カテゴリ:マネジメント( 49 )


b0191221_21133569.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
歯(むし歯や歯周病)の予防は本当に大事です。
高齢になると歯が抜けて入れ歯になるのは当然なんて思っていませんか?
「大人の8割は歯周病であるのに放置している」と聞いた事があります。
心筋梗塞や脳血管疾患の原因にもなる”歯周病菌”本当に怖い!!




こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今月のスタッフ目標は「歯科検診を受けよう」です。


私、歯医者(北32条歯科クリニック)に歯の検診に来ました。
自分の勤務の日ではなく、お休みの日に予約をして来ています。
保険証を出して患者さんとして来ています・・。


待合室で案内されるのを待っている時から、緊張していますw

歯医者が怖いのではなく、病気が怖いからですぅ

むし歯あったらどーしよー
歯科衛生士なのに歯周病だったらどーしよー

今日はいつもより念入りに歯みがきをしてきましたw

久しぶりの歯科検診でむし歯や歯周病のチェック、過去に治療した歯の状態を徹底的に確認してもらいました。

b0191221_21315254.jpg
いつもは、患者さんに定期的な歯の検診や歯石除去、クリーニングがむし歯や歯周病の予防になることをご提案していますが
自分の歯は後回しになることが多いです。

なので!
あえて!

今月の目標は「歯科検診を受けよう」なんです。

結果、むし歯はありませんでした。(良かった~)
歯石は付いていたのは知っていますw
歯周ポケットも問題なし ε-(´∀`*)ホッ


久々のプロフェッショナルケアは歯周ポケットの隅々まできれいにしてもらって
気持ちよかった↑↑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯の予防医療は本当に重要で
最近は世の中の意識が高くなってきたので一年に1回以上、歯石を除去したりクリーニングを定期的に受けている方も多くなってきましたが

歯を失う患者さんの多くは「歯周病」が原因です。

「むし歯」で歯を抜歯する人もいますが

多数の歯が抜けてしまうのは「歯周病」であることが多いのが現実。


何度も言いますが、歯周病は本当に怖い病気です。
歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロス(糸ようじ)などで歯ぐきから血がでるのは
歯周病の予備軍なんです。

今回、私もむし歯はありませんでしたが、
「むし歯じゃないから、歯医者に行かなくても大丈夫」と思っている人や

「一度も、むし歯できたことがない」と自慢している人も歯周病のリスクは別物!

b0191221_21463597.jpg
今月は当院のスタッフも各自
自分の勤務が終わってから予約をして歯科検診と歯周病の検査、歯石除去してクリーニングをしています。

歯科衛生士なだけにハラハラ緊張します

「歯科の予防医療」患者さんや地域の皆さんに啓蒙しているけれど
自分たちが実践して伝えることが大事です。


さあ!ブログの読者の皆さん
すぐ歯医者に予約を入れましょう!


★★合わせて読みたい関連記事★★



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/






by kita-32 | 2018-01-14 09:00 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

b0191221_17155948.jpg

札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は、地下鉄南北線「北34条駅」を降りて3番出口、4番出口目の前徒歩0分です。
お車でお越しの方は専用駐車場がございます。
基本予約制ですが、急な痛み・腫れ・詰め物が取れた・入れ歯が壊れた時など急患は随時対応しておりますので
まずはお電話下さい。電話番号→011-756-0995



こんにちは
お正月の気のゆるみ、体型のゆるみが止まらない北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。(今年もかっ)


改めまして本年もよろしくお願い申し上げます。


さて
新年を迎え、新たに日記を始める人も多いかもしれませんねー。

実は私、毎日 歯医者のスタッフ用カレンダーに「一言日記」を書いています。
今年で8年目突入ですw


複数のドクター、スタッフがいる職場で
自分の出勤していない日でも「何があったの?」「何これ、ウケるー(笑)」と
共有するためのカレンダー一言日記です。

私目線の勝手日記ですが
まるっと7年続けていると
院内全体のコミュニケーション(全体的な一体感)をつくる効果や役割になっているし
業務とは直接関係ない話で盛り上がれたり、
曜日や時間帯で一緒にならない人同士もお互いを深く知るツールになっており
面倒くさいけどもうやめられませんw


~石の上にも3年~

「石の上にも3年」という言葉があるように
同じ季節が3回巡ってきたときに
どういう環境を創れ
どんな状況にいるか
どんな状態で過ごせているのかというのは
自分を含め、一緒に働くスタッフも当時の感情や行動を振り返ったり判断する材料になっています。


