「ほっ」と。キャンペーン

札幌北区の歯科医院【北32条歯科クリニック】のブログ 

キレッキレの歯科衛生士 ~徹底解説~

b0191221_12165355.jpg
札幌市北区にある歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院は、吉田学園医療歯科専門学校の実習施設の一つになっていて、
これまでも多くの学生さんたちに患者さんの診療補助や保健指導を体験して頂いています。
患者さんには、ご迷惑おかけすることもありますが、
将来の有能な歯科衛生士の教育の場でもあります。
ご理解、ご協力お願い申し上げます。m(__)m


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

現在、当院に実習に来ている学生さんへの指導の中で
技術的なスキルについて話し合う機会がありました。

↑本ブログの写真📷
私たち歯科衛生士は、患者さんのデリケートなお口の中に
先っちょの尖った器具や、先端が刃物になっている器具などを入れて操作しています。


細かい歯石を除去したり、新しい銀歯、差し歯、ブリッジなどの被せ物を装着した際
はみ出した余剰なセメントを除去したりしています。


学生さんは、まだまだ経験が少ないため
力任せになり患者さんの粘膜や歯ぐきを傷つけることにおびえ、
本来除去しなければならない、歯石やセメントが取りきれないことがあります。

これは、どんな歯科衛生士さんも新人の頃に経験しており
何度も何度も悔しい思い(患者さんに申し訳ない思い)をして身につけた技術の一つです。


歯科医師も歯科衛生士も
患者さんのお口の中で使用する器具の取り扱いは
緩急の付け方が恐ろしく繊細です!!!

緩急の付け方が神がかっているのです✨✨


「キレ」のある動きというのが重要な要素で
新人から脱却するのは、この「キレ」を身につけることだと思います。

わかりやすく言うと「力を入れる」「止める」の緩急の差がキレなのだと思います。


新人時代は、ピタッと止めるタイミングがとれず、患者さんの粘膜や歯ぐきに当たってしまう・・


キレのある動きに必要なスピードや止める力を身につけるには
毎日毎日の積み重ねが、指の筋肉、腕の筋肉、腹筋までも「歯科衛生士の筋肉」になっているのかもしれません(笑)


毎日毎日の繰り返し、積み重ねが
体幹やバランスも安定し、軸がぶれない身体になっているのかもしれません。

かなり大げさですけど、スポーツにも共通している要素ですね^^
フォームが大事です☆彡


あまりにも歯科衛生士として当たり前の技術で
改めて、学生さんに言われて掘り下げてみましたが

『今日はどんな発見があるだろう』
日々の小さな気付きから一つひとつの工夫と改善と意識がプロに近づいていくんですねー


学生さんの着眼点や疑問点、患者さんのことを考えた「上手くなりたい」という気持ちは
職種を問わず医療人の資質として非常に大切です

今回の学生さんもきっと良き歯科衛生士に成長していくと確信し
将来一緒に働きたいね~と思わずリクルートしたくなります(笑)

b0191221_13041462.jpg
同じく、現在歯科衛生士専門学校の学生でアルバイトの幸田さんです。
姿勢、”歯科衛生士の筋肉”の緩急の付け方を日々特訓中。

患者さんからは、「研修生さん」「見習いさん」と呼ばれ応援されています^^

身体も頭も柔軟性をアップさせ
内なる筋肉は「力を入れる」「止める」のコントロールができるよに
キレッキレの歯科衛生士になってほしいです✨



★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/



# by kita-32 | 2017-02-20 09:16 | 歯科衛生士あるある | Trackback | Comments(0)

しゃべる機能は食べる機能♬


b0191221_21542263.jpg
すこやか倶楽部をご存じですか?
市内各地区にある「介護予防センター」で
外出の機会の少ない高齢者の方に、同じ地域にお住まいの方々と一緒に楽しいひとときを過ごし
閉じこもりや要介護状態になることを予防する”すこやか倶楽部”を実施しています♪

★対象者:65歳以上の外出する機会の少ない方や、健康面での不安のある方
★内容:軽い体操、交流会、転倒予防教室、お口の健康教室、認知症予防教室、創作活動や趣味の活動など
★実施場所:地区会館や集会所など、歩いて参加できる身近な場所

