

本日紹介するスタッフ(のようなもの)www

写真は当院との連携歯科技工所㈱プライムデンタルの歯科技工士の北島さんです。
リマウントして噛み合わせのズレを調整をしています。

患者さんの噛みグセや、食べたいもののご希望、美しさまで
入れ歯に望む真意を深く丁寧に読み取るプロです。

入れ歯オタクいや、プロフェッショナルの仕事は、見てて面白い!


患者さんが期待する”最高”の入れ歯ってどんな入れ歯か?

当然、歯科医療として”やるべきこと”だけではなく

”やった方がいいことは全部”やる。

いつも、患者さんの最高の入れ歯に対する攻めの姿勢、プロ中のプロやね。

日頃は、歯科技工所でのお仕事
患者さんと向き合う時間は限られている中
石膏の模型や、使っていた入れ歯など少ない手がかりで不具合を探る。
それが、北島さんの技ですっ



今までどんな入れ歯を試しても
悩み苦しむ辛い心の状態が改善・解消・解決されていなければ

一度、北32条歯科クリニックにご相談いただけないでしょうか?
お悩みに合わせて、素早く対応いたしますm(_)m

歯を見せて笑って、お食事が楽しめますように・・☆




☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/







by kita-32 | 2015-05-21 08:38 | ☆スタッフ紹介☆ | Trackback | Comments(0)
こんにちは
札幌市北区、地下鉄南北線「北34条駅」③番出口、④番出口目の前!
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

新年度、当院にも新しいスタッフが続々と仲間入りヽ(´▽`)/♥


札幌市内に多くある歯科医院の中から
「北32条歯科クリニック」を選んで勤務を希望される歯科衛生士さんがきました~

☆関連記事☆
求人:歯科衛生士募集のお知らせ

どうか、自分のスタイルにあわせて活躍して欲しいと
一緒にお仕事するご縁を楽しみに
温かくスタッフ一同見守っています^^

※歯科衛生士になるには国家資格が必要となります。
歯科助手さんと混同されることも多くありますが(笑)
それぞれ、立場や役割が別なんですねー。


特に、女性の場合
結婚、出産、育児、介護など
ライフスタイルに応じて働く場所や働き方を選択しなければならない場面が多くあります。


北32条歯科クリニックでは
歯科衛生士の資格を活かして

家庭と両立したい

出産後も復帰したい

でも、ブランクが不安。。。

(プロであれば、ブランクや未熟さで患者さんに不快な思い、
不安な思いをさせることも十分わかっているからです。)

という歯科衛生士さんの”学ぶ&磨く”を実践しております。

b0191221_10483531.jpg
当院では
「正しい知識」「安全で確かな技術」はもちろんですが

患者さんと長く信頼関係を持ったお付き合いができるよう
「提案力」「カウンセリング力」「問題解決力」まで
歯科衛生士の仕事を誇りとして自信を持つ指導を心がけています。


歯科衛生士ワークのスキル全般を学び

スタッフお互いが技術のチェックを怠らず
トッププロを目指して頑張っています!!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブランクがあったり

以前に勤めていたクリニックでの環境もあるかもしれませんが

「自分の強み」や「改善したほうがいいところ」とじっくり向き合う時間なんて
なかったと思います。

ぜひ、担当する患者さんから
「あなたじゃなきゃ!」と言わせるくらいのプロ歯科衛生士になってもらいたいです(笑)。

患者さんを笑顔にできる、美しく健康な歯で自信をつけて頂く

歯科衛生士のお仕事ってスバラシイ!




