歯科に求められる”訪問診療”

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

私自身、障がい者歯科診療の勤務経験が長く
どちらかといえば、訪問歯科や高齢者歯科分野に興味があるのですが

今、来ている臨床実習生の学生さんには
まだ経験も知識も足りなく・・・敷居が高いように感じるようですww

若い&未来の歯科衛生士のタマゴちゃんにも

北32条歯科クリニックに実習に来たからには

自己成長をはっきりと認識できるような環境は与えたいのですっ
↑ ↑ヤリガイの押し売り(笑)



当院では、歯科の訪問診療(往診)をおこなっておりますが

いざ、歯科の往診!!に行くとなると
そこには、さまざまな環境と患者さんの身体的レベルがあります。

たとえば、訪問診療先が

医療施設(病院)なのか
介護老人福祉施設なのか
障がい者支援施設なのか
在宅なのか

病院ひとつとっても、「急性期病院入院中」か「療養型病院入院中」かで
環境も、歯科の関わりかた(求められること)も変わってきます。

---------------------------------

在宅の患者さんの訪問診療の場合はどうでしょ

実際に住み慣れたお家で、ご家族の介護のもと在宅介護は可能な状態ですが

今まで通っていた歯医者さんには行けない、通院困難な状況にあります。

起立(立ち上がること)
歩行(歩いて足を運ぶこと)が困難な、何かしらの機能に問題あることがほとんどです。

b0191221_11403914.jpg


患者さんの多くの主訴(気になっているコト)は”入れ歯の不具合”を訴える方が多いように感じます。
もちろん、その場で”入れ歯の修理””入れ歯の調整”もしますが


でも、お口の中をよーーく見てみると
残っているご自身の歯がむし歯になっていたり

はずれた銀歯がそのままになっていたり

自分での歯ブラシが困難で、歯周病が進行していたり

入れ歯の治療のその前に、
口腔ケアや、口腔機能を向上させることから始めなければならないこともあります。

ほーら歯科衛生士の出番デスっ

★ 食べる楽しみ
★ 会話や笑顔、コミュニケーションがはずむこと
★ その人らしい日常生活の維持
★ 低栄養や脱水の予防
★ 誤嚥性肺炎や感染症の予防
★ お口の病気(むし歯・歯周病)の予防
★ お口から食べることの維持

訪問診療に携わる歯科の専門家として
患者さんそれぞれの、治療や口腔ケアの内容・クオリティとその方法を考える必要が求められていますね。



☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/
トラックバックURL : http://kita32.exblog.jp/tb/20709103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kita-32 | 2013-07-10 12:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)