皆様のお住まいの地区でも開催されていますよ
ぜひ、回覧板などでチェックしてみるといいですね

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。
本日も当院のブログにご訪問頂き有難うございます。

当院の活動の一つに「地域の介護予防活動へ積極的に関わる」というのがあります。

本日は、北区新琴似地区の住民主体の地域サークルからのご依頼で
お口の機能向上・維持を目的に口腔ケア指導や、高齢に伴うお口の機能の変化についてお話しさせて頂きました。


歯科からの介護予防として
・食べる&飲み込む機能についてのお話し
・入れ歯の役割や仕組み
・誤嚥性肺炎予防のための口腔ケア
・簡単に自分でできる健口体操
などなど、楽しくお話しさせて頂く機会があるのですが

このように地域での介護予防事業に参加して下さる方は女性が多く
男性の参加者は非常に少ない状態です。


男性(特にご高齢の)は、シャイな方が多く
寡黙で、あまりしゃべらない人が多いと思いませんか?

実は、しゃべる機能は、食べる機能とほぼ同じ筋肉や呼吸のコントロールが必要です。

なので・・
しゃべらない=食べる機能が低下しやすい(廃用しやすい)と言われています。

高齢になればなるほど
おしゃべりになって頂けるといいのですが
普段から、無口で話さない寡黙な人は、なかなか会話そのものも難しいです。

トゥーシャイシャイボーイ♬です。←古っ


そんな寡黙な男性に朗報

北32条歯科クリニックの訪問診療は
治療や口腔ケアだけじゃない「おしゃべりサービス」がもれなく付いてきます(笑)

b0191221_22143282.jpg
しゃべる機能は食べる機能!
日頃、口数が少ない、他の利用者さんとの会話があまり見られない
独居(お一人暮らし)の患者さんにはもれなく!
サービス希望の有無や同意に関係なく、私たちのおせっかいサービスw
「おしゃべりサービス」¥0です。

おしゃべりサービスは、外来でも頼まれていなくても毎日絶賛実施中(笑)

★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/



# by kita-32 | 2017-02-15 09:01 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)

きちんとケアすれば、歯は守れる!


b0191221_17540799.jpg

札幌市北区にある歯科医院「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂き有難うございます。
当院では、むし歯や歯周病の正体、予防や治療について
患者さん一人一人に説明し、ご理解いただけたか確認しながら治療をすすめていくよう努めております。

b0191221_17585150.jpg

それは、訪問診療で伺う患者さんも同じです。
むし歯や歯周病の正しい知識を患者さんにお伝えしていくことが私たちの責務です。


こんにちは。
ハッピーバレンタイン
北32条歯科クリニックの予防大好き歯科衛生士の工藤です。


歯医者さんに行く時(行かなきゃいけなくなったとき)
むし歯を放置してしまって、かなり痛みが強く症状がでている患者さん
歯周病がけっこう重症化してしまってから来院される患者さんがいらっしゃいます。


もちろん歯医者なので、痛みを取り除く
違和感や腫れ、不具合の原因を見つけて、適切な治療をすることが私たちの役割です。


だけど、日々患者さんを拝見していると
「どうしてこんな状態になるまで放っておいたのだろう」
「なんで、もっと早くに来てくれなかったのか」
という思いがあります。


歯科の医療技術で治せるには限界があり
大切な歯を失うことになって、がっかりされる患者さんは後を絶ちません・・orz💦


むし歯も歯周病も予防できる病気です。


発症しても、早期発見早期治療で治すことができる場合がほとんどです。


「静かに忍び寄る病気」とも言われる、むし歯や歯周病は
患者さんご本人では初期症状に気付きにくいという点もあり
悪化したときには、時すでに遅し・・となるケース(症例)もあります。


私たち「北32条歯科クリニック」では定期的な歯科の健診をご提案しています。

定期的に診せて頂くことで
患者さん一人一人の日頃の清掃状態(歯みがきのクセや、磨き残しやすい部位)の把握

むし歯になりやすい要注意箇所

歯周病の進行がないか、歯周ポケットの測定検査、血がでてくる個所、歯の動揺(グラグラしていないか)を経年経過記録し、静かに忍び寄る初期症状に目を光らせていますっ<(`^´)>キリリ