毎日日記をつけることのメリット✨
・過去と現在の変化や気付きが得られます。

・「面倒くさい」けど、習慣化や書くことのトレーニングにもなっている。

・職場内でのポジティブな出来事や、先生やスタッフ、患者さんの素敵な言葉に気付けるアンテナが増えた。



ポイントは、めくって捨てるタイプのカレンダーではないこと

なるべく書くスペースが小さいこと(笑)

毎月、開くのが楽しくなるカレンダーであること



継続は力ですが、
自分で書いておきながら「何のことだっけ?」っていう時もあります。
一言が重すぎて地雷を踏むことも多々あります(笑)
実習生の学生さんも見ています(笑)


ほんで・・
年末に一年を振り返って、「北32条歯科クリニックの出来事」を忘年会の余興にしていますw
さーて2018年もどんな出来事が待っているか楽しみだ


★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2018-01-05 09:15 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

b0191221_09354931.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
クリニック内にクリスマスツリーを飾っています。

今年は、壁面を利用して「ワンピースとおリボンのクリスマスツリー」です。
女子の好きがいっぱいのとっても可愛らしいクリスマスツリーで、
診療室内がキラキラしています
🎄🎄🎄


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今年のツリー。とってもかわいいでしょ?

患者さんが作ってくれました。
b0191221_09412924.jpg
なんとコチラ全部、折り紙でできています。

一着一着のワンピースの柄を見るのも楽しいこの作品。
淡いグリーンから、濃いめのグリーンへのグラデーション。

正確に配置された、間隔。

おリボンの立体感やバランス、ディテールに至るまで精巧につくられた作品✨

~神は細部に宿る~

本当に素晴らしい技術やこだわりって理屈じゃないんですよね~

作者は患者さんですが、人と人とのご縁や出会い
作品との出会いにとても感謝しています。有難う♪

#折り紙 #おりがみ 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

クリニックのマネジメントにおいて
四季折々の季節感を大事にする日本人らしい支度や準備を整えること

いつも変化があり
歯医者に行く楽しみが治療以外にもあること。

いつも新鮮な装いを保つことも患者さんへのおもてなしの一つと考えています。


いちも変わらない「安定感」も大事ですが
変わらない「マンネリ感」にならないように
そして変化は「今だけ、ここだけ、あなただけ」のトレンドや旬をご提案したいですね^^

このバランスがポイント(笑)


今年のツリーもたくさんの患者さんが喜んでくれるといいなー
🎄🎄
クリスマスまで1カ月
患者さんやスタッフと共に私もしっかり楽しませていただきます


☆☆合わせて読みたい関連記事★★




by kita-32 | 2017-11-10 10:27 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

b0191221_20453986.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニックのブログ」にご訪問頂き有難うございます。
患者さんが求めるイイ歯医者とは?
先生が優しい雰囲気?話をしっかり聞いてくれる?歯科衛生士さんが親身になってくれる?
治療が上手い?じゃあ、治療の上手さは何で表す?
患者さんは何を歯科に歯科医院に求めるのかなぁ・・・。



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

現在、当院に臨床実習に来ている、歯科衛生士専門学校の学生さん(3年生)は
3月に控えた国家試験の勉強中の傍ら就職活動中でした。

この度、希望する歯科医院への就職の内定が決まったとのこと。

「おめでと~」パチパチ✨✨

「良かったね~」^^



ちなみに、志望動機は何?と聞いてみたら

「(その)歯科医院の成長性に惹かれましたー」

まじか。

※学生さんを擁護しておきますが
Tさんが、成長性を感じた根拠も具体的な理由もちゃんとありますよ。
全然上から目線でもなく、
入職はおろか社会人経験も無いクセに成長性なんてわかるはずない!なんて思わないで下さいね^^



イマドキの学生さんは
歯科医院の中長期的な安定性や将来性まで見ているのですよ。


応募者としては然るべき視点です。

重要なのは、「なぜ、そう感じたのか?」を明確に答えられるかってことでしょうね。


明確な答えによって
応募者のヤル気が採用担当者に伝わり、内定の可能性も高くなるし
一緒に創り上げたいって思えますよね~


Tさん、内定おめでとう!!
先生、スタッフさん、患者さんから愛される働き者の歯科衛生士さんになって下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歯科衛生士は、歯が生え始めたばっかりの子どもから
ご高齢の患者さんまで
性別や世代に関係なく全ての人の健康や予防に関われる仕事です。

