歯医者のレントゲンで何がわかるの?

b0191221_12375321.jpg
札幌市北区北32条西3丁目にある歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院の歯科用レントゲンはデジタルレントゲンを導入しております。
デジタルレントゲンは放射線の被ばく量も少なく、画像をデータ保存することができるため
年数が経っても治療の経過や予後を見比べる際もクリアな画像で、患者さんへご説明できるというメリットがあります。


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

4月に入り、当院アルバイトスタッフの幸田さんも3年生に無事進級しました。

アルバイトスタイルで”歯科助手”の仕事を学び
診療の空き時間などに、センパイ歯科衛生士から”歯科衛生士”といしての必要なスキルを学んでいます。
スタッフみんなで幸田さんを育てています

本日はレントゲン

診療終了後スタッフで患者役になり、レントゲンのフィルムの位置を個別レッスン
エックス線の入射角度や、フィルムの固定の仕方
先生の診断に必要な情報を加味して、歯の実際の長さと等しく写る方法や歯と歯の重なり具合が重複しない撮影角度など
基本を徹底してトレーニングしています。
----------------------------------------

歯医者さんに行くと必ずと言っていい程レントゲンの写真を撮られるというイメージありませんか?

治療によっては、何枚か撮影することも

「何枚撮るんだよ」
「撮ったレントゲンの説明はナシかいっ」
「こんなにレントゲン撮って体に影響ないの?」

と、思われている患者さんもいるかもしれません。
過去に(前の歯医者さんで)撮影後の説明がなかったと訴える患者さんは
歯科への不信感につながっていのかもしれませんね・・・


歯科の症状の原因は直接目で見ることのできない、内部で事件は起きていることがほとんどです!!

レントゲンの写真を撮影することで
歯の中や、歯を支えている骨の状況を知ることができるため
歯科ではレントゲンの撮影が不可欠です。

北32条歯科クリニックは
撮影した写真で、どんなことがわかったのか患者さんにきちんと説明します^^

b0191221_13072353.jpg
レントゲンでどんなことがわかるの?

①むし歯の進行状態、詰め物・かぶせた冠の下のむし歯の有無

②歯の根の状態、神経が残っているか、根っこが折れていないか、根っこの感染の有無
歯周ポケットが深い場合、歯の根の周りに付いた歯石を確認できることもあります

③骨の状態、歯周病の進行で歯を支えている骨が吸収されているか、骨の中の感染、骨折など

④詰め物、かぶせた冠、ブリッジなどの適合状態、段差や隙間ができていないか


b0191221_13141455.jpg
レントゲンを撮影する際
エックス線防護のため鉛でできた重たいエプロンを身につけてもらいますが
これも安全に治療を受けて頂くためのものです。

歯科の診断に必要な部位を撮影していますが
レントゲン撮影の失敗で患者さんにムダな被ばくが無いように
撮影方法もしっかりトレーニングが必要ですっ



★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL
http://clinic.sapporocity.info/





トラックバックURL : http://kita32.exblog.jp/tb/26776518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2017-04-10 09:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪


by 札幌で働く歯科衛生士工藤