<   2014年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

b0191221_21325862.jpg

訪問診療先での写真です。
我々は、新しく入れ歯を作った。入れ歯を修理した。入れ歯の調整をした。
その際、食べても痛くないことを確認するまでは、帰りませんっ!!!(笑)


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

久々のブログ更新です。
すっかりサボってましたw

さて、本日は歯医者の訪問診療~口腔ケア~について・・

「口腔ケア」・・何だか難しそうな(大変そうな)イメージですね。

在宅介護者にとって、お口の中ってわかりづらく
介護しにくいのが、「口腔ケア」かもしれません。


簡単に言えば、皆さんが毎日している「歯みがき」コレも口腔ケアですヽ(・∀・)ノ

①お口の中をキレイにする
・歯みがき
・入れ歯を洗う
・うがいをする

こんな感じです。
この①お口の中をキレイにすることを専門的に”器質的口腔ケア”って言います。


②食べるための口をつくる
・入れ歯を入れられる口をつくる
・カムカム、モグモグ、ゴックンができる口をつくる
・食べる意欲を引き出す

この②食べるための口をつくることを専門的に”機能的口腔ケア”って言います。

患者さんの中には、
脳血管障害の後遺症で麻痺(まひ)がある人もいます

細いチューブを使って鼻から直接胃の中に食べ物(栄養)を送り込んでいる人もいます

寝たきりで、胃瘻(いろう)を造設している人もいます

一時的に、静脈に点滴をして栄養管理をしている人もいます

「誤嚥性肺炎」の予防はもちろんですが
口から食べること
好きなものを食べること
最後まで美味しく食事を楽しむことを、あきらめてはいませんか・・?

私たち、北32条歯科クリニックは
最後まで、あきらめませんっ!!!

食べることは生きることです!!!


時には、食欲がない、味がわかりにくい(味覚異常)がある場合も
口腔ケアで改善することがあります

ヽ(・∀・)ノ

★器質的口腔ケアで
お口の中の細菌の数を減らしましょう(歯みがき、入れ歯洗い)

★機能的口腔ケアで
お口の周りの筋肉を整え、噛める力(咀嚼力)を維持しましょう

食べられるお口をつくって、栄養をしっかり取り抵抗力をつけましょう




♦♥♦―――――♦♥♦

b0191221_21500797.jpg

北32条歯科クリニックは歯科の訪問診療を行っております。
担当歯科衛生士が、口腔ケアに関する質問や、指導もおこなっております。

患者さんのご希望の曜日、お時間で伺っておりますので
お気軽にお問い合わせ下さいm(_)m

お問い合わせはコチラ→ 011-756-0995




☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2014-06-28 21:53 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)
b0191221_08003648.jpg
こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤デス♫

【混合歯列期】こんごうしれつき

小学生の子どもがいる保護者の皆さん、お子さんの口の中に乳歯や永久歯が何本あるかご存じですか??


学童期(小学生)の口の中は乳歯から永久歯への生え替わりの時期で、混合歯列期と呼ばれています。

3歳前後で生えそろった乳歯は、
6歳くらいになると下の前歯から永久歯に交換が始まります。
同時期に、乳歯の奥歯(乳臼歯)の後ろに6歳臼歯と呼ばれる永久歯の奥歯も生えてきます。

当院の学生アルバイト、歯科衛生士専門学校生2年生
井関さんです。

小学生の患者さんにモデルさんをお願いして

実際の乳歯と永久歯の混合歯列を見せてもらいました。

いつも、患者さんにご協力を頂き、ありがとうございます。


※当院は、文科省認定の歯科衛生士専門学校の臨床実習先にもなっております。
学生はまだ無資格者なので基本見学のみで、直接患者さんのお口に触れる事はありません。
患者さんがむし歯、歯周病にならないように、定期的に予防処置を行うのは歯科衛生士の仕事です。
未来の優秀な歯科衛生士を育成する事は私たち歯科医院の重要な責務です。
ご理解とご協力をよろしくお願いします。m(_)m


♦♥♦―――――♦♥♦

低学年のこの時期には前歯の生える位置や方向の異常(歯並び)
上下の歯の位置関係に注意するとともに、

生える途中や生えたばかりの永久歯はむし歯になりやすいので、
保護者による仕上げ磨きでしっかりと汚れを落とすことが重要性や

フッ化物を塗布することで歯の表面を強化する効果も学んでもらいます。

★乳歯から永久歯への交換の時期は個人差があるため、交換期が教科書通りとはいきません。

乳歯がすべて交換するまでは保護者がしっかりと見守ってあげて、
私たち歯科衛生士がトラブルを早期発見・予防してあげたいと思っています。

この頃になるとお父さん、お母さんの仕上げ磨きを嫌がったり、
自分でお菓子を食べるなど生活に変化が生じ、
むし歯になりやすい危険な時期です。Σ(゚д゚lll)

「自分の歯は自分で守る」自覚を持たせる工夫やモチベーションができる歯科衛生士になってもらいたいですね。


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/
by kita-32 | 2014-06-16 08:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)
b0191221_13595979.jpg
こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

6月4日から6月10日は
「歯と口の健康週間」でした。
むし歯や歯周病の予防に関する適切な習慣の定着を図り、
併せてその早期発見及び早期治療を徹底することにより歯の寿命を延ばし、
国民の健康の保持増進に寄与することを目的としているそうですょヽ(・∀・)ノ


歯科が注目される「歯と口の健康週間」でしたが
当院は、特にイベントも特典もありませんでしたねww


「歯と口の健康週間」に関わらず
当院では、常に明るい笑顔で

患者さんの知りたい情報の発信と

患者さんのご期待に応えられるように

予防や早期発見、早期治療のご提案を毎日続行ちう!!!www


♦♥♦―――――♦♥♦

さて、本日も臨床実習の学生さんがお勉強に来ております。

歯科で取り扱う疾患は【予防】できることが多く

それは、言い換えれば原因や改善方法もわかりやすい。と言えます


でも、原因や改善方法は万人に共通するものもあれば

患者さんお一人お一人によって違うものもあります。

例えば・・・
歯並び、歯磨きの習慣やクセ、好きな食べ物、好きな飲み物、ライフスタイル、健康に対する価値観・・などなど

私は、歯科って知れば知るほど、奥が深い!!と今でも思っていますww

だからこそ、掘り下げて追求するクセを学生さんにも伝えています。

奥深いからこそ、面白い!!

患者さんとの医療面接で最も大切なのは、
患者さんの主要な訴えを聞くことも大前提ですが、

その患者さんがどういう方なのかを早い段階で見極めることかもしれません



患者さんが一番大切にしているものは何か、
一番嫌だと感じていることを理解し、

それをきちんと患者さんに分かる言葉で確認を取ることです。

私たちスタッフの会話力、提案力、カウンセリング力
大切な歯科衛生士のスキルの一つとして、吸収してほしいと思っています↑↑ヽ(・∀・)ノ


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2014-06-11 15:06 | 臨床実習レポ | Trackback | Comments(0)

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