☆北32条歯科クリニック☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2015-05-18 09:36 | ☆スタッフ紹介☆ | Trackback | Comments(0)
b0191221_07380346.jpg
こんにちは
本ブログにご訪問頂きありがとうございます。
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤ですヽ(´▽`)/

先日、テレビのニュースで
「ドラえもん」の声優大山のぶ代さんが認知症という状態にあると見ました。

長い間、世界の「ドラえもん」という職人でいらして
降板してからの日常の緊張感がなくなったのも要因か?と放送されていましたねー。
私なんか、今のドラえもんの声にピンとこない世代です。


さて、当院では
外来歯科診療と、訪問歯科診療の部門があります。

たとえば
「認知症」の状態にある患者さん

認知症状があるからと言って、立ったり歩いたりができないワケじゃありません。
認知症の状態だから訪問歯科で対応ってワケじゃありません。

付き添いのご家族とともに、外来に通って頂いている患者さんも多くいらっしゃいます。


認知症の方の多くは
最近のことや、今さっきの出来事を記憶するのが難しく
さっきまでの出来事も忘れてしまうことが多いです。

現在、外来に通院している認知症の状態にあるKさん。
娘さんの付き添いの中、歯医者に来てくれています。

本人は、ここがどこなのか? 何をされるのか?

診療台の前に来ても、”座る”ってどんなことだっけ?

コップに入れたお水を差し出しても”うがい”がわからず

自信の混乱を隠し
「わからないこと」「できないこと」をごまかすように、

私たちに気をつかって

「ごめんなさい、何だかわからなくなっちゃって・・・」と
なんとなくつじつまを合わせるように処世しているのが切ない。

ご本人が一番辛いのだと感じます。


娘さんによると
本当は、近所にかかっていた歯医者さんがあったんだとか

同じように、今は認知症の状態にあることを説明して
付き添いながら通院したところ

スタッフの対応、歯科医師の対応が明らかに冷たく、
面倒そうな感じだった・・

Kさん本人は、痛いとか、違和感があるとかまったく訴えません。

でも、ご家族の目でどこか歯が悪いんじゃないか?と
歯医者さんに言ったところ、「もう治す歯はない」とのことでした。

冷たい視線におびえ、周りの患者さんに迷惑をかけないよう通院していたが

ネットで当院のことを知り、こちらに通いたい、相談したいと連絡がありました。

娘さんにしてみれば
毎日の介護で、目が離せない状態
気が休まる時が無いなかでの、歯医者さんでの暗い気持ちになる出来事。

それも、いままで通院していたはずなのに・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

認知症は治る見通しがありません。

明らかに食事の時少し顔をしかめるお母さんを見つめ
歯の調子が良くないはず・・

「認知症の母の歯の治療をしてほしい」と連絡を下さった娘さんの気持ちに応えたかった。

訪問診療でも、外来診療でも大事なこと。

認知症の状態にある患者さんには何が必要かわかりますか?

一番大事なのは「笑顔」です

「大丈夫、心配いりませんよ」と
笑顔でサポートすることが大切です。

「今まで、大変でしたね。
でも、もう大丈夫!北32条歯科クリニックに任せてもらえませんか?」

安心できる場所であること

安全な場所であること

それは、認知症の状態にある本人だけでなく
サポートしている介護者や家族に対しても同じこと。

認知症の状態にある方とは笑顔を通し心と触れ合っています。

「わからないこと」「できないこと」に混乱と不安の中
笑顔で安心させてあげられるのではないでしょうか

あいさつをする
お話を聞いてあげる
うなずいてあげる
時に、新しい発見や感動もあります。

食事をするのも
出かけるのも
歯医者に通うことも特別なことではありません。
家族と一緒に支える力の一つでありたいと願っています。

地域で暮らせる
多くの目で見守る、安心な街づくりを・・

北32条歯科クリニックでは、認知症の状態にある患者さんの
歯科治療を対応しております。
まずは、ご相談くださいm(_)m


☆北32条歯科クリニック☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  http://clinic.sapporocity.info/















by kita-32 | 2015-05-16 08:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)
こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

新年度がスタートして1ヶ月あまりが過ぎました。

新しい学校、新しい職場、新しい環境、張り切って楽しんでいますか?

