歯科の治療費に関する疑問

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士、時々講師工藤です

日頃、診療室や訪問診療先で”歯科衛生士”の業務をしておりますが
歯科衛生士の専門学校で授業も担当しております。<(`^´)>エッヘン

b0191221_21100378.jpg
             ↑若くて、いい匂いがします( ;∀;)


科目は「歯科保険医療事務」
いわゆる歯科の保険請求に関わる事務です

患者さんの皆さんの多くは、医療保険者証(保険証)を持って
治療を受けにいらっしゃいます。

その際、歯科の治療は保険が適応されるので
窓口で3割負担の自己負担をお支払いしていることになります。
※前期高齢者、後期高齢者の患者さんは3割負担・1割負担の方もいらっしゃます。


歯科の医療費は、厚生労働省が決めた処置ごとの点数(1点=10円)で計算されています。

例えば
・初診料
・再診料
・レントゲン料
・根の治療料
・歯ぐきの検査料
・白い樹脂の詰め物料

と、全て点数化されており
どこの歯医者でも全国一律同じ点数(金額)で請求されます。

症状のある歯が、どんな病名で、どのような処置をするかによって

何点(何円)の請求になるのか?

窓口のお会計の時、いくらかかるのか?

とても地味な科目を担当しております。

”歯医者が嫌いな理由”というのを以前テレビで見たことがあります

①予約しているのに待たされる
②会計の時の治療費がよくわからない
③痛い

とのことでした。
おっしゃる通りだと思います。

約束しているのにも関わらず、待たされるなんて
患者さんも誰だってヒマじゃあありません!!!

今日の治療費の予想がつきにくいのも歯医者あるあるって感じです
当院では、なるべく次回の治療費を前もってお伝えするようにしています。
※特に、金属の歯の完成装着の時などはぜったい必要

痛い・・のは
歯医者側にも原因があるかもしれませんが
症状や炎症の度合いにもよるので、この場では何とも言えないかな?


未来の歯科衛生士さん達には
是非、医療保険の仕組み、窓口の負担割合、治療費の点数計算
これをしっかり理解してもらいたいですねーw


あとは、女の若さなんて永遠の武器にはならないことを
ビシーーーっと教えています<(`^´)>フン



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  http://clinic.sapporocity.info/


トラックバックURL : http://kita32.exblog.jp/tb/23716871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2014-11-10 21:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)