とっても楽しいよ♪


あらためて
歯科衛生士を目指した理由
入職したい気持ちや熱意を言葉にしてみるのは難しいですね・・・

就職活動中の歯科衛生士学生の皆さん、頑張って下さいね~(*'▽')


b0191221_21425995.jpg
私は10月、11月と毎週歯科衛生士専門学校に講義に行っています。

若い学生さんのエネルギーや熱意にパワーをもらっています♪
イマドキの若いもんは・・なんて言っていると
イマドキのおばさんは・・と言い返されちゃうくらいしっかりしていますよ(笑)

11月になりましたが
元気に今週もがんばりまーす^^

☆☆合わせて読みたい関連記事★★




☆北32条歯科クリニック☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  http://clinic.sapporocity.info/





by kita-32 | 2017-11-06 21:53 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

b0191221_18521355.jpg

札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
今日はハロウィンです🎃 私もお菓子もらえるかなー。
訪問診療で伺った施設で、幼稚園の子どもたちが仮装で歌とハンドベルの楽しい発表会がありました。
利用者さんも仮装を楽しんでいます。みーんな笑顔。ほほえましいですね。



こんにちは
「スタッフみんなで創り上げる歯科医院」北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今日で10月も終わり、散りゆく秋から冬突入ですね。
さて、当院には月ごとの目標があります。

10月の目標は「KAIZEN」

改善【カイゼン】→効率の向上などを目的に行われる見直し活動
経営陣主導ではなく、現場のスタッフが中心となって知恵を出し合うこと。


10月はそれぞれがKAIZENに取り組みました~

b0191221_19040843.jpg
北32条歯科クリニックの整理整頓&収納の匠長田さんです。
100均に行き、新たなシンデレラフィットに挑戦✨
b0191221_19061268.jpg
今回着手するのは、コチラ↑
訪問診療の器具や材料など、より便利により使いやすく
スタッフみんなで相談して試して、意見を聞いて修正を繰り返しています。

改良に改良を積み重ねて、すっごく良くなりそう
見た目にも、機能的にも清潔でシステム化された収納




一方、診療室チームは
b0191221_19121338.jpg
治療をするイスのことをユニットと言います。


患者さんはユニットに座ったら、まず治療台に準備された器具や歯を削るドリル的なものを
ビクビクしながら見ているかと思います。

その治療台、もちろん患者さん毎に消毒してご案内していますが

ユニットや治療台に
薬液をこぼしてしまったり、治療に使う材料をこぼしてしまったり
どんな洗剤でも落ちない着色やシミが患者さんには不潔に見えるのでは?と

ペンキで塗装してみたところ、何ということでしょう~
まるで新品のように生まれ変わりました~♪

(^o^)/やったー

歯科衛生士さんは、職業柄細かい作業が得意で手先が器用な人ばかりです。
大小の筆を使い分け、キレイに修復してくれました。



KAIZEN~カイゼンはその仕事の内容を最もよく知る現場のスタッフ自身が知恵を出すもの。
通常業務を抱えながらのカイゼン活動は負担になるのでは?
と、思いきや「やらされる」カイゼンではないので

自分たちの仕事がより効率よく、
スタッフの誰がどの現場を担当しても困ることなく
それは、他ならない患者さんのためで
そして、次に何ができるか考え続け「もっといい歯医者をつくろう!」とアップデートし続ける精神が根付くきっかけになります。

日頃から患者さんの視点で
ドクターやスタッフ相互の良好な意思疎通がチームでのカイゼンに繋がりますね^^


☆☆合わせて読みたい関連記事★★




☆★北32条歯科クリニック★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/








by kita-32 | 2017-10-31 19:50 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

b0191221_16182239.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
今年も、スタッフルームにこたつが登場しました。くつろげます。
そんな中歯科衛生士の室&青木は、セミナーの資料作り真っ最中~。真剣です。



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。


先日、当院で訪問診療に伺っている「ケアセンターら・せれな」様から
施設職員を対象とした口腔ケア研修会のご依頼がありました。


ここの施設を担当する歯科衛生士室&青木チームは
実際の入所者さんをモデルに
むし歯の治療、歯周病の治療、入れ歯の治療、専門的な口腔ケアの方法など
私たち歯科が何をやっているのか?
何のための治療なのか?を

歯科からの一方的な指導や講義にならないように
多職種で共有できる「口腔ケア」について
プレゼンテーション作りをしています♪


私たちは、利用者さん(患者さん)の歯科的な状況など情報を職員さんと共有して
日常生活や食事、会話などを身近に担当する専門職の見地からの意見交換ができる
研修会にしたいと思っています。


「あー💦緊張するー」
「あー💦どこ見て話せばいいの?」
「だめだ、練習しなきゃー」



歯科衛生士として責任もって患者さんを担当しているのですから
仕事に正社員もパートも関係ありません。

歯科医院って小さな組織です
年齢で先輩(年上)、後輩(年下)はあるものの
部下をもったり、昇格があるわけでもありません。


だからこそ、スタッフ自身が自分の成長をはっきりと認識できる
環境やステージを用意することが必要です。

常に新しいことへの挑戦で
脱パターン化です!