当院にも、新しいスタッフが続々仲間入りしていますヽ(・∀・)ノ♪

先輩スタッフや先生たちにも、かわいい後輩が出来て嬉しそうです(笑)

院内は、新しいスタッフを温かく、やさしく見守っているそんな雰囲気で満ち溢れています。

♦♥♦―――――♦♥♦

b0191221_21040720.jpg
本日ご紹介するのは、当院の歯科助手 幸田さんです☆
素直に自分をさらけ出せる最大の強みを持っています!!


幸田さんは、現在歯科衛生士専門学校に通う1年生。
帯広出身で、つい3月までは高校生でした。


高校3年間、地元の結婚式場でのアルバイト経験があるとのこと。

この、アルバイト経験の有無って大きい気がします。

アルバイトとは言え、社会経験です。

”働く”とはどういう流れで進めるものなのか。

社会人としての振る舞い方やマナー。

このような経験を知る(体験する)には、やはり実際に仕事を経験してるコトが確実(・∀・)!!!


幸田さん
まだ1年生。

学校の授業も基礎の基礎から開始しているので、まずは「基本の大切さ」を十分理解するところから・・


当院では、”滅菌”と”消毒”

清潔と不潔の意識付けを徹底的に教えることからスタートです。

そのことが、処置時の感染や、合併症併発予防のためには絶対必要な知識だからです。

慣れてしまえば当然のことなのですが、手洗いの仕方一つ、使用器具の滅菌消毒についても
初心者には新鮮なことばかりですw

幸田さん、見るもの、聞くもの興味津々キラキラした目が印象的で、ちょー眩しいですw



仕事は、夜間診療日のアルバイト出勤スタイルです。
17時以降にいらっしゃる患者さん、温かく見守ってください。
よろしくお願いしますm(_)m

今後とも、当院の教育活動に対しまして、ご理解とご協力をいただきますよう
どうぞよろしくお願いいたします。



ようこそ、「チーム☆北32条歯科」へ

学生さんだから、本業は学業だよ。
学業に支障が出ては、本末転倒www

でも、せっかくの楽しいご縁
歯科医療の現場でチームワークも大切な社会経験になると思います。

患者さんと接する機会で、自信が持てるようになるしねー♥
がんばろうヽ(´▽`)/


☆北32条歯科クリニック☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2015-05-12 09:04 | ☆スタッフ紹介☆ | Trackback | Comments(0)
こんにちはーヽ(・∀・)ノ
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。


肌や、美容に関心が強いのは女性だけ。
最近は、そんな概念が覆されつつありますね~。

最近の男子(年齢問わず)は保湿、汗、香り、体型維持などの美意識の高いこと。
b0191221_12054557.jpg
デキる女も男も自分の外見へのお手入れは欠かせません
写真は、当院のデキる男しみず先生☆いつも爽やかです(笑)



♦♥♦―――――♦♥♦

私たち歯科で働くスタッフは職業柄どうしても他人の”歯”にも目がいってしまうのは仕方ないこと。

テレビに出る芸能人の口元も無意識にチェックしてしまいますww


口元や歯のお手入れは
男性女性に関わらず、見た目年齢にも重要な要素の一つだと思います。

特に、歯の着色汚れも生活感や老けを感じさせてしまうもの・・・。

いつでも、歯を見せて健康的に笑っていたいですね。



当院にいらっしゃる患者さんでも

定期的なオーラルケア(歯や歯ぐきのメインテナンス)を『健康』だけじゃなく

”身だしなみやマナー”と捉えている方は

一様に清潔感があり、いつも爽やかで清々しいニオイがし、常に堂々としています。
(//∇//)キュン♡



ちなみに
『スメルハラスメント』(スメハラ)って言葉ご存知ですか?

