家族一緒に寄り添う歯医者さん

b0191221_18395255.jpg
札幌市北区の歯科医院「北32条歯科クリニックのブログ」にご訪問頂き有難うございます。
当院は外来診療、訪問診療の部門があります。
単独での通院が困難な場合、付き添いのご家族とともに外来にいらっしゃる患者さんもおります。
ご不便おかけしますが歯科医院が2階にあるものですから、階段の上り下りなどサポートが必要な場合は
スタッフまで遠慮なくご相談下さい。お手伝いします



こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。


北32条歯科クリニックは訪問診療をしております。

おかげ様で訪問診療を経験していると
歯科医院での歯科治療だけでなく、介護の現場でどのようなサービスや事業が求められているのか
常にニーズを把握したり、多種の連携やつながりを経験できる立場に大変感謝しております。


社会の背景として
歯科業界も「むし歯」や「歯周病」の治療を中心とした”治す歯科医療”から
「むし歯や歯周病の予防」「食べられる口をつくるケア」や「摂食嚥下訓練」など
”生活を支える歯科医療”に取り組む時代になりました。


写真は、奥さんの付き添いで外来に通院をしている患者さんです。

ご病気を治すためにしばらく入院をしていました。
現在、退院したものの体力がガクンと低下したそうです。
奥さんは「食べること」を中心に
ちゃんと栄養を摂って、体重や身体の機能の回復を目的とした時、
一番最初に見直すのがお口の中!と考え受診されました。

「奥さん!すばらしい!!」
そこ、めちゃめちゃ大事なところです‼
-------------------------------------

外来に通う高齢になった患者さんや
通院がむずかしくなって訪問診療で拝見する患者さんを診て

・8020運動のおかげ(?)で残った歯のケアにサポートが必要になる方が多いこと
・誤嚥性肺炎で入院→絶食管理→低栄養→抵抗力低下→誤嚥性肺炎の負の連鎖
・入れ歯が痛い、合わないを「入れ歯だからこんなもの」と諦めている患者さん
・日常の当たり前「食べること」に注目、着目できている人が少ない

と感じております。


食べる量が減った
痩せてきた
食事のたびにむせている
歯みがきがおろそかになっている


一般的に
小さなサインを専門職に繋ぐ情報もわからないままになっている場合があります。

地域で暮らす高齢の方々に
自分自身やご家族の健康を守る情報やケアアイテム、相談できる場所や人など
「食べること」を中心に『生活を支える歯科医院』として必要な情報提供や啓蒙活動をしていかなきゃですね!


北32条歯科クリニックは
歯や入れ歯、噛むこと、食べることなど誰に相談していいのかわからない場合
困ったときに助けられる(助ける方法を一緒に探す)窓口でありたいですね~



☆☆合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  
http://clinic.sapporocity.info/


トラックバックURL : http://kita32.exblog.jp/tb/27445383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2017-10-20 20:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)