”挑戦”ってキツイし、緊張や痛みも伴いますから(笑)

気力、体力、そして変われる環境があるってしあわせですねww

ーーーーーーーーーーーーーー

さて、口腔ケア研修会は無事終わりました~。

職員さんからの質問も多く出され
・利用者さんの入れ歯の取り扱い
・入れ歯の洗浄剤について
・入れ歯に傷がつくってどーゆーこと?
・舌(ベロ)の磨き方
・デイサービス利用者の食事と口腔ケアについて

とても、熱心で終始活気のある和やかな研修会になりました。


終了後、職員さん何人かから
「しゃべり方ガッチガチでしょw」
「いつもと違う(笑)」

と、室さんツッこまれてました。

良かった。良かった^^



私たち北32条歯科クリニックは
訪問診療で、「歯医者さんが来てるけど、何やってるかわかんない」状態にはしたくない!と
思っています。

利用者さん(患者さん)を支援するすべての過程において
問題解決に取り組むチーム(介護・医療・福祉)がそれぞれの経験や知識を活かして関わっています。


どこの施設でも、グループホームでも、居宅系施設でも
職員さん(チーム)との”信頼関係”なしに治療の真の価値はない!と考えておりますっ。

もちろん、在宅でもですょ。

それぞれの専門性に信頼感を持つことが必要ですね。


☆☆合わせて読みたい関連記事★★




☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/







by kita-32 | 2017-10-16 09:17 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

b0191221_20453051.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は毎日訪問診療しております。
在宅、施設、病院など歯科医院への通院が困難な患者さんのところへ
むし歯の治療、歯周病の治療、入れ歯の治療、口腔ケアに伺います。
訪問診療のお申し込みはコチラ→011-756-09965



こんにちは
ケアマネ試験が終わり、すっかり抜け殻のような気のゆるんだ顔
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

本日は、当院の訪問診療を見学したい!と申し出があり
市内の歯科医院にお勤めの歯科衛生士さん(2名)が施設の訪問診療見学にいらっしゃいましたー。


今回は介護保険施設への訪問診療見学でした。
訪問診療チームを今後どのように発展させていくのか?
歯科衛生士さんが見学。

非常に良いことだと思いました。

自分たちの働く地域で
「訪問診療はじめました」の告知から浸透定着まで創り上げる。


歯科衛生士さんが、訪問診療の業務を通して自分自身のやりがいや価値づけができ
それを支持して下さる患者さんや、地域の多職種が増えれば自信がついてきて
”地域の歯科衛生士”という使命が自然と受け入れられるようになります。


歯科衛生士の資格を持って再認識、再確認できる環境や体験のお手伝いをすること
ぶつ切りになりがちな、同業者(同職種)どうしの横の繋がりも心強いよね。


業務の情報交換だけでなく
歯科衛生士どうし仲の良さが直接仕事にも結び付きますからね♪


歯科医院のブランディングの要「歯科衛生士の育成」に命かけずして、どこにかけると言うのでしょうか


連休明けの急患が多くなる日に
スタッフの申し出を快く受け入れ、アポイントを調整して見学に出してくれた院長に感謝だね♪

吸収力も柔軟性もあって
これからが楽しみです。

地域に頼りにされる”訪問診療”で患者さんに喜ばれますように^^

遠い所からお越し下さりありがとうございます。



☆☆合わせて読みたい関連記事★★





☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/


by kita-32 | 2017-10-11 09:22 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

b0191221_09544930.jpg
札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
9月に入りすっかり朝晩の風、空の高さ、雲の表情、秋っぽくなりましたね。
日も短くなってきました。夕暮れ時歩行者もお車の方もご注意下さい。🚙
写真は、ママの治療が終わるのを待っているコウくん(仮)です。
治療開始の頃はママと離れるだけで泣いちゃったけど、今はすっかり私たちと遊んで待っていられるようになりました。




こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

お久しぶりです。
ケアマネの試験日まで、あと1ヶ月を切りました。
焦りとプレッシャーで憔悴しきっておりますw

試験対策講座の先生からはオータムフェストがはじまっているけど
「受験生に大通り公園はない!」
と、言われおり。仕事が終わっても真っすぐお家に帰るように努めています・・・泣


「あそうだ!部屋を片付けてから、勉強しよーっと」

と、余計なことに時間をつかい、勉強がはかどらない「逃避」という病気にもなっておりますw

「あそうだ!ブログ書こう~」←これも「逃避」という病です。

あと、1カ月。
満身創痍でがんばります(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、本日は歯科訪問診療の件。

先日、市内の歯科医院さまから「歯科訪問診療スタートアップセミナー」のご依頼を受けました。

b0191221_20520798.jpg
「訪問診療やってないんですか?」
患者さんからのニーズがあって
時間的にも、スタッフの配置にもポテンシャルはあるものの・・

いったい何から始めればいいの?

私たち北32条歯科クリニックの訪問診療部の成長を例にして
具体的に、わかりやすくお伝えする「歯科訪問診療スタートアップセミナー」


・始めるための手続き、届出の確認
・歯科の訪問診療を必要とされる現状
・地域包括ケアシステムの構築と多職種との連携
・院内体制の構築
・スタッフ教育のポイント
・介護保険施設、居宅系施設、在宅の違い
・診療報酬
・提供文書
・医療保険と介護保険
・介護認定とは?
・口腔機能、栄養摂取状況から診る口腔ケア
・持ち物の収納、あると便利グッズご紹介



など
実際の経験や失敗から学んだあれこれ。
経験のない診療はイメージしづらくて当然です。

北32条歯科クリニックの訪問診療の進め方が参考になれば幸いです_(._.)_

2025年を目前に地域で活躍する、地域で求められる「歯科の訪問診療」に本気で向き合おうとして下さる歯科医院が増えて下さるのがうれしいです。
訪問診療をしていると多職種との関わりも増え
視野が広がり
仲間が増えます!!
医学的な知識や介護分野の知識にも精通でき
やりがいや楽しさの幅や奥深さが違ってきます。

それが、外来で拝見する患者さんを診る(見る)着眼点も変わってきます^^



歯科の訪問診療導入で、スタッフさんがぜったい困るのは
治療器具、診療道具の持ち運び!!

重たーい
辛い
面倒くさーい


ネガティブな印象はありませんか?

つか、他の歯医者さんは、どーやって持ち運んでいるの?


そこでご紹介するのは当院の歯科衛生士長田さん
b0191221_21161637.jpg
北32条歯科クリニックがいつもスッキリ片付いていて
整理整頓、余計なものがない、収納をシステム化にしてくれるスンバらしいスタッフ!!


本日も、訪問診療に使う歯科材料を
より簡単に・より使い勝手がよく・ぴっちり収納できる”シンデレラフィット”を実践してくれる頼もしい存在。

※ぴったりとフィットしたガラスの靴から名づけられた「シンデレラフィット」✨

ぜひ、お困りの歯科医院さんはご相談下さいませ


☆☆合わせて読みたい関連記事★★





☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/



by kita-32 | 2017-09-12 21:43 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

b0191221_20252580.jpg
こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

日本歯科新聞社から出ている「月刊アポロニア21」9月号がいよいよ発売!

この度、こちらの雑誌に当院が載っちゃいました~♪ひゃっほう(*'▽')♪


気になる中身は・・ヤバいです
b0191221_20393450.jpg
『当院のニューズレター』というコーナーで
北32条歯科クリニックが毎月発行している院外通信「北32条ファミリーしんぶん」が紹介されています!



26ページから30ページまで
見応えたっぷりの4ページにわたりバックナンバー、発行者(私の顔写真付き)の紹介、記事作りのエピソードなど満載です(笑)

SNSやブログで十分発信ができる時代ですが

あえて、紙で、アナログで、強制的に患者さんに渡し続けてかれこれ71号。
毎月1日発行を休むことなく続けられたのは、患者さんの喜ぶ顔のおかげです。



私がどうして毎月続けてるか?って言ったら、
それは、患者さんに忘れられないようにする為です。

※あ、もう忘れられない存在だと思います(笑)ふふふ



ただ患者さんに喜んでもらいたくて、続けてきましたが
まさかの、全国誌の編集者さんの目に留まり、雑誌に載せて頂けるなんて夢のようです✨

今回、雑誌掲載にあたり原稿も書かせてもらいましたー。

タイトルは「患者さんへのラブレター!」

患者さんと当院を結ぶコミュニケーションツールの一つです^^
雑誌に載るなんてこんな素敵な経験、本当に有り難いです。

是非、皆さん「月刊 アポロニア21」9月号お買い求め下さい。

そして、買ったら北32条歯科クリニックに持ってきてくださーい
サインしますよ

・・・あ、要らない?