スメルハラスメントとは「スメル→臭い」「ハラスメント→嫌がらせ」
つまり・・

体臭、加齢臭、口臭、香水のキツイ臭いなど
職場などでの臭いによる被害を指す言葉のようです。

歯科で働く私たちにとって”口臭=悪”的な風潮に責任を感じます・・。

仕事や業務の一つだと言われても
同僚などに、ニオイを指摘・注意するって難しいですね(汗)


スメハラは防ぎたいですが
そのニオイが病気や、炎症のサインであれば、やはり心配です。

口臭の原因はさまざまです。

歯周病やむし歯、あるいは内蔵の不調な時期もあれば
寝起きや過度の緊張・ストレスなどで唾液の量が少なくなって、お口の中の細菌が増えて臭う原因になっていることも・・・


セクハラやパワハラと違い
本人は根本的に悪意が無く、迷惑をかけている自覚も無い。

コミュニケーションの阻害にもなるかも?と考えるとちょっと怖いですね。


やはり、定期的な歯科の検診やクリーニング・メンテナンスは
円滑なコミュニケーションの一つとして貢献しているのでは?と思う今日この頃ですw

☆北32条歯科クリニック☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  http://clinic.sapporocity.info/
by kita-32 | 2015-05-11 09:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

歯科の夜間救急

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

このゴールデンウィーク、お仕事の人もお休みの人もお疲れ様でした。
当院は、誠に勝手ながら5/2~5/6まで休診させて頂きました。

本日から、頭も気持ちも切り替えて(笑)
元気にがんばりまーすヽ(・∀・)ノ!

b0191221_11174681.jpg

桜満開のGWでしたね。
連休の開放感たるや凄まじい(笑)
♦♥♦―――――♦♥♦

さて連休中に、歯医者さんが休診で困った経験はありませんか?

実はわたくし
以前、某「夜間救急歯科診療所」で勤めていた経験があります。
365日年中無休 診療時間は19時から

ゴールデンウィークや
お盆、年末年始など
たくさんの患者さんで溢れかえります。

患者さんの多くは”痛い”という主訴で来院してるワケで
待合室、患者さんが多く溢れているときはピリピリした雰囲気がハンパないw

歯が痛い
だまってても痛い
詰め物が取れた
差し歯が取れた
入れ歯が割れた
歯ぐきが腫れた
顔が腫れた
インプラントが腫れた
血が止まらない
転んだ
ケンカした
酔っ払って転倒
前歯を折った
ヤケドした
アゴがはずれた
歯が抜けそう
歯がめり込んだ
・・・・


小さなお子さんから、高齢者
市内、市外問わず
外国の人
旅行中の人
サーカスの人
プロレスラー的な人w
某スポーツ選手的な人w
救急隊からの連絡


ここで学んだことは

継続的に通院する患者さんではないけれど
もしかしたら、命に関わることは無いかもしれないけど
生活習慣病の悪化、外傷、事故、熱傷などの状態にある患者さんの
あらゆる状況に対応し、迅速な判断と治療が求められたこと。

常に平常心で仕事をすること。

最初のうちは

ひとりの患者さんの治療にじっくりと関われないこと
救急処置後の患者さんの経過もわからないままで
「あたし、これでいいのかなぁ」と戸惑いを感じていたのは正直なところ。


他の診療室で働く歯科衛生士の同期たちから
担当している患者さんの話を聞いてしまうと、余計にそう感じてしまったり・・

予測不能な状態の患者さんへの即対応

担当歯科医にとっても緊張の場なので、診療補助に高いレベルを求められたり

時に、自信喪失しかけたり(笑)


今でこそ、ひとりの患者さんにじっくり関わることができる現場で
お仕事させてもらっていますが

患者さんから
「夜間救急歯科診療所」があって良かった
連休中、ホント助かった
痛みが楽になった、と言ってもらえることにやりがいを感じていました。

現場は違えど
充実感も違えど
それぞれの役割りがあることを今なら理解できますねw

今年も連休大変だったと思います。
夜間救急歯科診療の先生、衛生士さんありがとうございますm(_)m



☆北32条歯科クリニック☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2015-05-07 09:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