歯を失って悲しむ患者さんを一人でも減らすために。

生涯大切な歯を失うことなく、おいしく食事がとれて健康に過ごしていただくために
正しい歯科の知識と予防に取り組んでまいります。

ご自分の歯の健診、予防のための歯の定期的なクリーニングのご相談はお電話でご連絡下さい。
☎番号→ 011-756-0995


★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/




# by kita-32 | 2017-02-14 17:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)

臨機応変に対応して、常に一定水準のパフォーマンス

b0191221_11201689.jpg
札幌市北区で歯科の訪問診療(往診)をしている「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂きありがとうございます。
当院では、毎日エブリデイ訪問診療をしています🚙
外来診療部、訪問診療部ともどもよろしくお願い致しますm(__)mぺこり。
写真は、歯の型を取る時に使う道具一式ですが・・・
ボウル(ラバーボウル)を忘れてきてしまい、患者さんの家にある小さいプラスチックのボウルを借りたところです。過去にもお茶碗など借りた経験アリw
たとえ忘れ物をしてきても、それを怒ったり、呆れたりする先生やスタッフはいませーん(笑)
代用できるものは(患者さんに)借りればいい!あるもので工夫して治療の水準を下げないのがプロですっ!
~開き直って忘れ物した時の言い訳です。~


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

雪まつりがはじまっていますね~
この時期から太陽の日差しが温かく、雪を解かしアスファルトの路面が見えてくるのが
うれしくウキウキしてきますね。
もうすぐ、春です!

さて、臨機応変【りんきおうへん】
ご存じ、その場その場の情勢や状況の変化に応じて、適切な手段をとること。です。


訪問診療の患者さんは、介護のサポートが必要な高齢者や、認知症の状態にある方
日常の生活に支援が必要なお身体に障害がある方がほとんどです。

当院で歯科の治療で訪問診療に伺う際
同行する人数(スタッフ数)は、歯科医師(ドクター)1名に対して歯科衛生士が2名で
チームになっております。


もちろんスタッフは経験豊富で臨機応変に対応できるスキルを持っています。

1人は、診療の補助をしながら
お口の中にたまった水分などの吸引から目を離さず
常に、患者さんの呼吸・緊張・予想外の動きに対応するために、患者さんのそばから離れない。

もう1人は、
治療がスムーズに進むように、器具や材料の準備、受け渡し
横で見ているご家族への治療内容の説明や、日常生活での自立や食事、介護サービスなどの状況を聞き取る。
健康保険証や介護保険証の確認などの事務的な対応などもします。

そして、先生(歯科医師歯)。


常に、複数の目でみること・複数の耳で聞くこと。
想定内のことも、想定外のことも、尋常じゃないことにも対応できるように。


スタッフが複数いるにもかかわらず、
治療に必要な道具を忘れて出発してしまうこともあります(笑)てへぺろ。


忘れたら、取りに戻ればいい。
あるもので対応できて、それが患者さんのためになっていればそれでいい。
過程ではなく、ゴールにたどり着ければそれでいい。
患者さんやご家族が、代わりにコレ使って下さいと差し出してくれる代用品の数々。
信頼とコミュニケーションの証だと、毎回開き直っています(笑)

”こだわらない”という柔軟性・・。←ポジティブw

それが、臨機応変力であり、知恵を出し、対策を生む。

私たち、対策の講じようがなく、お手上げで諦めるまでに試行錯誤を繰り返し追求し
臨機応変に磨きがかかっていますよー。

臨機応変のベテランですっ。

当院には臨床実習に来ている学生さんもいます
学生さんの目には、よく忘れ物をする学習能力の足りないセンパイと映っているかもしれませんが
どんな状況にも臨機応変に対応できる、広い視野と柔軟性を持ってほしいと思います。
※説得力ないw

★★合わせて読みたい関連記事★★


☆★ 北32条歯科クリニック ★☆

診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL  http://clinic.sapporocity.info/






