全国訪問歯科研究会《加藤塾》2015

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。


当院歯科衛生士の工藤・室・青木で
10月31日、11月1日の2日間
和歌山県でおこなわれる「全国訪問歯科研究会(加藤塾)」に参加してまいりました。

今年は”和歌山”です♪

人生初の紀の国和歌山県
b0191221_10500411.jpg
和歌山駅で記念写真(笑)
電車の中でみかんを食べたよ(*´▽`*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

我が国日本は、超高齢化社会で”地域包括ケア”時代に突入しました

「2025年問題」 団塊の世代が全員75歳以上になり
”5人に1人”が75歳以上の超高齢化社会。


2025年
たとえば、地域の病院や施設に入れないといった状況になるそうです。

こうした中整備をすすめられているのが「地域包括ケアシステム」です。


私たちがおこなっている歯科の訪問診療でも、
治療や口腔ケアだけでなく


医科・看護・リハビリ・栄養・介護・福祉・歯科のお互いの専門家が顔の見える関係で急速に多職種連携がはじまりました。



当院でも、たくさんの他の職種や地域の介護予防センターや地域包括支援センターと関わる機会が増え

患者さんやご家族の思いをそれぞれと共有し情報交換しながら連携しなければならない場面が多くあります。

自分の知らない、気づかない領域を教えていただくことも多くあります。
多職種が先生です。

歯科とケアマネージャーさん

歯科と医科

歯科と介護

正直、お互いの意思疎通が取れていなくて、患者さんを混乱させてしまうこともありました。
これじゃダメですね・・


患者さんや家族の「最後まで口から食べさせたい!」という願いや声に耳を傾け
歯科だけでなく医療・看護・介護が関わってきました。



地域で連携システムを作り

私たちも積極的に参加し

地域全体で健康を支える


豊かな老後社会を作る地域づくりは、自分たちには関係ないじゃいられなくなります。

地域包括ケア時代に取り残されないように

社会の環境や制度が変わり、ニーズの変化に即対応できるように

時代遅れの歯科医院にならないように

地域での介護の時期をいかに少なくできるかを”歯科”の役割りを求められているように強く感じています。

単なる連携だけでなく、多職種を巻き込んだチーム医療が実践できることに
当院スタッフ燃えています!!!

進化します。乞うご期待(笑)



b0191221_11361248.jpg
和歌山と言えば和歌山ラーメンを食べる←これも今回の目的。

和歌山駅の駅員のお兄さんにおすすめを聞いた「井出商店」
さすが!お店の外まで続く行列に並び、豚のスープのにおいが外まで食欲をそそるぅ~わくわくが止まらない。
20分くらい待って入店、いざ実食!
中華そば700円
鯖棒寿司150円

鯖の棒寿司と一緒にいただく和歌山風を満喫
ストレート麺によく合うスープもけっこうあっさりで最後までゴクリ。
チャーシューもおいしく、満足。好き。
食べログ→  井出商店


★関連記事★
全国訪問歯科研究会《加藤塾》2013

加藤武彦先生による総義歯実習セミナー


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/






トラックバックURL : http://kita32.exblog.jp/tb/25051191
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2015-11-02 11:53 | 日記 | Trackback | Comments(0)