この日のために練習したんだけどなー
かっちょよく書ける”マイサイン”www



また、載せてもらえるようにコツコツ頑張りまーす。
有難うございました。


★★合わせて読みたい関連記事★★











by kita-32 | 2017-08-28 21:21 | マネジメント | Trackback | Comments(2)

40代の歯科衛生士②♥

b0191221_09351794.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
お盆明け、爽やかな気温で過ごしやすい札幌ラブです。
この時期、北海道産のとれたて野菜が、美味しい時期です。
患者さんたちからトマト、キュウリ、ジャガイモ、ニンジン、メロン、とうきびなどおすそ分けでたくさん頂きました~
院内、野菜マルシェになっていて幸せですぅ。
とれたて野菜をそのままかぶりつく!栄養をそのものを食べてるみたいで身体がシュッとして喜んでいるのがわかります。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今週末は、「北海道デンタルショー」がありました。
私たちが毎日使用する道具や商材の新商品など、各メーカーさんの出店が並びます。
b0191221_09483504.jpg
こんな感じー。↑↑



予防を担うプロフェッショナル歯科衛生士として
患者さんにご提案する商材、セルフケアグッズ、トレンドを加味して見直しとアップデートする機会でもあります。

歯科の治療やケアで使用する
薬剤、材料、道具、機械、消耗品などどんどん良いものが出てきています。


商品選別基準は、まず自分目での見て体験してみること。👀!!

メーカーさんから直接話が聞ける場でもあって
材料の進化や効率化、テクノロジーはすばらしいですっ

それに対応できなければ、あっという間に時代遅れの歯科医院になってしまいます。

新しい情報更新と治療内容のリンクが”技術の本質”だと思っています。

今年のトレンドは「デジタルデンティストリー」かな・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、今回のデンタルショー
札幌市内の歯科医院に勤めている専門学校からの同期の友人歯科衛生士と行ってきました。


年齢は同じ44歳。(まだ誕生日じゃないから43歳か)
途中ブランクがないので24年目の歯科衛生士。

40代、デンタルショーの会場が広く、歩き回るがすぐ疲労ww

会場(パークホテル)のラウンジで即休憩。
とりあえずビール。
さすがのベテラン貫禄、ハンパない(笑)

若いドクターらしき人が、ディーラーさんと開業?の商談をする姿を横目に
ふてぶてしさ満載、ビール飲んでる私たち40代歯科衛生士ww
b0191221_10071299.jpg
自分のPCを取り出し、講演依頼を受けているプレゼンの確認をしています。


『隣の芝生は青い』
他の人や場所(環境)が良く見えたりするのは
その一部分しか見えていない証拠。


ずっと現場で働けて、講演なんか依頼されちゃって、すごいよねー的にとられる方もいらっしゃいますが

ここまで、働き続けてきた経験や積み重ねてきた汗とこぼれた涙。

「替えがきかないスタッフ」と言って頂けるようになるまでには
心構えや質の向上、変化に対応できる柔軟な意識のコントロール。
大人になりました(笑)

誇らしいです。


歯科衛生士はキホン肉体労働です。

自分自身が常に美しくあるための努力、身体のケアやメンテナンス。
そして、心の健康維持。

今まで24年も働いていると
日常、誰かに注意されたり、失敗することもほとんどなく

院内の歯科衛生士として、あらかたのことはソツなくできるようになります。


大事なのは、ここからなんです

自分の伸びしろにどれだけ意識しながら、目を凝らしながら
何を思い、どう行動するのか



光が当たっている一部分だけを見て
陰の部分を見ずして「こんなはずじゃなかった」と挫折する若いスタッフの話を聞くことがあります。


陰の見えない部分で、必死にもがいて、あっちこっちぶつかって、情けなくて、力不足に涙して
そんな経験があるから
デンタルショーでのふてぶてしいビールも多めに見てね。てへぺろ。



★★合わせて読みたい関連記事★★






by kita-32 | 2017-08-21 11:10 | マネジメント | Trackback | Comments(0)