# by kita-32 | 2017-02-11 12:47 | 歯科訪問診療(往診) | Trackback | Comments(0)

玄関を整える。心を整える。

b0191221_11275610.jpg
札幌市北区にある「北32条歯科クリニック」のブログにご訪問頂きありがとうございます。
風水で西に黄色は金運アップの基本って聞いたことありませんか?
当院の入口、患者さんの待合室は西側です。ありがち風水実践中ーーー(笑)


こんにちは
北32条歯科クリニックの歯科衛生士工藤です。

今年も、当院のプチリフォームの季節がやってきました。
スタッフ満足なしに、患者さん満足はありえない!

冬になると、ブーツやスノーシューズなど
ボリュームのある靴を履く機会が多く
靴箱に収納できず、玄関に出しっぱなし・・・

スタッフ人数が増えると、靴が散らかっているみたいで
見っともない!!

こんな、悩みをリフォームの匠が解決。
b0191221_11380022.jpg
《今回のオーダー》
私たちの外靴、上靴を収納でき、見た目もスッキリ
下駄箱のお掃除もしやすくしてほしい。

あと

ご高齢で、杖をもってくる患者さんが多くいらっしゃることから

傘だけじゃなく、杖も立てられる
濡れたまま立てかけても、カビの発生を防ぐ材質にしてほしい。

♬「何ということでしょう~」
b0191221_11421823.jpg
一人一人専用の下駄箱が設置されました。ヤッター!

学校みたいでかわいいです。
んで、西なので、色は黄色です。

患者さんへ
スタッフや先生へのラブレターを靴箱に入れるのはご遠慮願います。

m(__)m m(__)m m(__)m


玄関は人の出入りのある、医院の”顔”です。
靴が散乱している、汚れていたりすると運気も悪くなりそうですよね(笑)

何より、患者さんが見てがっかりします。

おかげ様で
みんなの靴がキレイに収納できて
キレイな玄関は気持ちいいなー。らららん♬

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開院直後って、何もかも新品でキレイなのですが

経年経過していくうちに

タオルは肌触りが悪くなり

鏡やガラスが曇っている

什器や棚をどけると隅にホコリの塊があったり

コンセントやコード類にも汚れがつきはじめたり

毎日同じ場所で同じ人と働いていると気付きにくいものです。
一番気付いて、気になっているのは患者さんだと思います。

「なんだか残念・・」

なんて思われないように
細々気遣う必要があります。意識が大事。

患者さんは治療技術や先生、スタッフの感じの良さだけで
評価して下さっているとは限りません。

目の届きづらい場所のお掃除。
技術同様に磨いていかなければならないのがわかりますね。



★★合わせて読みたい関連記事★★

☆★北32条歯科クリニック★☆
診療科目:歯科 小児歯科 訪問診療
住所:札幌市北区北32条西3丁目3-12
電話:011-756-0995
URL http://clinic.sapporocity.info/










# by kita-32 | 2017-02-06 12:23 | マネジメント | Trackback | Comments(0)

札幌市北区の歯医者さん「北32条歯科クリニック」で働くの歯科衛生士ブログです♪
by 札幌の歯科衛生士工藤
プロフィールを見る
画像一覧

[北32条歯科クリニック]診療日

●月曜日 9:00-20:00
●火曜日 9:00-17:00
●水曜日 9:00-20:00
●木曜日 9:00-17:00
●金曜日 9:00-20:00
●土曜日 9:00-13:00

なお、訪問診療は毎日対応しています。

☆ホームページはこちら
  ↓↓↓↓↓
URL http://clinic.sapporocity.info/

☆ケータイからはこちら
  ↓↓↓↓↓


最新のコメント

> さとっちさん コメ..
by kita-32 at 10:00
早速amazonで注文し..
by さとっち at 12:42
さとっちさま。 毎度あ..
by kita-32 at 10:10
なお様 コメントありが..
by kita-32 at 19:41
僕も朝ドラは完全ルーティ..
by さとっち at 04:29

検索

ファン

ブログジャンル

イラスト:まるめな